2020年7月 4日 (土)

定期戦 浜松北vs浜松西

<第40回浜松北浜松西定期戦>

浜松北7-7浜松西(6回時間切れ引き分け) 

07041 第40回浜松北浜松西定期戦が3日に浜松球場で行われました。試合は打撃戦となり、7対7のスコアで6回時間切れ引き分けに終わりました。

 代替大会で優勝を狙う浜松西はエース右腕の髙井滉一郎(3年)が先発。初回と2回は失点しましたが、3回からの2イニングは回転のいいストレートを武器に無失点に。一週間後の大会に向けて、順調に仕上がっている感じでした。打線は3回に、3番・水野航介 (3年)がライト方向に同点タイムリーを放つ活躍。圧巻のスイングスピードでした。
07042 一方の浜松北は5回に一挙4点を挙げる猛攻。注目のスラッガー・金原伊吹(3年)もレフト方向に鋭い打球のタイムリーを放ちました。代替大会ではどでかい一発を期待したいです! (編集部・栗山)

<写真上/髙井滉一郎(浜松西)>
<写真下/金原伊吹(浜松北)> 

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

練習試合 浜松工vs浜松商

★7月2日 練習試合 浜松球場

   チーム
浜松工 0 1 0 0 0 0 0 3 0 4
浜松商 1 0 2 0 1 0 0 0 1 5

(工)杉田、長倉、久保-伊藤大、清水
(商)石津、細田、太田、柴田、森、工藤-高須、阿隅
▽三塁打=佐藤(商)
▽二塁打=髙林(工)

 昨日は雨で定期戦が2日間中止となり、練習試合として行われた浜松工と浜松商の試合を見てきました。
 浜松商07031 は4番の山本陸(3年)が初回にセンター前タイムリーを放つと、3回と5回にもタイムリー。軸がブレないスイングは別格で3安打3打点の活躍を見せました。投げては2番手で登板した細田涼馬(3年)が2イニングをパーフェクトに抑えます。1年夏にエースナンバーを背負った左腕。2年間、本来の投球ができずに苦しんできましたが、2週間くらい前からキャッチボールの中でリリースの感覚を掴めているとのこと。昨日は力強いストレートがビシビシと決まっていました。「この夏は細かいことを考えずに気持ちで投げていきます」。1年夏は浜松球場で悔しい経験しただけに、高校生活最後の夏はその浜松球場で最高のピッチングを見せてほしいです。
07032 浜松工では7回から登板した久保建貴(3年)が6者連続三振をマークしました。体全体を使うフォームからストレートが打者の手元でピッと伸びて、変化球もキレキレ。何より投げっぷりが良く、見ていて気持ちが良かったです!(編集部・栗山)

<写真上/2イニングをパーフェクトに抑えた細田涼馬(浜松商)>
<写真下/6者連続三振をマークした久保健貴(浜松工)>

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

「静岡高校野球2020夏直前号」の内容のご紹介!



9784990957469
「静岡高校野球2020夏直前号」
県内の書店では7月8日発売
62ページ/定価800円(税込)
 「2020夏季静岡県高等学校野球大会」が今月11日に開幕します。6月27日に行われた抽選会では加藤学園対飛龍、静岡市立対常葉大橘、磐田東対飛龍など1回戦から好カードが目白押しとなりました。
そんな中、『静岡高校野球2020夏直前号』が完成しました。今年は例年よりも遅くなりましたが、7月8日に発売となります。(何とか開幕に間に合いました!)
 今号は「夢を諦めるな!」と題し、3年生部員が在籍する全校の集合写真とともに、3年生全部員(1405名)の「将来の夢」を20ページに渡って掲載しました。さらに、各高校の監督から自チームや県内の3年生球児に向けて熱いエールをもらいました。
 毎年恒例の「注目選手名鑑100」は今年は3年生のみ、100名を編集部が独自にピックアップ。プロが注目するドラフト候補から将来性が光る隠し玉まで細かく分析しました。また、8月に甲子園の土を踏む加藤学園、最速148キロ左腕の髙田琢登(静岡商)の記事もあります。
 今年は永久保存版にしてほしいと思い、表紙を厚くするなど本の仕様を少し変えてみました。書店で手にとってもらえると嬉しいです。
※※※※※※※※※※※※※※※※ 

最後の夏、完全燃焼せよ!
2020 注目3年生選手名鑑100

------------------------------------------

加藤学園ドキュメント
~激動の半年間を追う~
 「良いチームで甲子園に」

加藤学園エース・肥沼竣インタビュー

------------------------------------------
[特 集]3年生全部員の夢を紹介
夢を諦めるな!
下田、伊東、伊東商、伊豆総合、韮山、伊豆中央、田方農、三島南、三島北、日大三島、知徳、小山、御殿場、御殿場南、御殿場西、裾野、沼津高専、沼津東、沼津城北、沼津工、沼津商、市立沼津、加藤学園、誠恵、桐陽、飛龍、吉原、吉原工、富士、富士東、富士市立、 富士宮東、富士宮北、富士宮西、富岳館、星陵、清水東、清水西、清水桜が丘、東海大静岡翔洋、静岡東、静岡、静岡西、静岡農、科学技術、静岡商、駿河総合、静岡市立、静岡北、常葉大橘 静岡学園、静岡大成、城南静岡、焼津中央、焼津水産、清流館、藤枝東、藤枝北、藤枝西、静清、藤枝明誠、島田、島田工、島田商、金谷、島田樟誠、川根、榛原、相良、小笠、常葉大菊川、菊川南陵、池新田、掛川西、掛川東、掛川工、横須賀、袋井、袋井商、磐田南、磐田農、磐田西 、磐田東、磐田北、浜松湖北佐久間分校 浜松北、浜松西、浜松江之島、浜松湖南、浜松湖東、浜松東 浜松南、浜松大平台、浜松工、浜松城北工、浜松商、浜松市立、浜松学院、浜松日体、聖隷クリストファー、浜松開誠館 浜松修学舎、オイスカ、浜名、浜北西、天竜、浜松湖北、新居、湖西

------------------------------------------
『静岡高校野球』編集部から感謝の手紙
 「拝啓 髙田琢登様」

------------------------------------------

注目選手に聞く! 10の質問
谷口蓮(三島南)/アルベス・リュウ(誠恵) 相羽寛太 (静岡)/杉原陸太 (島田樟誠) 二俣翔一 (磐田東)/杉田蒼希 (浜松工) 北沢勇都 (浜松湖北)

------------------------------------------

長年のライバルがラストイヤーを迎える名将にエール
 「最後は “らしい 野球” を見せてくれ!」
山内克之 (磐田東監督)×八木道政 (元清水東監督他)

【進路相談室2020】
編集部が注目チームに潜入! 
静岡硬式野球倶楽部編
 「やる気があれば、 いつでも待っている」 

2019年夏の静岡大会3回戦
駿河総合×常葉大橘
~ベンチの視点から熱闘を振り返る~

2020新監督インタビュー
永田裕治(日大三島)/石岡諒哉 (常葉大菊川)

スーパー1年生を探せ!

昨夏静岡を盛り上げた選手たちの進路リスト(裏表紙)

※※※※※※※※※※※※※※※※ 

<販売問い合わせ>
しずおかオンライン
電話 054-275-3335/FAX 054-275-1301
http://www.esz.co.jp/

※東京では、書泉グランデ(神田神保町)にて発売します。→https://www.shosen.co.jp/grande/
※アマゾンでは7月14日頃の発売を予定しています。→https://amzn.to/2Zu7MqM

| | コメント (1)

2020年6月29日 (月)

袋井高の荒浪和彦監督が「育成功労賞」を受賞!

06281_20200629174001  日本高野連は26日、本年度の「育成功労賞」を発表し、静岡県からは袋井高の荒浪和彦監督が選ばれました。
 荒浪監督は島田高、日本大を経て教員に。周智高、榛原高、焼津中央高、島田高で監督を歴任しました。焼津中央では、1999年夏にチーム史上初のベスト8進出の実績を残しています。
 今年4月から鈴木彰洋前監督から引き継ぐ形で、袋井高の指揮をとっている荒浪監督。この夏の袋井高は投打のバランスが良く、上位進出も可能なチーム。ベテラン監督がどうチームを導くか注目です。(編集部・栗山)

<写真/荒浪和彦監督(袋井高)>

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

「静岡高校野球2020夏直前号」の表紙が完成!

06261  「静岡高校野球2020夏直前号」の表紙が完成しました! 
 県内の書店では7月8日発売予定です。今年は例年より発売が遅れてしまいましたが、その分、ページ数も増やし、特別仕様で製作しています。現在、最終の校正作業を行っていますので、目次や内容は来週にはアップできると思います。編集のラストスパート、頑張ります! 

★販売問い合わせ先
しずおかオンライン
電話 054-275-3335/FAX 054-275-1301 http://www.esz.co.jp/
※県内の販売はしずおかオンラインさんに委託しています。お問い合わせはしずおかオンラインさんにお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

静岡商・髙田琢登の練習試合初戦を見てきました!

06241   昨日は静岡商の最速148キロ左腕・髙田琢登の今季練習試合初登板をチェックしてきました。
 先発して2イニングにパーフェクトに抑え、上々のスタート。まだ試運転ながら最後の打者の際に、少し力を入れて142キロを計測しました。試合は髙田のあとを受けた、深澤歩夢勝亦赳太塚本礼史も無失点に抑える完封リレー。 「今日は投げることが楽しかった」という髙田は、7月11日開幕の大会に向けて「今日のように投手陣が力を合わせて全試合無失点に抑えたい」と意気込みを語ってくれました。ここからどこまでエンジンを上げていくのか。楽しみしかありません!(編集部・栗山)

<写真/練習試合初戦で2イニングをパーフェクトに抑えた髙田(静岡商)>

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

練習試合 常葉大菊川vs静清

06201_20200620214001  常葉大菊川が今年度、初の練習試合を静清と行い、2対0で勝利。3月に就任した石岡諒哉新監督が初陣を飾りました。
 エース左腕の渡邉優心が安定感のある投球で4回を無失点に抑えると、2番手の安田優斗も好投。そして、最終回は、最速143キロ左腕のイヤム・オリンがマウンドに上がります。すると、いきなり連続三振。四球を挟み、最後も三振に斬って取る圧巻の投球を披露しました。ストレートの威力と伸びが違います。
 打線は、ただフルスイングするだけでなく、石岡監督が目指す状況に応じた攻撃力が身についている様子。4回には相手エラーからチャンスを作り、犠飛で得点を挙げました。
06202  一方、静清は先発の高橋楽が気になった存在。身長187センチの大型右腕で角度があります。昨秋の県大会は背番号で18でベンチ入りしていますが未登板。こんな原石が眠っていたのかと驚きました。大学で一気にブレイクする予感がしました。(編集部・栗山)

<写真上/初陣を白星で飾った石岡諒哉監督(常葉大菊川)>
<写真下/長身右腕の高橋楽(静清)>

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

静岡商のシート打撃で見つけた隠し球!

 06071_20200607062201 代替大会開催決定から一夜明けた昨日、静岡商ではドラフト候補の髙田琢登がシート打撃でマウンドに上がりました。打者を相手に投げるのは約2カ月ぶりとのこと。7割程度の力の入れ具合ながら、143キロを計測しました。軽く投げてその数字もすごいですが、元気な姿を見ることができたのが何より。大会まであと一カ月。紅白戦、練習試合と段階を踏んでいく中で、どこまで進化していくのか。「静岡の宝」が迎える高校ラストサマーをしっかり見届けたいと思います。
06072  そのシート打撃、野手で目についたのは身長189センチの相原大地です。髙田晋松監督によると、「春の大会があればブレークする可能性があった」という大砲。昨秋は控えの内野手でしたが、一冬を越えて体のキレが少しずつ出てきているとのことでした。昨日は芯でとらえた打球があっという間に左中間を抜ける場面を何度も目撃しました。右の長距離砲は希少価値があると言われる中で、この相原は大学で大きく化ける可能性があるタイプ。今後も注目していきたいです!(編集部・栗山)

<写真上/シート打撃で登板した髙田琢登(静岡商)>
<写真下/快音を連発する相原大地(静岡商)>

| | コメント (1)

2020年6月 5日 (金)

静岡県の代替大会が決定!

 静岡県高野連は本日、臨時理事会を開き、第102回全国高等学校野球選手権大会の代替大会が決定しました。大会名は「2020夏季静岡県高等学校野球大会」。7月11日に開幕します。
 ベンチ入りは25人まで。7イニング制で行われるとのことです(タイブレークは8回から適用)。
 編集部では開幕に間に合わせるべく、『静岡高校野球2020夏直前号』の取材と編集作業を急ピッチで進めていきます。発売日など詳細が決まり次第、このブログでお知らせします!

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

球音を待つ静岡人⑧~高橋駿(山岸ロジスターズ)

 編集部が静岡の野球人を応援する企画。最終回は今春、山岸ロジスターズに入団した大型内野手の高橋駿です。
----------------------------------------

★岐阜リーグで2度ベストナインを獲得したスラッガー
「地元のチームから都市対抗に出たいんです」
 今春、山岸ロジスターズに入団した高橋駿はそう力強く宣言する。
 静岡西ではエース投手として活躍。3年夏は初戦敗退も、「このままでは終われない」と大学進学を決意した。
06021  岐阜聖徳学園大に入学すると、すぐに小山貴本監督の目に留まり、1年春から抜擢された。長打力を武器に、2年春と3年春にベストナインを獲得した。
 しかし、キャプテンを任された4年時は苦しむ。思うような結果を残せず、打順も4番から降格する試合もあった。
「チーム全体のことを考える中で、心の底から野球を楽しめていない自分がいました」
 当初、高橋は卒業後、企業チームでのプレーを目指していた。けれども、不調に加え、企業チームの壁は厚く、野球を続ける選択肢が狭まっていた。そんなときに声をかけてくれたのが、山岸ロジスターズの天野義明監督だった。
「自分を必要としてくれている。嬉しかったです。山岸さんのために頑張ろうと思いました」 

★見据える先は都市対抗予選
 チームには3月1日に合流した。7日のオープン戦(対ハナマウイ)では「4番サード」で出場すると、いきなり本塁打デビュー。ポテンシャル高さをアピールした。だが、全日本クラブ選手権予選の決勝(対浜松ケイスポーツBC)では無安打に。チームも2対4で敗れた。
06022  その後は新型コロナウイルスの影響で全体練習が休止となった。4月からは社会人としてもスタートし、ドライバーとして仕事を覚える日々が続く。
 そんな中でも、大学4年時の悔しさを胸に「野球を楽しむ」という原点に立ち返ってバットを振り続ける高橋。メジャーリーガーのアーロン・ジャッジ(ヤンキース)やマイク・トラウト (エンゼルス)のフォームを研究し、自分との違いを分析した。
 いよいよ6月6日から全体練習が再開する。見据える先は8月から始まる都市対抗予選だ。
「今はそこだけを見ています。とにかく、コイツはすごいなって思われる選手になりたいんです」
 夢はブレることなく、プロ野球選手になること。そのために、都市対抗に出場し、東京ドームでどでかい一発を放つ。
<写真上/岐阜聖徳学園大時代の高橋>
----------------------------------------------------

■高橋駿[たかはし・しゅん]
1997年9月15日生まれ、静岡県静岡市出身。小学1年時に「井宮ドジャース」で野球を始める。籠上中時代は3年春の中学選抜大会で県準優勝。静岡西ではエース投手で活躍する。岐阜聖徳学園大に入学後、1年春から公式戦に出場。2年春、3年春にベストナインを獲得した。182cm85kg、右投右打。

| | コメント (0)

«「静岡高校野球2020夏直前号」について