2020年1月24日 (金)

加藤学園、センバツ初出場決定!

 加藤学園の甲子園初出場が決まりました! 第92回センバツ高校野球大会の出場校を決める選考委員会が本日行われ、午後3時17分、加藤瑠美子校長の下に吉報が届きました。
 東部勢の甲子園出場は1995年夏の韮山以来となります。
01241

米山学監督
「今はホッとしています。ここまで長かったですが、発表を聞いて嬉しく思います。甲子園では加藤学園らしさを出して、チーム力で思い切って暴れてきます」
勝又友則主将
「甲子園に決まったからといって特別なことをせずに、今まで通り、自分たちの野球をやるだけです。目標は優勝です。甲子園に出たからといって、そこで満足することなく、全員で優勝を勝ち取りたいと思います」
肥沼竣投手
「甲子園は小さい頃から夢だったので、とても嬉しいです。全国にはレベルの高い投手がたくさんいるので、負けない気持ちだけは持っていきたいです」

※2月末発売予定の『静岡高校野球2020春号』では加藤学園選手名鑑を掲載します!

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

田方・三島地区で中高交流指導者研修会が開催される!

01211  田方・三島地区中高交流指導者研修会が1月19日に実施されました。同地区のレベルアップを目的に2018年から始まり、今年で3回目。函南東中・山田大先生と三島南高・稲木恵介監督が中心となり、高校9校10名の講師が13中学校の2年生93選手を指導しました。内容はキャッチボール・走塁・バントなどの基礎から実践練習まで。学んだ選手たちが数年後、高校野球に舞台で活躍してくれることを期待したいです。

 参加した監督、選手の言葉を紹介します!
錦田中主将・星谷奎斗選手
「今日の研修会で、普段教わっている練習の意味がよくわかり、自分たちの課題がたくさん見つかりました。中体連に向けてひとつひとつのプレーを丁寧に行い、意味のある練習を心掛けていきたいと思います」
修善寺中・山口友樹監督
「普段の練習では全体指導になってしまうことが多いので、本研修でポジションごとに細かく指導することの重要性を感じました。また、高校の指導者に教わる中学生の姿は、日頃よりも緊張感があり真剣な眼差しだった。中学生にとって高校野球を目指すきっかけになればと思います」
三島南高・稲木恵介監督
「地域の子どもたちが高校でもスポーツを継続して行うためには、中高の垣根を越えて関わり、技術・技能だけでなく、みんなで成長していこうとする機会を多くしていくことが必要だと思います。今後さらに発展的にこのような機会が増えると良いと感じました」

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

東海大静岡翔洋が女子野球部の創部へ!

 本日の「女子野球フェスタIN静岡2020」の中で、ビッグニュースが発表されました。
 東海大静岡翔洋が2021年4月より女子硬式野球部を創部! 県内の高校では初の女子硬式野球部の誕生となりました。
 監督は現東海大静岡翔洋中等部監督で高等部の監督経験もある弓桁義雄氏が務めます。01191 
 本日の記者会見で弓桁氏は「みんなが待ち望んでいたこと。県内の女子選手の受け皿にし、いずれは全国優勝を狙いたい」と意気込みを語りました。部の発足は2021年ですが、本年度に選手が11人以上集まれば、すぐにでも大会参加の意向があるとのこと。静岡の野球界にとって、大きな一歩になりそうです。(編集部・栗山)

<写真/東海大静岡翔洋女子野球部監督に就任する弓桁義雄氏>

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

明けましておめでとうございます!

 新年、明けましておめでとうございます。
 今年も、『静岡高校野球』は春号と夏直前号の2回、発行する予定です。どうぞ、よろしくお願いします。
 春号は昨年末にほぼ取材が終わり、編集作業を進めております。正式な発売日や内容が決まりましたら、またこのブログでお知らせします!

01021_20200102150301 そんな編集作業の中、嬉しいニュースが飛び込んできました。箱根駅伝で島田樟誠出身の中央学院大・武川流以名が6区でエントリーされました。
 高校時代は野球部の主将を務め、3年夏は「1番センター」で活躍。野球部に所属しながら、校内のマラソン大会では常に1位で、次々と新記録を作ったとか。『静岡高校野球』編集部では昨年の夏前に島田樟誠を取材。その際、生駒基樹監督から「長距離を走らせたら凄い」と紹介されたのが武川でした。本人も長距離には自信を持っている様子で、「大学では箱根駅伝を目指す」と聞いたときは驚きました。
 その後、中央学院大に入学。しかし、高校時代のタイムがなかったため、駅伝部へは仮入部からのスタートだったそうです。入学後、急激に記録を伸ばし、10000mで29分25秒23を記録。半年でなんと箱根駅伝にエントリーされるまでに成長しました。同日の選手変更の可能性もありますが、静岡の高校野球を経ての活躍は嬉しい限り。頑張ってほしいです!

<写真/島田樟誠時代の武川流以名

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

庄司隼人氏の取材でサプライズが…

 今年、最後の取材は今シーズン限りで現役を引退した広島の庄司隼人氏。プロ10年間をたっぷりと振り返ってもらいました。取材が終わりに差し掛かった頃、サプライズが…。阪神タイガースで活躍する髙橋遥人選手が、庄司氏に会いにきてくれました。
 髙橋投手が常葉橘の先輩・庄司氏に「お疲れ様でした」と伝えると、「来年はやらないとダメだぞ」と発破をかけられていました。2人は今年、初めてファームの試合で直接対決。その話でも盛り上がりました!
 庄司氏のインタビュー記事は『静岡高校野球』の次号で掲載します。お楽しみ!(編集部・栗山) 

122801
<写真/今季限りで引退した庄司隼人氏と、来季の飛躍が期待される髙橋遥人投手 (阪神)>

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

伊豆少年野球団の練習を見てきました!

 今日は伊豆少年野球団の練習にお邪魔しました。
 同チームは11月30日、12月1日に開催された「第18回金太郎杯中学生野球大会」で5年ぶり7回目の優勝を飾りました。「子供たちが良く成長してくれた」と武田弘文監督。11月の「第19回全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆」は予選で敗退していただけに、この最後の大会にかける気持ちが強かったそうです。驚いたのは4試合を戦って無失点だったこと。Uー15侍ジャパンに県内で唯一選ばれた石井羚(修善寺中)とともに今井謙心(函南東中)も好投したとのことです。
 本来、「KWBボール」で活動していますが、3年生は大会が終了し、この日から本格的に硬式球を使っての練習。石井、今井の両選手はやはりキャッチャボールから雰囲気が良かったです。 高校でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!(編集部・栗山)  

12221
<写真/金太郎杯中学生野球大会で優勝した伊豆少年野球団の3年生>

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

「ITOベースボールアカデミー」が開催されました!

12191  高校野球は12月からオフシーズンに入り、高校生による野球教室が県内各地で開催されています。

 伊東地区では「ITOベースボールアカデミー」と題し、12月15日に伊東、伊東商の両校が伊東市内及び東伊豆町の学童選手約90名を対象に野球教室を開催しました。
 地域社会貢献や野球人口の増加に向けた取り組みの一環として今年2月から始まった野球教室。今回は高校生によるシートノックの披露から始まり、打撃、キャッチボール、守備を丁寧に指導。午後には高校生から遊びを取り入れたトレーニングも提案されました。 「この中から中学、高校と野球を続けてくれる選手が多く出てくれることを期待したい」と伊東商・大橋孝彦監督。今後、どのように発展していくのか楽しみです

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

菊川ボーイズが初全国へ!

 ボーイズリーグの第50回日本少年野球連盟春季全国大会静岡県支部予選が12月14日に行われ、菊川ボーイズが優勝。初の全国切符を手にしました。

<準決勝>
磐田ボーイズ 8-0 駿東ボーイズ(5回コールド)
菊川ボーイズ 9-1 静岡葵ボーイズ(5回コールド)

<決勝>
菊川ボーイズ 3-1 磐田ボーイズ

121701

121702  決勝戦は磐田ボーイズと菊川ボーイズの対戦に。菊川ボーイズが4回に5番・進士且基のタイムリーで同点に追いつくと、5回に勝ち越し。投げては先発の松本大誠が好投します。「コントロールを意識して投げた」と丁寧な投球で完投。腰の疲労骨折の影響で、約2カ月ほど投げることができなかったそうですが、そんな感じは全く受けない見事なマウンドさばきでした。
 菊川ボーイズは創部5年目で春夏通じて全国大会初出場。栗田弘基監督は「子供たちが頑張ってくれた」と、ホッとした表情を浮かべていました。

121703  準決勝で敗れましたが、静岡葵ボーイズの中畑凪輝は今後、注目していきたい逸材です。試合前のブルペンでの投球から気になり、リリーフで登板すると、一気に惹きつけられました。立っているシルエット、フォームのバランスが◎。現状は高めに抜ける球もありますが、それも伸びしろでしょう。焦ることなく、ゆっくりと体を作ってほしいタイプです!(編集部・栗山)

<写真上/初優勝を飾って喜び菊川ボーイズナイン>
<写真中/決勝で2回以降無失点に抑えた松本大誠(菊川ボーイズ)。腰の疲労骨折から復帰したばかりで好投>
<写真下/将来が楽しみな中畑凪輝(静岡葵ボーイズ)> 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

静岡県ボーイズリーグ選抜とシニア南関東選抜が台湾遠征へ

 12月8日は静岡県ボーイズリーグ選抜とシニア南関東選抜がシニア神奈川選抜を交えて練習試合を行うということで、愛鷹球場に行ってきました。

12111  やはり、選抜チーム。どの選手もポテンシャルが高く、魅力的でした。
 まず、静岡県ボーイズ選抜では澤口志堂(浜松ボーイズ)が印象に残りました。マウンドに上がってパワフルな投球を展開すると、打っても左中間を破る二塁打を放ちました。さらに、これまで捕手のイメージが強かった松田碧海(御殿場ボーイズ)がマウンドに上がり、地肩の強さをアピール。ショートとセカンドをこなした山本和輝(磐田ボーイズ)の安定感のあるグラブさばきも光りました。
 南関121102東選抜で気になったのは今駒蓮大(掛川シニア)。球速は110キロ台ですが、低めに集まる制球力が武器。変化球に もキレがありました。野手ではショートを守った太田圭哉(静岡蒲原シニア)の守備力に驚かされました。三遊間の強い打球をさばいて打者走者をアウトに。今すぐ高校レベルでも通用しそうな体幹の強さを感じました。

 なお、静岡県ボーイズリーグ選抜は今月21日から台湾で開催の「2019台北国際野球大会」に参加。投打で活躍が期待される太田涼介(浜松修学舎ボーイズ)は「今まで静岡は優勝したことがないと聞いているので、優勝して歴史を作りたい」と意気込んでいました。
 一方、県内12選手が入っているシニア南関東選抜も年末に台湾へ。「日台国際野球大会」で2連覇を目指します!

<写真上/澤口志堂(浜松ボーイズ)>
<写真下/今駒蓮大(掛川シニア)>

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

県中学校新人野球大会、竜爪・西奈中が優勝!

★12月7日 第21回静岡県中学校新人野球大会決勝戦 裾野球場

     チーム
東海大静岡翔洋中 0 0 0 1 0 0 0 1
竜爪・西奈中 0 0 1 0 0 1 × 2

(東)小林-米倉
(竜)永野-和田

12082

 秋の県中学ナンバーワンを決める県中学校新人野球大会 。決勝戦は竜爪・西奈中が東海大静岡翔洋中を2対1で下しました。

 竜爪・西奈中は春と夏の全国を経験するエース・永野陽大が持ち味を存分に発揮。多彩な変化球を丁寧に低めに集め、ここという場面ではズバッとキレのあるストレートで相手打線を苦しめます。この日、許した安打は3本のみ。最終回のピンチの場面も落ち着いた投球で無失点に抑え、優勝に導きました。それでも試合後は「自分の持ち味はコントロール。3ボールになることがあったので、それは改善していきたいです」とまだまだ納得していない様子。「冬の練習をしっかりとやって全国制覇を目指したいです」と意識を高く持っていました。

12081  打線では3番・井上諒大の活躍が光りました。3回にライトオーバーのタイムリー二塁打を放つと、6回には勝ち越しにつながる安打。無駄のないきれいなスイングから鋭い打球を連発していました。本来はショートの頭の越すような単打を打つ選手。ここにきて力がついてきたようで、「試合でのライトオーバーは初めてなんです」と嬉しそうな表情を浮かべていました。来春はもっとすごい活躍を見せてくれるでしょう。(編集部・栗山)

<写真上/竜爪・西奈中、東海大静岡翔洋中はともに来春の全国大会に出場する>
<写真下/先制タイムリーを放った井上諒大(竜爪・西奈中)>

| | コメント (0)

«野球指導者勉強会「くさなぎ塾」が開催されました!