2022年5月22日 (日)

静岡大が全日本大学選手権出場を決める!

 静岡大が8年ぶり3度となる全日本大学野球選手権大会への出場を決めました!

東海地区大学野球春季選手権大会>

静岡大 5-0 皇學館大
皇學館大 2-1 中京学院大(延長10回タイブレーク)
静岡大 2ー1 中京学院大

05221

05222  東海地区大学野球春季選手権大会に静岡代表として出場した静岡大。第1試合の皇學館大(三重)戦は速水龍太(4年)が完封を飾り、5対0で勝利します。
 そして、勝てば全国大会出場が決まる第3試合では中京学院大(岐阜)と対戦。来年のドラフト候補に挙がる赤塚健利(掛川シニア出身/3年)に対し、初回に3番・佐藤啓介(3年)のセンター前タイムリーで先制します。さらに5回には1番・内田一希(4年) のタイムリーでリードを2点に広げます。
 投げては先発の加藤翔太(4年) が好投を見せます。相手の赤塚が草薙球場のスピードガンで150キロを連発する中、加藤のストレートは120キロ前後。それでも、「打たせてとることを意識した」と、ツーシームを巧みに使いながら中京学院大の強打者たちのタイミングを微妙にずらしていきます。
 淡々と凡打の山を築き、気づけば終盤に。迎えた9回、最後の打者を三振にきってとると、大きくガッツポーズを作り、捕手の安竹俊喜(2年)と抱擁を交わしました。
今春のリーグ戦で最優秀投手賞を獲得したエース・吉田哉太がこの日は教育実習の関係で不在。加藤は「吉田のお陰でこの東海大会に出場することができた。吉田を全国で投げさせたいという気持ちだけだった」と恩返しできたことを喜んでいました。

05223

 静岡大はここ数年で着実に実力をつけて、強豪大学と互角に渡り合うまで成長。2018年秋から指揮をとる高山慎弘監督は「毎年11月に静岡でオータムフレッシュリーグを開催していただき、そこで東京六大学などの強いチームと戦うことができたことが大きかった」と感謝の思いを口にします。
 浜松商出身の指揮官は「浜商野球で挑みます」と臨んだ今日の2試合。能力で上回る相手に対し、攻撃では機動力を使いながら緻密に攻め、粘り強く守り抜く野球は往年の「浜商野球」そのもの。まさに遺伝子が生きているような戦いぶりで全国切符を勝ち取りました。

 全日本大学野球選手権大会は6月6日に開幕。静岡大は東京ドームで行われる初日の第1試合で東日本国際大(南東北大学代表)と対戦します!(編集部・栗山) 

<写真上/優勝を決めてバッテリーを中心に喜び合う>
<写真中/好投を演じた加藤翔太(静岡大)>
<写真下/優勝旗を手にした静岡大の選手たち>

| | コメント (0)

2022年5月21日 (土)

定期戦 袋井vs袋井商

 今日は3年ぶりに開催された袋井と袋井商の定期戦を愛野球場で取材しました。
 以前はブラスバンドや一般生も球場に入り、雰囲気は夏の大会そのものという感じだったそうですが、今年は一般の観客のみ。それでも、多くの地元の野球ファンがスタンドに詰めかけ、この定期戦の注目度の高さを知ることができました。

★第45回袋井市長杯争奪市内高等学校野球定期戦
袋井 3-1 袋井商

05211  袋井・倉嶋拓実、袋井商・深谷実輝の両エースの先発で始まった試合。まず、袋井商が初回、3番・佐藤涼雅のタイムリーで先制します。一方の袋井は3回に磯部晨太郎のタイムリーで同点。さらに5回に2死二三塁のチャンスを作ると、5番・倉嶋がしぶとくセンター前に勝ち越し2点タイムリーを放ちました。
 その倉嶋は「打たせてとることを意識して投げた」と抜群の安定感を発揮して6回1失点の好投。体全体を使いながら投げ込む最速134キロのストレートは威力がありました。
 一方、袋井商・深谷の好投も光りました。スリークオーター気味の角度から手元でピッとくるストレート、曲がり幅の大きいスライダーが印象に残りました。
 両チームは、この4月に新監督が就任したばかり。袋井・木村幸靖監督、袋井商・久保田大二朗監督ともにチームに新しいエッセンスを加えている感じです。夏の大会までにどう仕上げてくるのか楽しみです!(編集部・栗山)

<写真/投打で活躍した倉嶋拓実(袋井)>

| | コメント (0)

2022年5月15日 (日)

掛川市内大会が開催されました!

 第19回掛川市内高等学校野球交流戦が本日、掛川球場で開催されました。掛川市長の久保田崇氏の「この4校の中から甲子園出場が実現することを願っている」と開会の挨拶があり、その後、熱戦が繰り広げられました。

<掛川市内大会>

掛川工 8-0 掛川東(7回コールド)
掛川西 16-1横須賀(7回コールド)

05151  第1試合は掛川工が春の県大会3位の掛川東に圧勝しました。打線で光ったのは1番・本村楓。初回の右中間への二塁打を皮切りに4打数4安打をマークしました。投げては左腕の杉井俊介が7回をわずか2安打に抑える好投を見せます。しっかりと腕を振り、内角に投げ込んで相手打線を抑えました。掛川工はゴールデンウイーク中に関西遠征に出向き、今春センバツに出場した市和歌山と対戦。敗れたものの、2対4と善戦したとのこと。豊田和晃監督は「強い相手でもやりようによっては勝負できると選手が感じてくれた」と夏に向けて手応えをつかんでいる様子でした。
 
 第2試合は掛川西が19安打16得点の猛攻を見せました。中でも3番・狩俣藍生が満塁本塁打を含む、4安打の大活躍。さらに、4番・羽切佑太朗も5安打と、中心選手が結果を出しました。「夏を前に球場で試合ができるありがたさを感じ、いい経験になった」と大石卓哉監督。春の大会は初戦で横須賀と対戦する予定でしたが、体調不良者が出たことで出場を辞退した掛川西。それだけに、この日はかなり気持ちが入っていた様子でした。(編集部・栗山)

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

春季県大会決勝&3位決定戦(5月8日)~草薙球場レポート

★決勝戦  浜松開誠館 7-4 静岡

05081  浜松開誠館が初優勝を飾った。初回に押し出し四球と9番・吉松礼翔のレフト前タイムリーで4点を先制。2回には3番・本多駿、4番・斎藤健介の連続二塁打で1点を追加する。さらに7回に4番・斎藤がレフトスタンドに本塁打を放ち、リードを広げた。一方の静岡は2番手の亀井海夏人が好投を見せ、8回には2死からの4連打で2点を返すも、反撃はそこまで。浜松開誠館は8回途中から主砲の静内龍之介がマウンドへ。140キロをマークした力強いストレートを武器に、試合を締めた。

浜松開誠館・佐野心監督
「自信になった部分はあったと思うが、課題も見つかった春の大会になった。まだまだ公式戦を勝ち上がる体力がない。バントの精度や内野守備を中心にもう一度鍛えていきたい」

<写真/レフトスタンドに本塁打を放った斎藤健介(浜松開誠館)>

★3位決定戦 掛川東 7-6 静清

05082  掛川東が逆転勝ちで夏の第3シードを獲得した。3点を追いかける8回に代打・谷口大容のタイムリーなどで同点に追いつく。その裏、1点を失うも、9回2死満塁から再び谷口が泳ぎながらもライト前にしぶとく持っていき、2者が生還した。投げては2年生の加藤敦也が最後まで粘り強く投げ続けた。

掛川東・世古雄馬監督
「加藤には信頼を勝ち取ってほしいと思って最後まで投げさせた。色々なメンバーを使いながら、強豪の静清さんに勝てたことは自信になると思う」

<写真/粘り強い投球で完投した加藤敦也(掛川東)>

| | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

春季県大会準々決勝(5月5日)~草薙球場レポート

 高校野球の春季県大会は準々決勝が行われ、掛川東、静岡、静清、浜松開誠館が勝利しました。

★第1試合  静岡 3-1 常葉大橘

05051_20220505174101  静岡は先発の法月彰弘が5回まで無安打に抑える快投。変化球を軸に相手打線に的を絞らせず、最後まで投げ切って完投を飾った。打線は5回に1番・山本和輝のタイムリー二塁打で先制。6回、7回にも効果的に得点を加えた。

静岡・池田新之介監督
「法月は成長の様子が見て取れるピッチングだった。もっともっと勝てるピッチャーになってもらいたい。この春は1試合でも多く公式戦を戦いたいと思っている。県大会のあと2試合、夏に繋がる戦いをしていきたい」

<写真/1失点完投を飾った法月彰弘(静岡)>

★第2試合  浜松開誠館 4-3 日大三島

05052_20220505174501  浜松開誠館がセンバツ出場校の日大三島を撃破した。3点を追いかける3回、4番・本多駿、5番・斎藤健介の連続タイムリーなどで同点に。6回には1番・廣﨑漣のタイムリーで勝ち越した。投げては2番手の廣瀬が3回を無失点に抑えると、6回からエース・山口祥吾が気迫の投球で相手打線を封じた。

浜松開誠館・佐野心監督
「夏を見据えてベスト8からの3試合でいかに自分たちの野球ができるかが大切になってくると、選手たちに言ってきた。そういう意味ではまだまだだった。それでも1点差で試合を拾えたのは大きい」

<写真/打っては4安打、投げては3回を無失点に抑えた廣﨑漣(浜松開誠館)>

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

東海大静岡翔洋中が2冠達成!

 全日本少年軟式野球県大会の決勝戦が本日行われ、東海大静岡翔洋中が高台・佐鳴台中を下して優勝。昨秋の県大会に続く2冠を達成しました。

★5月3日 全日本少年軟式野球県大会決勝戦 

  チーム
高台・佐鳴台中 0 0 0 0 5 0 0 5
東海大静岡翔洋中 0 1 0 2 2 2 × 7 
05031_20220503222701

 試合は決勝戦に相応しい接戦に。東海大静岡翔洋中が3点を先制するも、高台・佐鳴台中は5回に反撃。押し出しで1点を返すと、さらに満塁から1番・隈本秀我が左中間に柵越えの本塁打を放って逆転に成功します。
 それでも、東海大静岡翔洋中はその裏、2番・伏見響のタイムリーで同点に追いつくと、6回にも2点を挙げて勝ち越し。7回は3番手の川島孝太が締めて、県王者の座を死守しました。「選手たちはこの大会にかける強い気持ちを持っている」と寺崎裕紀監督。東海大会に向け、「もう一度作り直していきたい」と気を引き締めていました。東海大会も制し、全国大会の舞台となる横浜スタジアムへの切符を勝ち取って欲しいと思います。
05032_20220503223101  敗れはしましたが、高台・佐鳴台中は逸材が多く、もう一度、夏の中体連で見たいチーム。先発した隈本は投げっぷりがいい右腕。強打の東海大静岡翔洋中を苦しめたストレートは球威がありました。また6回にマウンドに上がった左腕の中村恒太がバランスのいいフォームを持つ本格派タイプ。隈本がマウンドに上がっている際は、左投げながら遊撃を守る野球センスの良さが魅力です。今後、注目される選手になりそうです!(編集部・栗山)

<写真上/2冠を達成して喜び東海大静岡翔洋中ナイン>
<写真下/投打で活躍を見せた隈本秀我(高台・佐鳴台中)>

| | コメント (0)

2022年4月30日 (土)

春季県大会2回戦(4月30日)~清水庵原球場レポート

★第1試合  掛川東 5-4 駿河総合

04301_20220430192101  掛川東が接戦をものにして3回戦進出を決めた。1対1で迎えた6回、2死二三塁から4番・山﨑廉隼のセンター前タイムリーで2点を勝ち越し。さらに5番・谷口大容の三塁前へのセーフティスクイズで1点を追加した。投げては先発の宇田篤史が力強いストレートを武器に7回1失点の好投。8回に1点差まで詰め寄られたが、最後は平尾優成が締めた。注目左腕・原崎翔洋の対策として、この1週間、スピードボールを打ち込んできたという掛川東。次戦の加藤学園に向けて世古雄馬監督は「昨夏に負けている相手。先輩たちの思いを背負って戦ってくれると思う」と気を引き締めた。

<写真/勝ち越しタイムリーを放った山﨑廉隼(掛川東)>

★第2試合 浜松開誠館 12-0 富士(6回コールド)

04302_20220430192301  浜松開誠館はエース左腕の山口祥吾が投打で活躍した。投げては5回を1安打に抑える好投。打っては3回にライトスタンドに本塁打、5回にもタイムリー安打を放った。スタンドでプロのスカウトが目を光らせる中、アピールしたのが3番打者の静内龍之介。第3打席、第4打席ともに猛烈な打球の二塁打をレフト方向に放った。一方の富士は技巧派左腕の松﨑登生が3回を1失点に抑えたが、浜松開誠館の強力打線の前に苦しい展開に。4月に就任した稲木恵介監督は「選手たちが県大会のレベルを知っただけでも大きい。夏に向けて少しでも差を縮めていきたい」と収穫を口にして球場を後にした。 

<写真/投打で活躍を見せた山口祥吾(浜松開誠館)>

| | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

春季県大会2回戦(4月29日)~掛川球場レポート

 春季県大会2回戦が行われました。掛川球場は初戦で優勝候補の常葉大菊川と御殿場西がいきなり激突。バックネット裏が満員となる中、好ゲームが繰り広げられました。なお、第2試合(浜松日体対島田商)は雨のため、明日に順延となりました。

★第1試合  御殿場西 7-5 常葉大菊川

04291  御殿場西が逆転勝ちで初戦を突破した。勝負強い打撃で6打点を挙げたのが久松凌大だ。4回に満塁から走者一掃のタイムリー三塁打を放つと、1点を追う8回も2死満塁からライト線へタイムリー三塁打。これが決勝打となり、試合後は「菊川相手に勝てて嬉しい」と笑顔を見せた。投げては左腕の藁科優斗が力強いストレートとキレのある変化球を武器に力投。9回は最後の打者を打ち取ると、大きくガッツポーズを作った。一方の常葉大菊川は「4番キャッチャー」の鈴木叶が7回にレフトスタンドに2ラン本塁打。プロ注目の安西叶翔が5回からマウンドに上がり、140キロ台中盤の剛球を武器に7三振を奪ったが、相手の粘りに屈した。

御殿場西・森下知幸監督
「藁科がようやく安定してきた。今日は雨の状況が悪い中でも良く投げてくれたと思う」

<写真/8回に逆転タイムリーを放って喜びのガッツポーズを作る久松凌大(御殿場西)>

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

春季県大会1回戦&2回戦(4月23日)~清水庵原球場レポート

 春季高校野球の県大会が本日開幕しました。清水庵原球場は静清と島田商がコールド勝ちを飾りました

★第1試合  静清 8-1 吉原(7回コールド)

04231   静清は0対0で迎えた4回、5番・高橋尚志のタイムリー三塁打で先制。高橋は5回のチャンスでも2点タイムリーと勝負強さを発揮した。この試合は3安打3打点と好調。大会直前の都日野(東京)との練習試合で逆方向となる左中間に本塁打を放って手応えを掴んでいたとのこと。試合後は「まずはシードを獲りたい」と、次戦に向けて気持ちを高ぶらせていた。投げては186センチの長身右腕・久保陸弥が角度のあるストレートを投げ込み、6回1失点に抑える好投を見せた。

<写真/先制のタイムリー三塁打を放った高橋尚志(静清)>

★第2試合 島田商 10- 0 小山(6回コールド)

04232  島田商は初回に3点を先制すると、なおも満塁から2年生の9番・中山絢斗がセンターオーバーの三塁打。この回、一挙6点を奪って試合の主導権を握った。守備力を買われて1年夏から公式戦に出場する中山。この日は持ち味の守備範囲の広さに加え、バットが内から出るシャープな打撃でもチームに貢献した。また、身長187センチの注目サイド左腕・田村勇翔は「状態が悪いなりに試合を作ることができた」と、5回3分の2を2安打に抑えた。

<写真/3安打3打点の活躍を見せた田村勇翔(島田商)>

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

専修大・肥沼竣(加藤学園出身)がリーグ戦初先発!

 今日は東都リーグ2部の取材で大田スタジアムに行ってきました。立正大と専修大の注目の一戦。両チーム1勝1敗で迎えた第3戦でした。

04181  この大事な一戦で専修大の先発を任されたのが加藤学園出身の肥沼竣(2年)。「2020甲子園交流試合」で甲子園のマウンドを踏んだ本格派右腕です。
 リーグ戦での初先発。 「状態はまずまずだった」と、初回は三者凡退に。しかし、2回に1点を失うと、3回にはソロ本塁打を浴びます。それでも、その後のピンチをしのぎ、3回被安打2で2失点という結果でマウンドを降りました。
 春先のオープン戦から好調で先発の座を勝ち取った肥沼。今日は自己最速となる145キロを計測。相手の1番打者・奈良間大己(4年)に対しては果敢に内角をつくなど、淡々と投げる中で持ち味の強気な姿を見ることができました。
 高校3年時に比べて体が引き締まった印象。本人によると、体重は変わっていないそうで、「その分、筋肉になっていると思います」とのこと。今日はマスクを被りませんでしたが、先輩の夏目大(4年)は「いい球を投げるんです。これからもやってくれると思います」と期待を寄せていました。

04182  また、「静岡高校野球2021春号」で表紙を飾った立正大の奈良間は安打こそ出ませんでしたが、随所で奈良間らしさを発揮。敗戦後、ものすごく悔しそうな顔つきが印象に残りました。
 今春の立正大は、キャプテンの奈良間の影響か、1球1球に対する執念がすさまじいです。誰よりを負けず嫌いな男。このままでは終わらないはずです。次週からチームをどう巻き返してくるのか。注目していきます!(編集部・栗山)

<写真上/リーグ初先発を飾った肥沼竣(専修大)>
<写真下/気迫漲るプレーを見せた奈良間大己(立正大)>

| | コメント (0)

«浜松ボーイズが第1回遠州トラック杯を制す!