2024年5月12日 (日)

日大国際関係学部が2季連続リーグ優勝!

 大学野球の静岡リーグは日大国際関係学部が昨秋に続く28度目のリーグ優勝。東海地区大学野球春季選手権大会兼全日本大学野球選手権大会代表決定戦(5月25日開催予定・岐阜長良川球場)への出場を決めました。

05121

05122  勝てば優勝の決まる今日の大一番で好投を見せたのは林京平(3年)でした。立ち上がりからエンジン全開。ベース盤上での強さを感じるストレートが低めに決まり、5回まで無安打8奪三振。初回の3点の援護があり、スイスイと投げていきます。中盤以降は走者を背負いながら無失点に。9回1死で降板して完投はできませんでしたが、東海地区大会に向けて期待が持てる投球でした。
 日大国際関係学部は、数年前の黄金時代のような強さが戻ってきました。「みんな勝負強くなってきている」と話すのは復帰2年目となる和泉貴樹監督。守備は簡単に得点を与えず、攻撃はコツコツと得点を挙げる。目指している野球が浸透してきているようでした。東海地区大会も勝ち抜き、県勢では2022年の静岡大以来となる全国出場を果たしてほしいと思います。
 一方、勝てばプレーオフに持ち込むことができた静岡産業大。あと一歩及ばなかったものの、9回の土壇場から一挙5点を奪う猛攻は見事でした。「エンジンのかかるのが遅かった。悔しいけど良くやってくれた」と萩原輝久監督。この春、ケガから復帰した注目のスラッガーの渡邉笑生(3年)はDHで出場し、9回にライト前に気持ちで持っていく安打を放ちました。まだ本調子には程遠いですが、秋は1年時のような大爆発を見たいです。(編集部・栗山)

<写真上/2季連続優勝を決めて喜ぶ日大国際関係学部の選手たち>
<写真/好投した林京平(日大国際関係学部)>

| | コメント (0)

2024年5月 9日 (木)

専修大・廣﨑漣(浜松開誠館出身)がリーグ戦デビュー!

05091 浜松開誠館出身の廣﨑漣(専修大)が今日9日のリーグ戦でデビューを飾りました。
 立正大戦に「9番センター」でスタメン出場。第1打席で四球を選ぶと、第3打席はきっちりと送りバント成功。そして、第4打席にレフト方向に初安打を記録しました。
 昨夏の甲子園では投打に渡る活躍を見せた廣﨑。大学入学前に取材した際、「4年後に支配下でプロに行きたい」と話していますが、まずは好スタートを切りました。また、今日は同じ浜松開誠館出身の新妻恭介(中央大)も「7番DH」で初スタメン。ともに今後が楽しみです!

<写真/初出場で安打を放った廣﨑漣(専修大)>

| | コメント (0)

2024年5月 5日 (日)

【春季高校野球】加藤学園がタイブレークを制して連覇!

05051_20240505185101

 春季高校野球県大会の決勝戦は加藤学園が延長10回タイブレークの末に、静岡高を下しました(2対1)。昨年の春に続き、2年連続優勝となりました。
05052_20240505185401 今大会初先発の小澤亨彦は初回に1点を許したものの、「丁寧にストライク先行の意識で投げようと思った」と2回からはストレートが低めにビシビシと決まっていきます。すると、加藤学園は5回に相手のミスから同点に追いつきます。
 そして1対1で迎えた延長10回。加藤学園は表の守備を小澤が無失点に切り抜けると、その裏、先頭の5番・小室太陽が意表を突くヒッティング。「あれだけ野手が近づいてきたらバントは無理だろうと思いました」。ゴロを打てば抜けてくれるという確信を持った一打がセンター前へ。満塁にチャンスが広がります。
 1死後、7番・屋海州の打球はショートゴロで三塁走者はアウトとなりますが、捕手の一塁送球間に二塁走者の小室が一気に生還。50m6秒2の俊足を発揮して、勝利をもぎ取りました。

 一方、準優勝の静岡高は投手陣の層の厚さを印象付けた大会となりました。今日は2年生左腕の吉田遥孔が5回1失点とゲームを作り、その後にマウンドに上がった梅澤和茉増田煌太朗中野桜佑も安定。今日は登板がありませんでしたが、エースの谷脇健心は準決勝の浜松開誠館戦で完封しています。加藤学園とともに出場する東海大会も楽しみです。

 また、3位決定戦は浜松開誠館が勝利(9対2)。左腕の松井隆聖が8回を1失点。9回は身長190センチの伊波龍之介が141キロを計測して抑えの役割を果たしました。昨夏の優勝チームが、残り数カ月でどうチームを仕上げてくるのか注目です。(編集部・栗山)

<写真上/サヨナラ勝ちを喜ぶ加藤学園の選手たち>
<写真下/延長10回を一人で投げ抜いた小澤亨彦(加藤学園)>

| | コメント (0)

2024年4月27日 (土)

【春季高校野球】ベスト8が決まる!

 春季高校野球はベスト8が出揃いました。
東海大静岡翔洋/浜松工/加藤学園/藤枝明誠/静岡商/浜松開誠館/静岡/日大三島

----------------------------------------

04271  磐田球場の第1試合は浜松開誠館が浜松商を下しました(6対0)。2回に相手のミスから1点を先制した浜松開誠館。5回に6番・大迫翔輔のタイムリー二塁打などで一挙4点を追加すると、7回には3番・塚田暖琉が左中間に本塁打を放ちます。投げては、身長190センチの長身右腕・伊波龍之介が6回を無安打に抑える快投を見せました。昨年秋に比べて、リリースでの力強さが加わった印象。まだ未完成が部分はありますが、スケール感は半端ないです。一方、浜松商のプロ注目の曽布川ザイレンも存在感を発揮しました。今日はNPB3球団のスカウトがスタンドで見守る中で1安打に終わりましたが、体の強さと打球スピードは別格。相手の浜松開誠館のベンチから「いいバッターだよ。シングルならオッケー」という声が飛ぶほどでした。
04272
 続く第2試合は息詰まる投手戦の末、藤枝明誠が飛龍に勝利しました。0対0のまま、タイブレークに突入。藤枝明誠は延長10回、9番・井手尾哲兵の犠飛で1点を勝ち越すと、その裏を守り切りました。先発の日吉結雅は得意の変化球を生かした投球で10三振を奪い、昨秋の県大会の準々決勝以来となる完封。「1点もやれないという気持ちで我慢して投げることができた」と、昨秋王者の意地を感じさせる力投でした。
 敗れたものの、藤枝明誠を追い詰めた飛龍の頑張りも光りました。前の試合でエース左腕の小曲智大が故障して苦しい台所事情の中、先発の石川歩夢と2番手の関根空が相手打線を9回まで抑えたのは大きな収穫。野手もポテンシャルのある選手が多いだけに、夏のダークホースに挙がってきそうです。(編集部・栗山)

<写真上/本塁打を放ってガッツポーズの塚田暖琉(浜松開誠館)>
<写真下/最後まで粘り強い投球で勝利に導いた日吉結雅(藤枝明誠)>

| | コメント (0)

2024年4月23日 (火)

データから紐解く新規格バットの影響

 夏の大会のシード16校が決まりました。
 知徳/東海大静岡翔洋/浜松工/常葉大橘/掛川西/加藤学園/飛龍/藤枝明誠/駿河総合/静岡商/浜松商/浜松開誠館/静岡/磐田東/川根/日大三島

 さて、今春より採用された低反発の新規格のバット。県予選から見てきて、やはり飛ばない印象があったのですが、実際にどの程度、影響しているのか気になりました。そこで昨年と今年の春の県1、2回戦の打撃データを比較してみました。出場しているチームの力、相手との兼ね合い、球場、天候などの違いはありますが、参考程度に作ってみました。 

04231_20240423182501

 本塁打数が8本から2本に減少。一方で三塁打と犠打数が増えていました。県大会を通してどのような数値に変化していくのか。引き続き、データを収集していきたいと思います。(編集部・栗山)
 

| | コメント (1)

2024年4月21日 (日)

【春季高校野球】常葉大橘の木下が自己最速の143キロを計測!

04211  春季県大会の2日目は草薙球場へ。今日のお目当ては常葉大橘の木下瑞貴でした。
 初回に1点を許すも、2回以降は無失点。前半は130キロ台後半のストレート中心で押し、中盤以降は変化球を絡めていきます。そして、1点リードで迎えた9回になるとギアを1段階上げます。投げるごとに球速が上がり、自己最速となる143キロを計測。しかし、2者連続三振のあと、味方のミスをきっかけに同点とされ、タイブレークへ。11奪三振で7対4で勝利したものの、「今日の出来は50点くらい」と満足していない様子でした。今大会のテーマはエースとして1試合を一人で投げ抜くこと。そこに向けての課題も見つかったようでした。
 身長183センチの長身に加え、柔らかくしなやかなフォームが魅力です。まだ体が出来上がっていないだけに、大学で150キロを超えていくイメージを持てる本格派。ブレークの予感がしました。

04212  第3試合は静岡高が掛川東相手に逆転勝ちを飾りました。流れを引き寄せたのは2年生の吉田遥孔。「U-15フジヤマBBC」時代から注目してきた左腕です。
 2対2で迎えた7回からマウンドに上がり、打者10人に対して許した安打は1本のみ。池田新之介監督によると、県予選では不本意な投球に悔しさから涙を流したこともあったそうです。県大会に向けて投げにいく際に右肩を捕手に向けるイメージを持つことでコントロールを磨いてきたとのこと。今日はフォーム全体に躍動感があり、強いストレートが低めに集まっていました。特に、右打者へのクロスファイヤーが冴え、打者はわかっていても手が出ない感じでした。
 今年の年明けには138キロをマーク。体のエンジンが大きく、スケール感があるだけにどこまで飛躍するのか楽しみです!(編集部・栗山)

<写真上/勝利に安堵の表情を浮かべる木下瑞貴(常葉大橘)>
<写真下/好リリーフを見せた吉田遥孔(静岡)>

| | コメント (0)

2024年4月20日 (土)

【春季高校野球】川根が46年ぶりのシード権獲得!

 春季高校野球の静岡県大会が開幕しました。
 掛川球場では、川根が星陵をタイブレークの末に下し、1978年以来となる夏のシード権を獲得しました。
 
04201  歴史の扉を開いたのは、鍛えてきたバント攻めでした。今日は計13個の犠打を成功。確実に走者を次に塁に進めて得点に繋げる攻撃を展開しました。
 4対4で延長戦へ。タイブレークの延長10回と11回はともに表と裏に「2」の数字が並びます。8対8となり、延長12回は星陵が1点を勝ち越し。その裏でした。川根は満塁から押し出し四球を選んで同点に追いつくと、なおも満塁から1番・藤田奏琉がスクイズ。プッシュ気味に決まり(記録は投手前安打)、サヨナラ勝ちを決めました。
 46年ぶりのシード権獲得。4月から指揮をとる野田雅人監督は試合後、「信じられない。子供たちが成長してくれている」と驚きの表情を浮かべていました。就任後、3月末までチームを率いた森下和光前監督の野球を踏襲しながら、「自分なりの味付けをした」と、とにかく毎日バント練習を繰り返してきたとのこと。その成果を見事発揮しました。
 次は日大三島監督と対戦。日大三島の永田裕治監督は、野田監督の中京大の先輩にあたり、「対戦したかった」と話します。どう立ち向かっていくのか注目です。(編集部・栗山)

<写真/バント安打でサヨナラを決めた川根の藤田奏琉(写真右)>

| | コメント (0)

2024年4月19日 (金)

【くふうハヤテベンチャーズ静岡】球団初のサヨナラ勝利!


04191

 阪神を初めて本拠地に迎えた今日の「くふうハヤテベンチャーズ静岡」。9回にドラマが待っていました。3点を追いかける中で、4番のブラウリオ・バスケスのタイムリーでまず1点を返すと、なおも無死満塁から代打の倉本寿彦が同点打を放ちます。そして、最後は途中出場の福田秀平が左中間を破るタイムリー。「チームメートが繋いでくれた場面で、期待に応えることができて良かった」と倉本。頼れるNPB経験者が球団初のサヨナラ勝ちを決めてくれました。


04192  逆転への流れを作ったのが、8回にマウンドに上がった東海林碧波。ケガで出遅れていた関係で今日が初登板となりました。1イニングを投げて無失点。キレのあるストレート武器に2三振を奪いました。早稲田大出身の身長197センチの超長身左腕。なかなか見ない角度で初見の打者は苦労するタイプです。今日は約半年ぶりの実戦マウンドだったとのこと。「まだまだ課題だらけ。一つ一つ成長していきたい」と気を引締めていました。(編集部・栗山)

<写真上/球団初のサヨナラ勝ち。福田秀平と倉本寿彦が喜びのタッチをする>
<写真下/初登板で1イニングを無失点に抑えた東海林碧波>

| | コメント (0)

2024年4月14日 (日)

湖西の好左腕・佐々木が県大会に向けて上々の仕上がり!

 25年ぶりの春の県大会出場を決めた湖西。エースを務めるのが好左腕として注目される佐々木琉嘉(2年)です。県大会前、最後の登板となった今日の練習試合を見てきました。

04141  相手の富士宮東がバットをしっかりと振ってくる中で5回まで毎回奪三振。体全体を使った躍動感たっぷりのフォームから投げ込むストレートは高めで空振りが取れ、同じ腕の振りからのチェンジアップもキレていました。9回まで投げ切って2失点完投。昨日の浜松商との練習試合ではプロ注目の曽布川ザイレンに一発を浴びたものの9回2失点と、2日連続の好投で上々の仕上がりぶりをアピールしました。
 可美中時代は日大三島に進んだ東海林啓太との2本柱として活躍。湖西入学後、球速アップのトレーニングを積み、今は130キロ手前まで伸びてきているそうです。
 湖西はこれまで、秋春の県大会で勝利がありません。チームの命運を握る佐々木は「まずは1勝して歴史を作りたい」と気持ちが高ぶっていました。

 一方、富士宮東はHonda鈴鹿でプレーし、都市対抗3度出場経験を持つ杉本政紀氏が監督に就任。どんな新しい風を吹かせてくれるのか楽しみです!(編集部・栗山)

<写真/本格派左腕の佐々木琉嘉(湖西)>

| | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

【浜松北浜松西定期戦】公式戦未登板の青島が完封勝利!

★4月13日 第44回浜松北浜松西定期戦 浜松球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
浜松西 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
浜松北 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(西)青島-中村
(北)大石-田村
▽三塁打=鈴木真(西)
▽二塁打=宮澤夏(北)

 44回目を迎える浜松北と浜松西の定期戦が浜松球場で開催されました。
04131_20240413195301  先制したのは浜松西。初回、2死一塁から4番・鈴木真介(3年)がライト線へ三塁打を放ちます。さらに2回にはエラーで出塁した走者を3塁に置き、8番・齋藤悠成(2年)の二塁ゴロの間に走者が生還します。
 浜松西の先発は青島真那翔(3年)。前半は毎回走者を許したものの、粘り強い投球でピンチを切り抜けていきます。ストレートの球速は120キロ台も、テークバックが小さく、それでいてベース上での球の強さを感じるパワーピッチャー。ブレーキのきいたカーブも効果的に使って相手を苦しめていきます。中盤を乗り越えて無失点のまま終盤へ。9回、最後の打者をファーストにフライに打ち取ると、快心のガッツポーズで喜びを表現しました。
041302  これだけの快投を見せたのですが、実は公式戦での登板はこれまで一度もないそうです。昨年11月にヒジを故障し、冬の期間は外野でひたすら走り込み。「それで下半身が強くなりました」とまさにケガの功名で、土台が出来上がり、不安定だった制球がまとまるようになったとのこと。春の大会は登板機会がなく、「夏に向けて自分の力を試したかった」と臨んだ今日のマウンド。佐藤光監督は「ナイスピッチングだった」と褒め、本人も「まだボールの高さに納得はできませんが、自信にはなりました」と手ごたえを感じていました。

041303  一方、浜松北の先発・大石誠(2年)も3回以降は得点を許しませんでした。緩いボールを巧みに使い、要所を締めた投球。11年ぶりの出場する春の県大会(20日開幕)でも持ち味を発揮してほしいです。(編集部・栗山)

<写真上/初回にタイムリー三塁打を放つ鈴木真介(浜松西)>
<写真中/最後の打者を喜ぶ青島真那翔(浜松西)>
<写真下/力投した大石誠(浜松北)>

| | コメント (0)

«【ボーイズリーグ】中日本大会出場の4チームが決まる!