2023年1月27日 (金)

常葉大菊川、10年ぶり5度目のセンバツ出場!

01271

 第95回記念選抜高等学校野球大会の出場校を決める選抜委員会が本日行われ、常葉大菊川の10年ぶり5度目の出場が決まりました。

 今日の菊川市内は午後から雨。選手たちは室内練習場で吉報を待ちました。
 16時過ぎ、中澤俊一校長から「出場が決まりました。おめでとうございます」と報告を受けると、選手たちは嬉しそうな表情を浮かべました。
 その後、石岡諒哉監督が胴上げされるなど歓喜に包まれました。主将の平出奏翔は「菊川らしい元気のいいプレーを全国で見せていきたいです」と意気込み、プロ注目の鈴木叶は「すべての面でレベルアップしないと全国で勝てないと思っています」と気を引き締めていました。
 目指すは石岡監督が現役だった2007年以来の頂点。今回も甲子園でピンストライプのユニフォームが躍動することを期待したいです。
 一方、昨秋、東海大会ベスト4の加藤学園は補欠校となりました。ポテンシャルの高い選手が揃っているだけに、夏までどう進化していくのか楽しみです。(編集部・栗山)

常葉大菊川・石岡諒哉監督
「選んでいただいてホッとした気持ちが大きい。夏の大会が残念な形で終わってしまって、その場にいた2年生、その場にいることができなかった2年生があの経験をし、3年生の思いもあったから、このような結果につながったと思う。出るからには優勝を目指していくが、全ての面においてレベルアップして挑まないと、そう簡単には勝てない。しっかりと準備していきたいと思う」

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます!

 新年、明けましておめでとうございます。
 2023年も静岡の野球に密着していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 01011_20230101135701 今年最初の注目イベントは1月27日のセンバツ出場校の発表でしょう。
 出場が有力視される常葉大菊川は
プロ注目の鈴木叶が攻守の要。全国トップレベルと定評のある強肩に、4番に座る打撃でもチームを引っ張ります。昨年末に取材したところ、このオフは自分の課題と向き合いつつ、順調に調整が進んでいるとのこと。「チームが勝つことが一番なので、チームを勝たせるプレーをしたいです」。全国の高校野球ファンに鈴木の肩を早く見てもらいたいです。

01012_20230101135701  大学生では静岡大の佐藤啓介に期待したいです。中京大中京(愛知)時代は3年夏にブレークして県大会で2本塁打をマーク。大学入学後は1年秋からリーグ戦に出場し、昨春は主軸として全日本大学選手出場に貢献しました。
 こちらも昨年末にグランドに伺い、バッティング練習を見たのですが、とにかくスイングが強く、ライト奥の林に何度も打球が突き刺さっていました。まさにプロに行く選手の打球です。「全国で勝つためにはどうしたらいいのかを常に考えています。自分の実力も上げてプロを目指したいです」と意識の高さはさすがです。

 また、ヤマハの相羽寛太中田悠斗もドラフト候補に挙がりそうな選手で春先の試合から目が離せませんね。

 そんな今年の静岡の野球情報を網羅した「静岡高校野球2023春号」を来月発売予定です。年末年始も絶賛、編集作業中! 正式な発売日や内容が決まりましたら、またこのブログでお知らせします。(編集部・栗山)

<写真上/冬のトレーニングに励む鈴木叶(常葉大菊川)>
<写真下/迫力のある打撃を見せる佐藤啓介(静岡大)>

| | コメント (0)

2022年12月29日 (木)

中日ドラフト2位・村松開人の激励会が開催されました!

 中日からドラフト2位でプロ入りする村松開人(明治大)。中学時代に在籍した「島田ボーイズ」主催の激励会が本日、島田市内で開催されました。

 最初に「燃えよドラゴンズ!」をバックに入場すると、会場から大きな拍手が沸き起こりました。来賓紹介では日本少年野球連盟静岡県支部支部長の矢田正行氏が「いずれは200本安打を打ってほしい」と激励。それを受けて村松は「プロに入れましたが、ここからがスタート。2000本安打を早く達成できるように頑張ります」と冷静に挨拶しました。

12291  この日は「島田ボーイズ」出身で村松の1学年下にあたる横浜DeNAの森敬斗も出席しました。森は「いつかサムライジャパンで二遊間を組めれば」と、プロを舞台に戦えることが嬉しそうでした。

 激励会のあと、取材に応じてくれた村松は中学時代を「練習量が多く、特に冬のランニングがきつかった」と振り返り、「あらためて色々な人に応援されていると感じた」と感謝の言葉を口にしていました。年が明ければ、すぐに合同自主トレが開始。まずは開幕スタメンを勝ち取ってほしいと思います。(編集部・栗山)

島田ボーイズ・鈴木亨監督
「中学1年生のときに初めて開人を見て、バットコントロールが凄いなと思った。中学時代から練習をやり通していた。野球に対して情熱を持って取り組み、自分で道を切り開いてきた選手だと思う。プロでは1年1年が勝負。大いに暴れ回ってほしい」

<写真/森敬斗(横浜DeNA)から村松開人(明治大)に花束が手渡される>

| | コメント (0)

2022年12月23日 (金)

掛川西の大器・山本柊太が大学での飛躍を誓う!

12231 今日は掛川西のグランドへ。この夏を沸かせた3年生の山本柊太投手に会うことができました。
 身長185センチの長身から最速140キロを投げ込む剛腕投手。夏はスリークオーターの腕の位置から静岡高や日大三島相手に力投した姿が印象に残っています。
 夏以降は走り込みやウエイトトレーニングで体作りに重点を置いて鍛えてきたとのこと。体重は2~3キロ増え、現在は88キロに。今のこの体で、どんな球を投げるのか、想像しただけでワクワクしてきました。
 進学先が岐阜聖徳学園大に決まり、山本は「大学で155キロを出してエースになり、4年後にはプロに行きます」と宣言。『静岡高校野球2022夏直前号』で一緒に紹介した捕手の河原﨑琉衣選手は明治大へ。学童時代から12年間に渡って一緒にプレーした相棒とは別々の道を歩むことに。「琉衣と別になるのは寂しいですが、キャッチャーに左右されないピッチャーになっていきたいです」と力強い言葉も聞けました。
 元中日の近藤真市監督のもとでどのように覚醒するのか、楽しみしかありません!(編集部・栗山)

| | コメント (0)

2022年12月14日 (水)

「大学野球オータムフレッシュリーグ」のオンライン野球教室が開催されました!

  「第5回大学野球オータムフレッシュリーグ」のオンライン野球教室が12月10日に開催されました。今回参加したのは伊豆総合、清流館、遠江総合の3チーム。明治大・宗山塁、東京大・梅林浩大、中京大・磯貝和賢など各大学の主力選手が高校生から送られた動画を見て練習方法を伝授しました。

12141_20221214094301  僕は明治大、早稲田大が担当した伊豆総合の様子をZOOMで見学しました。質疑応答では「自分はピッチャーですがどのような気持ちで投げていますか?」という質問に対し、明治大の浅利太門は「状況を見ながら冷静に考えることが大切」とアドバイス。そして、野球教室の最後は大学生から高校生に向けて「高校生の頃から体作りをやっていたことが今に生きている」「目標を立てて、そこに向けて取り組んでほしい」といった自身の経験をもとにした貴重な話も。来年春の県大会出場を目指す伊豆総合の部員9人は目を輝かせていました。

 12142 また清流館を立教大と東京大、遠江総合を慶應義塾大、筑波大、中京大が担当しました。遠江総合・飯塚大佑監督は「選手たちが悩んでいることを解決してくれて実演までしてくれた」と感謝。早速、次の日から教わった練習方法を試している選手が多くいたそうです。(編集部・栗山)

 <写真上/オンライン野球教室で大学生の話に耳を傾ける伊豆総合の選手たち>
<写真下/明治大の宗山塁がゴロ捕球を実演する>

| | コメント (0)

2022年12月12日 (月)

「静岡少年少女野球肩肘検診」を取材しました!

 昨日はNPO法人静岡県野球協議会主催の「静岡少年少女野球肩肘検診」を取材しました。
 「静岡野球の未来を担う子供たちの野球キャリア」を目的としたイベント。2回目となる今年は静岡市民文化会館で開催され、静岡市内の小学5、6年生と中学生、約200人集まりました。

12121


12123  整形外科医や理学療法士による肩肘のチェックはもちろん、臼井義雄氏(元巨人トレーナー)による講義、さらには子供たちに野球の楽しさを知ってもらおうとeスポーツでの野球交流も行われました。
 参加した一人、小学6年生の奥原朝樹(静岡あけぼの野球スポーツ少年団)は大柄の選手。学童では「4番キャッチャー」として活躍し、中学は硬式のクラブチームでのプレーを考えているそうです
。この日、検診を受けて「何の問題もなく良かった」と安心していました。
12122  少年野球選手の部位別痛みの発生率は、肘が35.9パーセント、肩が21.2パーセントと上位を占めています。発起人の中江暢秀氏は「いち早く肘や肩の故障に気付いて治療し、高校になってもリタイアすることなくプレーしてほしい」と話します。静岡県野球協議会によると、同様の取り組みを県内各地で継続的に行っていきたいとのことでした。(編集部・栗山)

<写真上/参加した全選手がエコーで肘をチェックした>
<写真中/肘の可動域を計測する奥原朝樹 (静岡あけぼの野球スポーツ少年団) >
<写真下/eスポーツでの野球交流はホームラン競争で盛り上がる>

| | コメント (0)

2022年12月 5日 (月)

下田ボーイズ、県初タイトル獲得!

 ボーイズの中学3年生にとっては最後の大会となる「2022オリエンタルフーズ旗争奪3年生交流大会」の準決勝と決勝戦が4日、愛鷹球場で開催されました。

<準決勝>
菊川ボーイズ 5-4 浜松修学舎ボーイズ
下田ボーイズ 6-1 スルガボーイズ

<決勝>
下田ボーイズ 4-3 菊川ボーイズ(延長8回タイブレーク)

12051

 決勝戦は手に汗握る好ゲームとなりました。1対1で迎えた6回、菊川ボーイズは7番・渡辺夏叶のタイムリー二塁打などで2点を勝ち越します。一方の下田ボーイズはその裏、2番・磯谷怜皇のタイムリーなどで同点に。延長タイブレークに突入した8回、下田ボーイズが守備で一死満塁を併殺で無失点に切り抜けると、その裏、相手のミスでサヨナラ勝ちを決めました。

12054  創設11年目にして初の県タイトルを獲得した下田ボーイズ。この日、投打で躍動したのは佐野恭太郎です。準決勝ではリリーフで好投し、2本の三塁打をマーク。そのうち、一本はレフトのフェンス直撃の弾丸ライナーでした。決勝戦では先制タイムリーを含む2安打。そして7回か らマウンドに上がって愛鷹球場のスピードガンで130キロをマークしました。「このチームでプレーできるのは最後だったので嬉しい」と佐野。「高校では150キロを出して甲子園に行きたいです」と逞しい言葉を聞けました。
12052  2試合トータルで4安打を放った「2番・サード」の磯谷も高校での活躍が期待される選手。栗原陵矢(福岡ソフトバンク)のフォームを参考にしているという打撃はリストが柔らかく、胸の前まで球を引きつけてコンパクトなスイングで弾き返します。守備での肩の強さも魅力。「高校では1年からレギュラーを狙って、スター性のある選手になりたいです」。プロ野球を夢見ているそうで、将来が楽しみです。

 12053準決勝で敗れましたが、浜松修学舎ボーイズの健闘も光りました。「3番ピッチャー」で出場した佐藤塁唯は身長176センチ体重82キロの体格の良さに加え、投球の際のヒジの使い方が目を引きました。球速は120キロ台に満たないものの、まさに大器。父・二朗氏はヤクルト、ヤマハで活躍した強打者で、息子の打撃も父の現役時代を彷彿とさせる豪快さとスケール感がありました。まだまだ身長は伸びているとのこと。新たな静岡の宝として今後も追いかけていきたいです。

 準優勝の菊川ボーイズは山本暁斗が下田ボーイズの佐野と同じく130キロをマーク。スルガボーイズは先発した望月佑哉がキレのあるストレートに加え、縦に大きく曲がる変化球が良く、しなやか系の本格派右腕として高校でブレークする雰囲気を持っていました。(編集部・栗山)

<写真/上から優勝してナンバーワンポーズを作る下田ボーイズの選手たち、佐野恭太郎(下田ボーイズ)、磯谷怜皇(下田ボーイズ)、佐藤塁唯(浜松修学舎ボーイズ)>

| | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

島田ボーイズが2年ぶりに春の全国へ

 ボーイズリーグの春季全国大会県支部予選の準決勝、3位決定戦、決勝戦が27日に草薙球場で行われました。島田ボーイズが2年ぶりに優勝。来年3月開催の全国大会出場を決めました。

<準決勝>
島田ボーイズ 9-3 磐田ボーイズ
菊川ボーイズ 3-1 浜松北ボーイズ

<3位決定戦>
浜松北ボーイズ 6‐1 磐田ボーイズ

<決勝戦>
島田ボーイズ 7-3 菊川ボーイズ

11291_20221129165701

11292  決勝戦は島田ボーイズと菊川ボーイズのカードとなりました。先制したのは菊川ボーイズ。初回に1死満塁から5番・國川翔輝の走者一掃のタイムリーで3点を挙げます。一方の島田ボーイズは4回に反撃。6番・鈴木迅のタイムリー二塁打などで一挙4点を奪って逆転すると、5回にも3点を追加します。このリードを4回からマウンドに上がった鈴木迅が守り抜きました。

11293  この日の4試合。左の好投手たちが目につきました。菊川ボーイズは学童時代から注目された矢部侑が準決勝で1失点完投勝利。手足が長く高身長。中学2年生の時点ならそれだけで十分に魅力ですが、さらに体全体の柔らかさが半端ないです。球速以上に速さを感じるストレートと曲がり幅のあるスライダーとの組み立てで安定感がありました。
 3位決定戦で好投したのが松下歩叶(浜松北ボーイズ)。腕の振りが良く、カーブとのコンビネーションが良かったです。細身で大きな伸びしろを秘める見原悠斗(島田ボーイズ)、バランスのいいフォームに惹かれる鈴木颯真(菊川ボーイズ)も今後注目されそうなサウスポーです。(編集部・栗山)

<写真/上から全国大会出場を決めてガッツポーズを作る島田ボーイズナイン、決勝戦で躍動した鈴木迅(島田ボーイズ)、準決勝で快投を見せた矢部侑(菊川ボーイズ)>

| | コメント (0)

2022年11月28日 (月)

三ヶ日中が全国出場へ、最後の1枠を掴み取る

 文部科学大臣杯第14回全日本少年春季軟式野球大会静岡県予選兼静岡県中学校新人野球大会。すでに、東・中・西部地区予選を勝ち抜いたU15フジヤマBBC、東海大静岡翔洋中、桜が丘中が来春の全国大会への出場を決めています。ラスト切符をかけた各地区準優勝3校によるの地区準優勝チームリーグ戦が26日に裾野球場で開催されました。

<地区準優勝チーム・リーグ戦>

三ヶ日中 4-0 大里・中島中
大里・中島中 11-2 伊東南中
三ヶ日中 6-3 伊東南中

11281_20221128175901

11282_20221128180501  雨の影響で2時間遅れで開始した第1試合。前評判の高かった三ヶ日中のエース左腕・井口陽向が快投を見せます。右足が大きく跳ね上がり、体のバネを感じる躍動感たっぷりのフォーム。回転のいいストレートとブレーキのきいたカーブで相手打線を翻弄します。球数制限(100球)があり、6回2死でマウンドを降りましたが、そこまで無安打に抑えました。三ヶ日中はバックを守る守備のレベルも高かったです。6回二死満塁の場面。遊撃手の前に転がった打球を大野太誠が軽やかにさばいてピンチを脱します。野球センスが感じられたビッグプレーでした。また、捕手・竹田啓視の肩も目立っていました。一塁走者が試みた盗塁を3度も刺します。捕ってから投げる速さがあり、何よりコントロールが素晴らしかったです。

11283_20221128180801  続く第2試合は大里・中島中が計12点を奪って圧勝しました。存在感があったのは2塁打2本を含む3安打と好調だった「1番キャッチャー」の髙橋佑和。右にも左にも長打が打てる選手です。2安打を放った4番・安池友も打席での雰囲気が良かったです。

 そして、第3試合は三ヶ日中が1点ビハインドで7回へ。このまま敗れれば、得失点差の関係で大里・中島中の全国切符が決まります。しかし、三ヶ日中は底力を発揮しました。2死満塁から6番・岡部琳太朗の一塁強襲安打で2者が生還。その後も2点を加えて試合を決めました。

 2012年以来、2度目の全日本少年春季軟式野球大会出場を決めた三ヶ日中。新チームの結成直後から「全国出場」を目標に掲げ、特に走塁に磨きをかけてきたとのこと。この日の2試合でも、随所に積極的な走塁を仕掛けていました。植村慧央監督は「気持ちを切らさずに頑張ってくれた。一冬の間に個々をレベルアップし、チーム力を上げていきたい」と視線を来春に向けていました。
 
11284  この日は2連敗を喫しましたが、伊東南中にも楽しみが選手がいました。なかでもトップバッターの金指敢太はバットが振れる選手、本来はエースでこの日は遊撃を守っていた勝又劉翔はスローイングの形が良く、今後に期待です。(編集部・栗山)

<写真/上から全国出場を決めた三ヶ日中ナイン、将来が楽しみな井口陽向(三ヶ日中)、力強いスイングの髙橋佑和(大里・中島中)、身体能力の高い金指敢太(伊東南中)

| | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

【三村杯】桐陽が優勝!

 第33回三村旗争奪野球大会の決勝戦が20日に明星山球場で行われました。

★11月20日 三村旗争奪野球大会決勝  明星山球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
韮山 0 0 0 1 1 0 2 4 0 0 0 0 3 11
桐陽 0 0 0 0 2 1 3 2 0 0 0 0 4 12

(韮)辻村、塩谷、星谷-小川
(桐)木下-秋山

 高校野球シーズンの最後を締めくくる三村杯。桐陽対韮山の決勝戦は延長13回まで及ぶ大熱戦となりました。
  韮山が2点を先制するも、桐陽は5回に1番・長谷川大貴(2点)のタイムリーで同点。再びリードを許した7回には3番・森井皓大(1年)、4番・木下真良(2年)のタイムリーで一挙3点を挙げて逆転に成功します。それでも韮山は8回に満塁のチャンスを作ると、代打・中濱天恋(2年)の走者一掃のタイムリーで同点。さらに3番・杉浦宏明(2年)もタイムリーで続き、2点のリードを奪います。しかし、その裏、桐陽も2点を返して同点に。試合はそのまま延長戦に突入します。

11231  両チームの投手が踏ん張り、延長13回のタイブレークへ。まず13回表に韮山が3点を奪うも、その裏、桐陽は8番・秋山寛人(1年)がタイムリーを放ってサヨナラ勝ちを決めました。「先輩たちの大会なので、どうしても優勝したかった」と秋山。「打てて良かったです」とホッとした表情を浮かべていました。

11232  この試合、桐陽は先発の木下真良が延長13回を一人で投げ抜きました。本来の守備位置は捕手。本人の希望もあり、2週間前から本格的に投手を始めたとのこと。新井晶登監督は経験を積ませるために「何点取られようが完投させるぞ」とマウンドに送り出したそうです。「こんなにいい試合で、こんなに勉強になるゲームをさせてもらいました。彼にとっては良かったと思います」(新井監督)
 体にバネがあるパワーピッチャー系で、力のあるストレートを投げ込んでいました。新井監督によると、今後は投手でいくのか、捕手でいくのか、まだ未定だそうですが、いずれにしろ、この日、193球を投じた経験は木下にとって大きな財産になると思います。

 閉会式では、三村杯会長の三村喜代志氏から「監督の言われたことだけをやるのではなく、君たち自身で考える力をつけてほしい」との講評があり、大会の幕が閉じました。(編集部・栗山)

<写真上/延長13回、サヨナラのホームを踏んだ椎田健太(桐陽/左端)を中心に喜びの輪が広がった>
<写真下/粘りの投球を見せた木下真良(桐陽)>

| | コメント (0)

«オータムフレッシュリーグで見つけた光る原石