2018年4月21日 (土)

練習試合 掛川東vs韮山

 今日は掛川東と韮山の練習試合を見てきました。

 06211圧倒的な存在感を放ったのが韮山の3番打者、佐藤広陸でした。バッティングに関しては、一人別格と言ってもいいレベルでしょう。掛川東戦の前に、碧南(愛知)とも試合を行ったのですが、第1打席のライトオーバー三塁打から始まり、広角に長打と単打を連発。打席での落ち着きがあり、どんな球種でも対応してしまう懐の深さがありました。足も50メートルを6秒2で駆け抜け、二塁打や三塁打を量産できる好打者。韮山は今春の県大会に出場しますので注目していきたいです。

 04212掛川東では右腕の鈴木颯人が印象に残りました。韮山戦は4回から登板して5イニング3失点も、素材の良さに惹かれました。2日前まで39度を超える高熱があり、万全な体調ではなかったようですが、ぶっ飛んでしまうんじゃないかと心配するくらいの腕の振り。ストレートで空振りがとれます。どこに投げても打つ雰囲気のあった佐藤に対して三振を奪うシーンも。肩関節が柔らかく、「こういう投手が大学でブレイクするんだろうな」と想像できるタイプ。現在、球速は130キロ台前半だそうですが、体ができてくれば、すぐに140キロを超えてきそうです。
  桜が丘中時代はエースに漢人友也(現常葉大菊川)が君臨していたため、内野手で出場。高校入学後、「漢人に負けたくない」と本格的に投手となり、ここにきて急速に伸びています。今年の掛川東は、県トップクラスの左腕・野元優作を擁していますが、この鈴木も見逃せないです。(編集部・栗山)

<写真上/広角に安打を打つ佐藤広陸(韮山)>
<写真下/腕の振りが魅力の鈴木颯人(掛川東)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

春季西部地区大会決勝&3決(4月14日)~掛川球場レポート

<掛川球場>
★3位決定戦 聖隷クリストファー 9 - 5 浜名
★決勝戦 常葉大菊川 4 - 3 掛川西

04151 西部地区の決勝戦は、まるで夏の大会を見ているような緊迫感のあるゲームでした。     
 1点を追う掛川西は2回に同点とすると、3回には6番・相田賢真の右中間を破るタイムリー二塁打で1点を勝ち越します。投げては先発の夏目太陽が常葉大菊川打線を相手に真っ向勝負。「打てるもんなら打ってみろ」という気迫がビンビンと伝わってくる投球でした。夏目は5回を2失点に抑えると、プロ注目の川合勇気にバトンを託します。2対2で迎えた7回にはその川合がライトオーバーへの勝ち越しタイムリー。掛川西ペースかと思われました。
 04152しかし、常葉大菊川は終盤に底力を発揮します。8回に4番・根来龍真が一発を放って同点に。そして9回裏には、9番・神谷亮良の三塁打、2番・東虎之介のレフト前安打でサヨナラ勝ちを飾りました。
 この試合、競争意識を促すためにエース・漢人友也と主砲・鈴木琳央をベンチから外していた常葉大菊川。それでも最後は勝ち切るところに強さを感じました。

 また、3位決定戦は、聖隷クリストファーが主将・鈴木瞳冴の活躍で勝利。鈴木は3回にレフト前タイムリー、4回にも2点タイムリーを放ちました。県大会に向けて上村敏正監督は「まだ私のイメージするように動けていないが、あと2週間で形にしていければ」と、選手の成長を期待していました。(編集部・栗山)

<写真上/腕を振ってストレートで押した夏目太陽(掛川西)>
<写真下/強肩強打の捕手として注目度が高まっている根来龍真(常葉大菊川)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

春季中部地区大会準々決勝(4月7日)~草薙球場レポート

<草薙球場>
常葉大橘 7 - 0 科学技術(8回コールド)
静清 9 - 0 藤枝明誠(7回コールド)

04071_5 第1試合は静岡市立を撃破した科学技術に注目。今日は常葉大橘相手に中盤まで互角の試合展開でした。チームの中心は「3番ピッチャー」の小栗宗也。縦のカーブを武器に、7回まで1失点に抑える好投を見せました。8回に6点を失いましたが、強豪相手でも通用するという大きな手応えをつかんだはずです。この試合からベンチで指揮をとる森田重成新監督も「可能性のあるチーム。今日の負けをプラスに考えたい」と前を向いていました。

 04072第2試合は静清がコールドで藤枝明誠を下しました。先発の田中優吾が6回まで投げて3安打無失点の好投。「守備のリズムを作ることを意識した」とテンポのいい投球を展開しました。最速138キロをマークしたストレートに加えて、スプリットなどの変化球のキレが良かったです。今年の静清は田中以外にも複数の好投手を揃え、誰が活躍しても不思議ではない状況。層が厚さは県トップクラスでしょう。
 打線も上位から下位までバットが振れています。その中で今日は昨秋までは控えだった3番・和田春輝に豪快な一発が飛び出しました。投打ともにスキがなく、バランスのいいチームに仕上がっている印象です。(編集部・栗山)

<写真上/7年ぶりに県大会に出場する科学技術ナイン>
<写真下/6回にレフトスタンドへ本塁打を放った和田春輝(静清)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

小笠地区で中学野球の大会が開催されます!

 小笠地区の中学軟式野球の情報です。4月、5月に2つの大会が開催されます。

04062 毎年恒例の「小笠地区中学野球ペナントレース」が明日7日に開幕します。小笠地区のレベルアップを目的に、2006年から実施されて、今年で12回目。この地区は毎年レベルが高く、好選手が輩出されるだけに注目です。ちなみに、鈴木博志(現中日)も大浜中時代に出場しているとのことです。  
 掛川、菊川、御前崎地区の14校による総当たり戦で、上位4校には夏の中学総体予選のシード権が与えられます。

04063 また、5月3日、4日には「第12回小笠選手権大会」が開催されます。県外の強豪チームや、今春の全国大会で1勝を挙げたU-15フジヤマベースボールクラブも参戦。小笠地区からは好投手・相田康慎を擁する掛川東など、予選を勝ち抜いた8チームが出場します。また、中学野球としては珍しいDH制が導入されるそうです。詳しくはポスターをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

JABA静岡大会が開幕しました!

  昨日、社会人野球のJABA静岡大会が開幕しました。

 04041清水庵原球場では桐陽出身・大貫晋一(新日鐵住金鹿島)が先発登板し、6回まで1失点に抑える好投。7回に2安打を浴びて降板しましたが、役目は十分に果たす投球でした。魅力は柔らかいフォームから繰り出すストレート。回転がいい上に低めにも集まり、空振りを奪うことができていました。今年はチームの柱として活躍が期待できます。
 また、常葉菊川出身の秋利雄佑(三菱重工名古屋)は「2番セカンド」でスタメン出場。第1打席にセンター前安打を放つと、盗塁に成功。さらに、相手のミスで三塁まで一気に進塁しました。今季は3月のJABAスポニチ大会で優秀選手賞を獲得。バッターボックスでの構えからオーラが溢れ、打撃はプロでも十分に通用するレベルだと感じました。「今年は自分の成績がどうこうよりも、とにかくチームとして勝ちたい」という秋利。チームを第一に考えながら、スタンドを沸かせるプレーもできる選手です!(編集部・栗山)

<写真/第1戦の先発を任された大貫晋一(新日鐵住金鹿島)>

★日本野球連盟(JABA静岡大会の組み合わせ、結果はこちらからご覧になれます)  http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/jabataikai/pdf/shizuoka.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

中部で県大会出場校が決定!

 昨日は、中部地区で県大会出場校が決まりました。

<中部地区>
常葉大橘(6年連続14度目)/科学技術(7年ぶり2度目)/東海大静岡翔洋(8年連続16度目)/島田(19年ぶり4度目)/島田工(初出場)/島田商(6年連続18度目)/静清(2年ぶり27度目)/藤枝明誠(4年連続7度目)※静岡高はセンバツ大会出場のため、地区大会免除

04021 清水庵原球場第2試合は、島田がサヨナラで静岡商を下し、19年ぶりの県大会出場を果たしました。エースの黒木健太郎は8回まで被安打2、失点0という抜群の安定感。「ボールを低めに集めることを意識した」と、1球1球、丁寧に投げ込みます。9回に3安打で1点を失ったものの、その裏の劇的なサヨナラ勝ちにつなげる力投でした。
 冬に患った腰痛の影響で大会前の練習試合での登板がほとんどなく、この日の背番号は11。スタミナ不足が心配されましたが、最後まで粘り強く投げました。「県大会で1番を背負うために、今日は何が何でも勝ちたかったんです」と、試合後は嬉しそうな表情を見せてくれました。
 この春は、島田地区のチームが元気です。第3試合では2年生右腕の・小林史也の好投で島田商が勝利。さらに、焼津球場では島田工が県大会初出場を決めました。(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

東部、西部で県大会出場校が決定!

春季高校野球は東部地区、西部地区で県大会出場校が決定しました。

<東部地区>
韮山(5年ぶり14度目)/飛龍(2年連続24度目)/知徳(6年連続18度目)/吉原(初出場)/市立沼津(2年連続19度目)/日大三島(2年ぶり26度目)/桐陽(2年連続9度目)/御殿場西(4年ぶり15度目)

<西部地区>
常葉大菊川(3年連続25度目)/袋井商(9年ぶり3度目)/聖隷クリストファー(2年ぶり7度目)/小笠(11年ぶり5度目)/菊川南陵(2年ぶり5度目)/掛川西(5年連続41度目)/磐田東(2年連続9度目)/浜名(3年ぶり18度目)

 03311東部地区では、吉原が県大会初出場を果たしました。背番号5の保田悠翔が伊東商打線をわずか2安打に抑えて完封。13三振を奪いました。特に、初回の先頭打者から4者連続三振は圧巻でした。
 中学時代に投手経験はあるものの、右ヒジの故障で野手希望で高校に入学したという保田。それでも影山貴司監督がその資質を見抜き、再び投手へ。腕の位置をスリークオーターにして、特徴のある右腕に変身しました。スピード感のあるフォームでタイミングを合わせづらく、球威も十分。初対戦では対応が難しい投手です。
 今年の吉原は本格派タイプの小林諒也、そして変則タイプの保田の2本柱に安定感があり、攻撃面もソツがありません。県大会でも台風の目になる可能性があるでしょう。
 
 03312また、桐陽がシードの加藤学園を下し、2年連続の県大会出場を決めました。チームを勝利に導いたのはエースの武藤大樹。パワー系の投手で、最速136キロの力強いストレートを武器に、攻めの投球を展開しました。柴田泰之監督によると、昨秋まではキャッチャーミット手前で垂れ気味だった球が、一冬を越えてグッと伸びるようになったそうです。実際、今日も低目のギリギリのコースを打者が見逃してストライクというケースがありました。ストレートが伸びている証でしょう。「夏までに140キロは出したいんです」という武藤。球速を上げて、ガンガンとアピールしてほしいです。(編集部・栗山)

<写真上/13奪三振の保田悠翔(吉原)>
<写真下/県大会出場を決め、ガッツポーズを見せる武藤大樹(桐陽)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

春季東部地区大会4日目(3月28日)~富士球場レポート

<富士球場>
吉原 6 - 5 富士宮北(延長14回)※13回よりタイブレーク採用
富士市立 2 - 1 三島南

03281_2 第1試合の吉原と富士宮北は新チームになってから3度目の対戦となりました。
 昨秋の東部大会では吉原が7対2で勝利して県大会出場を決めれば、11月の三村杯の決勝では富士宮北が13対2で圧勝。1勝1敗で今回の対決となりました。
 試合は、どちらも負けられない意地と意地のぶつかり合いに。吉原の1点リードで迎えた9回裏、富士宮北は土壇場で同点に追いつき、延長戦へ。そして10回以降も決着がつかず、13回からタイブレークに突入しました。無死一二塁、12回までの打順を引き継ぐ継続打順で行われるタイブレーク。今回の方式になってから、県内では初のケースとなりました。
 13回は両チームともに、無得点。14回は富士宮北が1点を挙げたのの、その裏、吉原が2点を挙げて試合を決めました。

03282 第2試合も、好ゲームとなりました。富士市立は5回に1番・福井航太朗のタイムリーで1点を先制。続く6回には6番・加藤佑希のタイムリーで追加点を挙げます。投げては瀧大和が丁寧に低めをつく投球で1失点完投しました。
 一方の三島南では、1年夏からレギュラーの4番・植松鳳太が目を引く存在でした。今日はライト前安打2本。スイングが速く、右中間に猛烈なライナー性の打球を飛ばしていました。まだ新2年生だけに、これからの成長が楽しみです。(編集部・栗山)

<写真上/タイブレークを制し、喜ぶ吉原ナイン>
<写真下/春県ベスト16の三島南を1失点に抑えた瀧大和(富士市立)>
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

春季西部地区大会3日目&4日目レポート

 一昨日と今日と2日間に渡り、西部地区大会の2回戦を見てきました。

<25日浜松球場>
浜松市立 6 - 0 浜松江之島
浜松西 1 - 0 浜松学院

<27日磐田球場>
聖隷クリストファー 1- 0 袋井
磐田東 7 - 3 浜松北

03271 25日は浜松球場へ。第1試合は浜松市立の左腕・増山翔也が7回を投げて10奪三振、無失点に抑えました。浜松市立の左といえば、2学年先輩の井内駿佑が印象に残っていますが、「もうワンランク上の左腕かも」と、その投球に引き込まれました。水谷裕士監督によると、昨秋まではコントロールに苦しみ、1試合で10個以上の四球を出すことが当たり前だったそうですが、冬場のトレーニングで下半身が安定。コントロールが良くなっただけでなく、球速がグングンと上がり、最速137キロをマークしたそうです。次戦は県大会出場をかけて常葉大菊川と対戦。赤丸急上昇中の左腕と、県屈指の強力打線との対決は注目です。
 続く第2試合は、浜松西が投手戦を制して、3回戦進出を決めました。昨秋の浜松市内大会での好投で「自信をつけた」という本格派右腕の鈴木康太が7回まで無失点。そして、8、9回は平野駿が気持ちのこもった投球でピシャリと抑え、完封リレーを飾りました。

 今日は磐田球場へ。第1試合の袋井対聖隷クリストファーは緊張感のある試合でした。序盤は袋井のペースで進み、毎回、得点圏にランナーを進めます。3回には無死満塁のチャンス。しかし、ここで聖隷クリストファーは、トリプルプレーを完成させます。すると、聖隷クリストファーは6回に1点を先制。投げては長身右腕の小杉康介が相手の打ち気を交わす投球で最後まで投げ切り、完封しました。試合後、聖隷クリストファーの上村敏正監督は「たまたま勝っただけ。まだまだです」と首をかしげていましたが、少しずつ頭とハートを使う野球が徹底されてきている様子。春先には健大高崎(群馬)や愛工大名電(愛知)などの強豪とも練習試合を行って経験を積んできたとのこと。試合を重ねるごとに力をつけている感じがしました。
 一方の袋井は、左腕の久留島誠紀が1失点完投。キレのいいストレートをコースに投げ分け、安定感がありました。今日の悔しさをバネに、「夏に勝てる投手」へ成長してほしいです。
 03272第2試合は、磐田東が逆転勝ちを収めました。1対3で迎えた8回に、3番・武内勇賢の2点タイムリーで同点。9回には1番・八木拓真のタイムリーで勝ち越しました。今年の磐田東は一味違います。高いポテンシャルを持っているのはもちろん、粘り強さがあります。リードを許しても諦めることなく、選手間で「何とかしてやろう」という姿勢が見えるチームです。夏のダークホースになる可能性はあるでしょう。(編集部・栗山)

<写真上/「夏は常時140キロを出したい」という増山翔也(浜松市立)>
<写真/9回に勝ち越しタイムリーを放つ、ガッツポーズを見せる八木拓真(磐田東)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

春季東部地区大会2日目(3月24日)~裾野球場レポート

 昨日も裾野球場で東部地区大会を取材しました。

<裾野球場>
知徳 7 - 0 裾野(7回コールド)
飛龍 9 - 0 南伊豆(7回コールド)
三島北 14 - 0 沼津高専(5回コールド)

03251 第1試合の試合中、知徳のブルペンで投げている一人の投手に釘付けとなりました。新2年生右腕の栗田和斗です。185センチの長身で、腕の振りもしなやか。肩周りが柔らかく、フォームのバランスもいい。思わず、一塁側のブルペン近くまで見に行ってしまったほどで、「これは間違いないぞ」と、テンションが上がりました。
 マウンドに上がったのは7回でした。2つの四球を出しましたが、最後は併殺で無失点に抑えました。岳陽中時代は捕手。初鹿文彦監督によると、高校入学後、本格的に投手を始め、メキメキと伸びているそうです。現在の最速は135キロとのことですが、すぐでも140キロを超えていきそうなポテンシャルがあります。今年の知徳は、佐藤翔、小船歩の2本柱に加え、この日、好投を見せた播磨仙一も控えます。それだけに、この夏すぐの活躍はないかもしれませんが、秋以降は注目されること間違いないでしょう。
 2試合目は、昨秋東部王者の飛龍が登場。この日は、エース・岡田周人を温存しましたが、3番手で登板した長身左腕の佐伯楓斗が気になりました。こちらも新2年生。腕の振りが良かったので、これから体が出来上がるのを待ちたいです。(編集部・栗山)

<写真/栗田和斗(知徳)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«春季東部地区大会1日目(3月23日)~裾野球場レポート