2021年12月 6日 (月)

ボーイズ準決勝で見た注目選手!

 ボーイズリーグの春季全国大会県支部予選は菊川ボーイズが2年ぶりに優勝。来春の全国大会出場を決めました。4日に行われた準決勝2試合を取材しましたので、印象に残った選手を紹介したいと思います。

12063  第1試合の島田ボーイズと下田ボーイズは緊迫感のある投手戦となりました。島田ボーイズは下級生時から注目の増田煌太朗が5回無失点。躍動感のあるフォームが魅力で、ストレートは浜松球場のスピードガンで129キロを計測。ピンチの場面では一段階ギアが上がり、まさに本格派らしい本格派でした。80球という投球制限のある中で、6回からセンターの守備へ。7回の1死一三塁のピンチの場面ではセンターにフライが上がると、増田がホームへ送球。「さすが増田」という勢いのあるボールを投げましたが、惜しくもセーフでサヨナラ負け。全国大会出場を逃し、試合後は悔し涙を流していましたが、来年の春はさらにパワーアップして戻ってきてほしいと思います。
12061  一方、下田ボーイズの佐野恭太郎の投球も見事でした。7回を1失点に抑え、創部10年目にしてチームを初の決勝進出に導きました。球威のある剛腕型投手。現在身長は173センチで渡邉夏樹監督によると、小学生の時から、周りに比べて体が飛び抜けて大きかったそうです。持っているエンジンが大きく、パワーで押せる投手ですが、それだけではありません。「投球制限があるので打たせて取ることを意識した」と、カーブ、スライダー、チェンジアップの変化球を器用に操っていました。翌日の決勝戦でも好投したとのこと。今後も注目していきたい選手です。
12062  続く、第2試合で目を引いたのは、菊川ボーイズの「1番ショート」で出場した山本暁斗。打撃、守備ともに形がきれいな選手でした。第4打席でサード強襲の安打。打球スピードの速さに驚きました。この日はリリーフとしてマウンドに上がり、相手の反撃を退ける好投も見せました。
 また、府中ボーイズの先発投手・大石隆太も印象に残りました。右サイドから緩急をうまく使いながら、相手のバットの芯を外していきます。中学生レベルではなかなか見ない大人の投球でした。(編集部・栗山)

<写真/上から増田煌太朗(島田ボーイズ)、佐野恭太郎(下田ボーイズ)、山本暁斗(菊川ボーイズ)>

| | コメント (0)

2021年11月30日 (火)

【都市対抗野球】ヤマハ、初戦で姿を消す

 都市対抗野球大会の大会3日目。ヤマハは初戦で日立製作所と対戦しました。

11301_20211130174501

★11月30日 第92回都市対抗野球大会 1回戦 

  チーム 8 9
日立製作所 0 0 0 1 2 1 0 0 0 4
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(日)岡、田川-川本
(ヤ)九谷、近藤均、ナテル-川邉
▽二塁打=野中(日)網谷、前野(ヤ)
▽本塁打=大塚2、豊田(日)

11302  「うまく流れをもってこれなかった」と室田信正監督。初回の攻撃が最後まで響きました。相手投手の立ち上がりをとらえ、先頭の青柳直樹、2番・貞光広登(Honda鈴鹿からの補強)、3番・前野幹博の3連打で無死満塁のチャンスを作ります。一気に畳みかけたいところでしたが、後続が倒れ、先制点を奪うことができませんでした。先発はベテランの九谷青孝。「相手によく研究されていることが分かった」と、本来の技巧的な投球から攻めの投球に切り替えて3回まで無失点に抑えたものの、4回に本塁打を浴びて先制点を許します。その後、2番手の近藤均(王子からの補強)も相手打線を止められず失点。7回からマウンドに上がったフェリペ・ナテルが7回の三者連続三振を含む3イニングで7奪三振と気を吐きますが、打線のつながりを欠き、完封負けを喫しました。

<写真上/初戦で敗退したヤマハの選手たち>
<写真下/リリーフで登板し、好投を見せたフェリペナテル>

| | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

東海大静岡翔洋中が2年連続V!

 第23回静岡県中学校新人野球大会の準決勝、決勝が27日に焼津球場で行われました。すでに、吉原東・吉原第三中(東部1位)、東海大静岡翔洋中(中部1位)、浜松開誠館中(西部1位)が来春の全国出場を決めている今大会。残りの1枠は初倉・川根・中川根中が掴みました。

<準決勝>
東海大静岡翔洋中 2-1 浜松北部・可美中
初倉・川根・中川根中 5-0 富士宮一中

<決勝>
東海大静岡翔洋中 3-2 初倉・川根・中川根中

11281_20211128102801

11282  チームを全国に導く快投を見せました。初倉・川根・中川根中の山崎功太。準決勝で先発すると、四球で走者を一人出しただけのノーヒットノーランを達成。低めに集まるストレートの球威、打者の胸元に攻め込む勝負根性が光りました。3校合同チームの主将としてチームを引っ張り、「全国でも自分たちの野球をやって勝ちたい」と堂々と話す山崎。今後が楽しみな選手がまた一人、登場しました。
 
 決勝戦は東海大静岡翔洋が初倉・川根・中川根中を下し、2年連続4度目の優勝を飾りました。先発は、178センチの長身右腕・久保山弥。立ち上がりは少し球のばらつきがありましたが、「2回からはマウンドの感覚があっていつも通りのピッチングができた」と4回を1安打無失点の好投。攻撃陣は1年生で唯一ベンチ入りしている「3番ライト」の伏見響が初回、1死三塁から右中間に先制のタイムリー二塁打を放ちました。7回、最後の1イニングを任されたのは左腕の加藤瑞己。腕がしなるバランスのいいフォームから力強いストレートを投げ込んで三者連続三振に斬ってとりました。
11283  来春の全国大会を見据え、県大会では多くの選手に経験を積ませることを優先したという東海大静岡翔洋。寺﨑裕紀監督が「ウチの絶対的エース」という桑原拓海を故障で欠きながらも、層の厚さを見せつけました。
 昨年は全国大会に2度出場しながらもいずれも初戦で敗退。主将の久保山は「まずは全国1勝。そこから全国制覇を目指します」と気持ちを高ぶらせていました。(編集部・栗山)

<写真上/2年連続で優勝した東海大静岡翔洋中ナイン>
<写真中/ノーヒットノーランで全国出場を決めた山崎功太(初倉・川根・中川根中)
<写真下/3者連続三振を奪った加藤瑞己(東海大静岡翔洋中)>

| | コメント (0)

2021年11月24日 (水)

三村杯は富士宮北が優勝!

  第32回三村旗争奪野球大会の決勝戦が21日に行われ、富士宮北が富士宮東を14対6で下し、参加25チームの頂点に立ちました。

11241_20211124094301  決勝戦は富士宮北と富士宮東の富士宮対決。富士宮北は序盤に4点のリードを許すも、4回に2点を返します。さらに5回に満塁のチャンスを掴むと、3番・遠藤玲空が「自分で決めたかった」と走者一掃のタイムリー二塁打を放って逆転。この回、一挙に5点を奪いました。
 その後、遠藤は2番手としてマウンドへ。体全体を使ったバランスのいいフォームから最速136キロのストレートを勢いよく投げ込みます。9回は2点を失いましたが、最後の打者を打ち取ると、両手を大きく突き上げて喜びを表現しました。
 中学時代は「フジヤマBBC」でプレーした遠藤。当時は遊撃手としてプレーしましたが、ヒジ痛に苦しみます。「高校ではピッチャーをやりたかった」と中学3年時に思い切って右ヒジを手術。今は完治し、全力で腕を振り切ることができています。
 この秋の東部大会では日大三島相手にリリーフで登板。試合は敗れたものの、その後、東海大会で優勝する相手に好投したことで自信をつけたそうです。「冬に力をつけて来年は140キロを出したい」といい、「やっぱり、静高の吉田(優飛)とやって最後は勝ちたいです」と、かつてのチームメートとの対決に向けて腕を磨くことを誓ってくれました。(編集部・栗山)

<写真/投打で活躍した遠藤玲空(富士宮北)>

| | コメント (0)

2021年11月22日 (月)

日大三島、初戦敗退も持ち味を発揮

 日大三島が県勢としては2017年の静岡高以来となる明治神宮大会に出場。今日の初戦では九州地区代表の九州国際大付と対戦しました。

11221

★11月22日 第52回明治神宮大会 2回戦 

  チーム 8 9
日大三島 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
九州国際大付 0 1 1 0 0 0 0 0 × 2

(日)松永-野田
(九)香西-野田
▽二塁打=京井(日)
▽本塁打=大島(九)

11222  日大三島は2回に先制点を許すも、直後の3回に9番・野田優磨がレフト前安打で出塁。続く1番・京井聖奈が左中間を破る二塁打でチャンスを広げ、3番・池口奏の犠飛で同点に追いつきます。エース、松永陽登はその裏、相手の3番打者に本塁打を浴びたものの、4回以降は得点を許さず。持ち味の緩急を生かした投球で相手打線を封じます。一方の打線は、6回から毎回先頭打者が出塁。全てきっちりと送りバントを決めて、得点圏に走者を進めました。あと一本が出ず、1対2で敗退しましたが、やるべきことを徹底し、堂々とした戦いぶり。来春に向けてどこまでチーム力がアップするのか楽しみです!(編集部・栗山)

<写真/3回に生還した野田優磨(日大三島)>

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

【大学野球オータムフレッシュリーグ】静岡大が2連勝を飾る!

 「大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の2日目。草薙球場では静岡大が明治大と中京大を下し、連勝を飾りました。
 
11201  静岡大は佐藤啓介が大暴れ。中京大中京出身の2年生。2試合目の相手・中京大には同級生や後輩もいたそうで、「胸を借りるつもりで試合に入った」という佐藤。5回、満塁で打席が回ってくると、2球目のストレートを強振。ライナー性で飛んだ打球はライトフェンスを越え、満塁本塁打となりました。
 先月の東海地区秋季選手権大会でも本塁打を放っている好打者。単打も長打もコンスタントに打てる技術はもちろんのこと、大事な場面で結果を残すメンタルが素晴らしかったです。来年の目標は全国大会に出ること。「チームの柱として自覚を持って取り組みたい」と意気込んでいました。
 また投手陣は明治大戦で吉田哉太が6回2失点の好投。中京大戦では古川陽都が6回途中まで1失点に抑え、勝利に貢献しました。

11202  中京大の漢人友也は、西ヶ谷球場の第1試合で行われた浜松西戦で登板。1回0/3を無失点に抑えます。その後、草薙球場に移動しての静岡大戦では志願してマウンドへ。9回の1イニングを無失点(2奪三振)に抑えました。キレのあるストレートに加え、この夏から取り組んでいるというスローカーブが威力を発揮。「最後は草薙球場に来て下さったお客さんに見てもらいたいと思い、投げさせてもらいました。この3試合で結果が出て良かったです」と収穫を口にしていました。

 この日は高校生チームも登場。来春のセンバツ出場が有力の聖隷クリストファーが明治大と対戦。0対2で敗れたものの、大学生相手に先発の左腕・塚原流星が2失点完投。レベルの高い相手に対し、持ち味の緩急を生かした投球を見せてくれました。今日の投球を自信に一冬を過ごしてほしいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/満塁本塁打を含む、2試合で4安打を放った佐藤啓介(静岡大)>
<写真下/無失点でマウンドを降りる漢人友也(中京大)。2日間で3試合に登板した>

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

中京大・漢人友也が大学野球オータムフレッシュリーグで好投!

 「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」が本日、開幕しました。1日目の結果は以下のようになりました。

<草薙球場>
中京大 4-0 日大国際関係学部
中京大 5-4 慶應義塾大

11191_20211119203801  第2試合は中京大の漢人友也(3年/常葉大菊川出身)が2回3分の1を無安打に抑え、勝ち投手となりました。
 マウンドに上がったのは5回。2死満塁の場面でした。漢人は空振り三振を奪い、ピンチを断ち切ります。続く6回は、前の打席でタイムリーを打っていた慶應義塾大の4番・清原正吾に対してブレーキのきいたカーブを有効に使って3球で三振に。その後も危なげない投球で、チームに流れを持ってきました。
 高校時代から体重が15キロアップ。下半身が逞しくなった印象を受けました。球速数字的にはこの日のマックスは142キロ。最速の147キロには届きませんでしたが、初速と終速のない漢人独特の軌道のストレートが低めに決まっていました。

 慶應義塾大では杉山勇征(1年/清水東出身)が「9番ショート」で先発出場。4回にタイムリー安打を放つ活躍を見せました。(編集部・栗山)

<写真/凱旋登板で好投を見せた漢人友也(中京大)>

| | コメント (0)

2021年11月15日 (月)

浜松市内大会は浜松学院が初優勝!

 「浜松地区から甲子園に」を合言葉に2017年から開催されている浜松市内大会。今秋は聖隷クリストファーが東海大会準優勝、浜松西が県ベスト4進出と、真剣勝負の浜松市内大会が実を結びつつあります。
 そして、5回目となる今年は13日に浜松球場で準決勝と決勝が行われ、浜松学院が初優勝を飾りました。

11151

<準決勝>
浜松工 10-9 浜松市立(延長12回タイブレーク)
浜松学院 7-2 浜松開誠館

<決勝>
浜松学院 3-2 浜松工(延長10回タイブレーク)

 決勝戦は浜松学院が初回に1点を先制すると、直後の2回に浜松工が同点に追いつきます。浜松工は先発の服部海(2年)が好投。バランスのいいフォームから投げ込むキレのあるストレートと緩いカーブとのコンビネーションで5回まで1失点に抑えます。すると、直後の6回に1点を勝ち越し。その後も服部の好投が続いて2対1で試合は終盤に突入します。しかし、ここから浜松学院が粘りを発揮します。9回裏に2死から同点に。タイブレークとなった10回表を無失点に守り切ると、その裏、相手のミスでサヨナラ勝ちを飾りました。
 今大会、浜松学院は浜松城北工、浜松商、浜松開誠館、浜松工と全て秋の県大会に出場したチーム相手に勝利。吉田道監督は「自信にしてほしい」と目を細めていました。

11152  この試合、浜松学院の流れを作ったのが2番手でマウンドに上がった加茂昇真(1年)。「平塚ボーイズ」では4番手投手だったそうですが、高校入学後、投手出身の吉田道監督の下で急成長。重いストレートが魅力で、135キロまで球速が上がっているそうです。5回からマウンドに上がり、計6イニングを無失点の好投。「絶対に抑えてやろうと思ってマウンドに立った」と気迫が出ていました。夢はプロ野球選手。そのために来夏までに140キロ、3年夏には145キロを出したいという目標を持っているとのことです。準決勝で登板した身長181センチの大型左腕・椿庵(1年)とともに、今後も注目していきたいです。
 また、バッテリーを組む山田笑誠(2年)も目を引きました。とにかく肩が強く、体全体の馬力がハンパないです。準決勝の浜松開誠館戦では何度も盗塁を防止する鉄砲肩を披露し、座ったまま一塁送球も見せました。吉田監督も「今まで指導してきた中で肩の強さはナンバーワン」と断言する逸材。ぜひ、上のレベルに挑戦してほしい選手です!(編集部・栗山)

<写真上/初優勝を喜ぶ浜松学院の選手たち>
<写真下/決勝で好投した加茂昇真(浜松学院)>

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

愛工大名電の島田和明(浜松ボーイズ出身)が凱旋登板!

11101_20211110093001   11月6日は「湖西ベースボールフェスタ2021」を取材しました。
 この日の招待チームは愛工大名電(愛知)。今夏の甲子園出場チームです。秋は愛知県大会の3回戦で中京大中京に敗れるも、実力は全国クラス。この日は浜松商、湖西相手にコールド勝ちを飾り、湖西球場にかけつけた野球ファンにレベルの高い野球を見せてくれました。その中で、「浜松ボーイズ」出身の島田和明(1年)が2試合目の5回から登板。最初の打者からいきなり三振を奪うと、6回は三者連続三振をマーク。投げっぷりのいい投球で3回を1失点に抑えました。「中学のときより、真っすぐのキレが伸びています」と島田。球速は137キロまで上がってきているそうで、「来年は公式戦で投げたい」と話してくれました。
11102  その島田から、本塁打を放ったのが湖西の5番打者・玉城琉聖(2年)。1打席目はセンターフライに終わったのですが、タイミングの取り方が上手く、インパクトに強さがあっただけに、その後の打席も注目していました。そして7回、島田のストレートをとらえると、打球は左中間のフェンスを越えていきました。高校通算10本目の本塁打。「強いチームから打てて自信になった」と笑顔。180センチ79キロという堂々とした体格にパワーだけでなく、ハンドリングの柔らかさもある強打者です。本人は「来年の夏までに20本くらいホームランを打ちたい」と言っていましたが、もっともっと可能性はあると思います。さらなる飛躍を期待しています!(編集部・栗山)

<写真上/凱旋登板を飾った島田和明(愛工大名電)>
<写真下/一矢を報いる本塁打を放った玉城琉聖(湖西)>

| | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の開催概要記者会見が開催&公式プログラムのご案内!

11081

 「第4回大学野球オータムフレッシュリーグin静岡」の開催概要記者会見が本日、静岡市役所にて行われました。今年は11月19日からの3日間、大学11校、高校6校による交流戦が計19試合組まれています(ボーイズリーグ県選抜vsリトルシニア県選抜の試合もあります!)。
 本日の記者会見では、慶應義塾大・杉山勇征(清水東出身)、筑波大・榊原慎太郎(島田出身)、静岡大・荒井瑞紀(静岡東出身)が参加。それぞれ、以下のような意気込みを語りました。

慶應義塾大・杉山「高校1年生、2年生のときに、このオータムリーグに出場し、それが大学で野球を続けるきっかけとなりました。秋のフレッシュリーグでは悔しい思いをしました。それを晴らしたいです」

筑波大・榊原「筑波大の野球を静岡の皆さまに知っていただきたいです。今まで育ててもらった監督、家族に元気にプレーしている姿を見てもらいたいです」

静岡大・荒井「県外の強豪相手にチーム、自分の力がどこまで通用するのか楽しみです。地域の方々に元気を与えられるプレーがしたいです」

11082 ※大会に先立ち、「静岡高校野球」が編集協力した公式プログラムが完成しました。大会当日、各球場で購入することができます。また、戸田書店清水江尻台では先行発売しています!

★組み合わせはこちらからご覧下さい。→https://baseball.sfc.keio.ac.jp/autumnfresh-league/schedule.html
なお、参加予定だった日大三島は明治神宮大会出場が決まったため、11月20日の西ケ谷球場の第3試合は早稲田大対日大国際関係学部の対戦となりました。

<写真/左から大場祐輔(静岡大/企画チーム)、杉山勇征(慶應義塾大)、榊原慎太郎(筑波大)、荒井瑞紀(静岡大)、大澤昴輝(静岡大/企画チーム)>

| | コメント (0)

«島田シリーズが開催されます!