2017年4月25日 (火)

愛知大学リーグ2部で静岡出身選手をチェック!

 23日は愛知大学リーグ2部の試合へ。静岡出身選手をチェックしてきました!

04251 第1試合は同朋大と名古屋学院大の対戦。同朋大の「4番セカンド」で出場したのが長嶋萌(静清出身)でした。長嶋は6回に右中間へタイムリー二塁打を放つと、8回にはセンター前安打。攻守でスピード感がありました。
 じつは、この日、楽しみにしていた選手の一人が名古屋学院大の高橋卓矢(掛川西出身)でした。身長188センチの長身右腕。高校3年間では未完成でしたが、大学3年となった今春、リーグ戦で投げたという情報を聞き、どう化けているのか気になっていました。この日はベンチ外でしたが、島田行雄監督に話を伺うと「オープン戦では好調だった。成長しているのは間違いない」と期待している様子。次はぜひ、投げる姿を見たいと思います。

042502 第2試合は愛知学泉大と愛知東邦大。愛知東邦大は、飛龍出身選手がスタメンにズラリと並びました。「2番レフト」の小久保瑞樹、「5番ファースト」の西川拓登、「9番セカンド」の菖蒲怜です。2点を追う8回、先頭の菖蒲が安打で出塁し、無死一二塁から小久保が一発で送りバントを成功。この飛龍勢の活躍が一挙4点につながり、愛知東邦大が逆転勝ちを飾りました。
 もう一人、愛知東邦大では、静岡蒲原シニア出身の川上和輝が途中出場。東海大甲府時代は3年春にセンバツに出場した経験を持つだけに、1年生とは思えない落ち着いたプレーが印象に残りました。(編集部・栗山)

04253
<写真上/4番を務める長嶋萌(同朋大)>
<写真中/1年生ながらスタメン出場する小久保瑞樹(愛知東邦大)>
<写真下/愛知東邦大の静岡出身選手。左から菖蒲怜(飛龍出身)、西川拓登(飛龍出身)、小久保瑞樹(飛龍出身)、川上和輝(静岡蒲原シニア出身)、友部誠(清水西出身)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

髙橋遥人を見てきました!

04181 今日は朝から神宮球場に向かい、亜細亜大対東洋大の試合を見てきました。        

 もちろん、お目当ては常葉橘出身の髙橋遥人。4日の開幕戦では先発し、7回1失点の好投を見せた最速151キロ左腕がどんな進化を見せているのか、楽しみでたまりませんでした。
 しかし…、今日は苦しんでいる様子がスタンドからでも分かりました。試合前の投球練習から何か体が重そうな雰囲気。試合に入っても、腕の振りの鋭さに欠け、球速も140キロ前半そこそこ。変化球にもキレがありませんでした。
 3回に相手の2番打者にレフトスタンドへ3ラン本塁打を浴びると、イニング間にはブルペンに行き、感覚を戻しているようでしたが、5回、6回と大量失点。結局、6回を投げて、四死球8、被安打8、失点8という結果に終わりました。それでも、最後の6回には髙橋らしい、打者の膝元に決まる143キロのボールもありました。このイメージを大切に、次の登板機会に備えて欲しいと思います。(編集部・栗山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

沼津東・勝又健太監督が初陣を飾る!

 昨日は東部地区大会準決勝の様子をチェックしつつ、沼津東グランドで行われた沼津東、御殿場西、静岡高による練習試合を見てきました。

04171 沼津東は、4月に赴任した勝又健太監督が第1試合で初采配を振るい、御殿場西に快勝(11対3、7回コールド)。初陣を飾りました。勝又監督は沼津東から早稲田大に進学。3、4年時にはベンチ入りを果たしました。(大学時代のインタビュー記事はこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2013/12/post-e671.html
 当時から「母校で甲子園に行きたい」と語っていましたが、まさか、ここまで早く母校に戻ってくるとは驚きでした。大学卒業後、沼津東で1年間コーチを経験し、昨年4月から今年3月まで市立沼津で副部長を務めました。春季大会では市立沼津の指揮をとり、沼津東と対戦したというのも何かの因縁でしょう。
 この日の第3試合ではセンバツ出場の静岡高と対戦。エース・佐竹陽希が低めに強いストレートとチェンジアップを武器に5回まで2失点の好投を見せると、6回に7番・髙木碧海の本塁打などで一挙4点を奪い、5対4とリード。8回にも3点を挙げたものの、最後はサヨナラ負けを喫しました。勝又監督は「静高さんの『ここ』という場面の集中力がすごい。あのあたりがウチとの差」と試合を振り返り、悔しそうな表情を浮かべていました。
 今後、伝統校でどのような野球を展開していくのか注目していきたいです。

 また静岡高では2試合目に先発した鈴木翔也が県大会に向けて期待を抱かせる安定した投球を披露。御殿場西は1年生が多数出場し、面白そうな選手も発見しました。(編集部・栗山)

<写真/母校の監督として初采配を振るった勝又健太監督>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

春季東部地区大会7日目(4月16日)~愛鷹球場レポート

 東部地区大会準決勝は、知徳と飛龍が勝利しました。

<愛鷹球場>
知徳 3 - 0 市立沼津
飛龍 3 - 2 日大三島

04161 第1試合は知徳の森伊晃基(3年)が2安打完封でチームを勝利に導きました。ストレートの球速は130キロ前後も伸びのある球筋。変化球も知徳伝統のスプリットに加えて、この日はカットボールが冴え渡りました。終わってみれば、10奪三振の快投でした。
 昨年は夏から秋にかけて不調だった森伊。球速が一時110キロ台まで落ちてしまったこともあったそうです。そこから立て直し、この春、見事に復調。先日はセンバツに出場した日大三(東京)との練習試合でも好投していたそうです。投げれば投げるほど状態が上がってきているだけに、県大会では、さらにワンランク上の投球が期待されます。(編集部・栗山)

<写真/完封を飾った森伊晃基(知徳)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

春季東部地区大会6日目(4月15日)~裾野球場レポート

 市立沼津、日大三島がベスト4進出を決めました。

<裾野球場>
市立沼津 3 - 0 桐陽
日大三島 9 - 2 富士宮北(7回コールド)

04151_2 第1試合は市立沼津の2年生エース・横山大知が完封を飾りました。ストレート、変化球ともに低めにコントロールされ、ランナーを出しても、その後をしっかりと抑える見事な安定感。崩れる要素が見当たりませんでした。
 桐陽で注目したのは長身左腕・近藤蒼大。昨年の春に見たときから、気になっていた投手です。初回はいい形で三者凡退に抑え、このままいくかなと思った4回でした。先頭の打者に死球を与えると、その後、連打を浴びて2失点。続く5回には四球とエラーが絡んで1失点。それでも、4、5回以外は無失点に抑え、9回まで投げ切ったのは県大会に向けて収穫だと思います。1年前よりも右手のグローブの使い方がうまくなり、バランスのいいフォームに変わりつつありました。
 
 04152_2第2試合は7回の1イニングのみ、プロ注目の日大三島・海野陽日が登板しました。打者4人に対して、1安打2三振。「今年初の公式戦で少し力んでしまった」と本人が言うように、ストレートが高めに抜けることもありましたが、最後の打者を三振にとった低めのストレートはキャッチャーミットに突き刺さる、まさに剛球でした!
 また、先発の土屋良介もキレのあるストレートを投げ込み、持ち味を発揮。リーチが長い分、打者から見た体感速度は速く感じるはずです。今日は打っても3回にレストスタンドへ本塁打。身長の割に、まだ体の線が細いだけに、大学で力がついてきた時にグッと伸びそうなタイプだと思います。(編集部・栗山)

<写真上/桐陽打線を完封した横山大知(市立沼津)>
<写真/投打で活躍の土屋良介(日大三島)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

最速138キロ右腕・鈴木楓(常葉大橘)が復帰!

 今日は県大会出場を決めている富士宮北と常葉大橘がナイターで練習を行いました。
04131 注目は常葉大橘の鈴木楓(180cm85Kg、右投右打)。中部大会の一週間前から腰に痛みを感じ、大会は未登板。ようやく、先週の練習試合で1イニングのみ投げたそうです。
 どこまで回復しているのか心配でしたが、そんな不安を吹き飛ばす完璧な投球を見せてくれました。まず8回を無安打に抑えると、9回は三者連続三振。最速138キロのストレートに加えて、変化球も鋭かったです。冬は体重を減らし、その分、筋肉量を増やしたことで下半身が安定したとのこと。確かに体全体が引き締まって、一つひとつの動作にキレを感じました。
 場数を踏んでいるだけに、マウンド上での風格も十分。やはり周囲に与える安心感も違います。「地区大会は周りの迷惑をかけた分、県大会では自分が投げて東海2連覇を狙っていきたい」と試合後にエースらしいコメントも聞くことができました。(編集部・栗山)

<写真/故障から復帰した鈴木楓(常葉大橘)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

JABA静岡大会で県勢が活躍!

 現在、浜松球場と清水庵原球場を舞台に、JABA静岡大会が開催されています。 優勝争いも気になるところですが、やはり全国に巣立った選手たちが静岡に戻ってくるので、久しぶりにプレーを見ることができるのが何より嬉しいです。
 昨日は浜松球場で、JR東日本東北・髙﨑健太(常葉菊川出身)、西濃運輸・深澤元気(静岡産業大出身)、東京ガス・石川裕也(日大国際関係学部出身)の3選手を見ることができました。

04051 まず、大学卒2年目の髙崎は「7番レフト」で出場。1打席目にライトへクリーンヒットを放ちました。さらに出塁すると「走るぞ、走るぞ」と見せかけて投手へプレッシャーをかけます。その後、盗塁を試みてアウトになりましたが、髙崎らしい攻撃的なスタイルは高校時代と変わっていませんでした。変化した点といえば、バッターボックスに入り、構える際に一度、膝を曲げて小さく構えるポーズをとること(写真参照)。「ノーステップで打つので、その意識をつけるため」と本人は説明。社会人に入ってから取り入れているという独特のルーティン。都市対抗や日本選手権で活躍すれば、きっと話題になるはずです。
04052 また、深澤は本来の捕手ではなく、打撃を買われて「8番ファースト」でスタメン出場し、第1打席にレフト前安打。期待に応えました。

 そして、何といっても注目はルーキーながら、春の東京スポニチ大会からショートのレギュラーで出場している石川。前日は入社式で出場できず、夜に浜松入り。早速、この日は「2番ショート」で登場しました。
 打撃面では5打数無安打(相手の失点で2度出塁)も、守備での存在感はピカイチでした。大学時代はどちらかというとスマートな選手のイメ04053ージを持っていたのですが、今はいい意味でガツガツした雰囲気に。どの選手よりも大きな声を張り上げて、1年目にして、すでに内野の司令塔になっているような感じでした。
 初回、1死一二塁の場面で、三塁間に抜けそうな打球をダイビングでキャッチして一塁走者をアウトにするなど、体も左右両方にキビキビと動けていました。昨日のプレーを見て、1年目から使ってもらえる理由が分かったような気がしました。
 チームは勝利して、これで2連勝。石川は試合後、「去年、東海選手権では浜松球場で負けているので、勝てて嬉しいです」と喜びながら「自分はまだまだです」と謙虚な姿勢も忘れていませんでした。
 
 相手の王子では横尾蓮太(静清出身)がベンチ入り。この日は登板がありませんでしたが、先日の春季大会では2試合に登板し、144キロをマークしたとのこと。昨夏よりも体がスリムになり、状態が良さそうで安心しました!(編集部・栗山)

<写真上/高校時代はパンチ力のある打撃と俊足で静岡を沸かせた髙﨑健太(JR東日本東北)>
<写真中/持ち味の打撃でアピールする深澤元気(西濃運輸)>
<写真下/「大学のときよりも、あえて声を出すようにしている」という石川裕也(東京ガス)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

春季西部地区大会5日目(4月3日)~掛川球場レポート

<掛川球場>
掛川西 6 - 3 袋井
磐田東 14 - 7 磐田南(7回コールド)

 第1試合は掛川西が逆転勝ちでベスト4進出を決めました。
 2点を追う3回、2番・大本遼(3年)のタイムリーなどで同点に追いつくと、3回には4安打を集中して一気に勝ち越し。投げては2番手の榊原渉太(3年)が4回のピンチで登板し、ダブルプレーを奪って流れを引き寄せると、その後も縦の変化球を効果的に使って好投しました。
04031_2  先発は最速139キロを誇る注目の梶優介(3年)。初回に4四球を与えるなど制球に課題を残し、4回途中まで投げて2失点。それでも上半身と下半身のバランスが噛み合ったときには低めに強い球が決まり、将来が楽しみな存在なのは間違いありません。安定感のあるエース・川合勇気(2年)に加え、この梶がブレイクして2本柱を形成できれば、県大会では上位を十分に狙えると思います。

 第2試合は磐田東が毎回得点の計14点を奪ってコールド勝ちを飾りました。
04032_2 活発な打線の中で、もっとも目立っていたのは5番・寺田祐貴(3年)。本塁打1本、二塁打2本、単打1本の大活躍。今大会は3試合で計10打数8安打とあたっていて、そのうち7本が長打というから驚きです。5回の高校通算11本目の本塁打は右中間スタンドにライナーでもっていく、寺田らしい打球でした。
 また、トップバッターの荒木怜(3年)もパンチ力のある好選手でした。先頭打者本塁打をレフトスタンドに放つと、その後も二塁打、単打と重ね、バットがよく振れていました。(編集部・栗山)

<写真上/今日の最速は135キロ止まりも、ストレートの力強さが魅力の梶優介(掛川西)>
<写真下/先頭打者本塁打を放って打線に勢いをつけた荒木怜(磐田東)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

激戦・静岡リーグが開幕しました!

 本日、静岡リーグが開幕しました。聖隷クリストファー大が加入し、今季から8チームで頂点を争います。
 聖隷クリストファー大が初試合を行った日大国際関係学部グランドの2試合は明日のスポーツ新聞県内版などで詳しく紹介されると思いますので、富士球場で高校野球の取材後、松前球場を少し覗いてきました。

04021 第2試合は常葉大浜松キャンパスの左腕・駒走匡紀が1失点完投勝利。サイド気味の腕の位置から、キレのあるストレートと巧みな変化球を武器に、静岡産業大打線を抑え込みました。
 開幕一週間前の中部大とのオープン戦では2安打完封したという駒走。中部大は強力打線がウリのチームだけに、自信になったはずです。試合後、永井浩二監督は「本来の力を出してくれた」と安心した様子。一昨年は岡田圭一が58イニング連続無失点でチームを優勝に導きましたが、今日の駒走の投球を見ていると、それに近い安定感がありそうだと感じました。

04022 そのほか、今日は静岡出身のルーキーたちが多数登場しました。
 静岡産業大では、昨夏の甲子園で豪快な本塁打を放った山本雄大(常葉菊川出身)が「7番ライト」でスタメン出場。3打数無安打も、常葉菊川仕込みの強いスイングから3打席目はセカンドの頭を越えそうな惜しい打球を放ちました。
 また、東海大海洋学部では加藤廉(島田工出身)が代打で起用され、アウトになったもののあわやフェンスオーバーの大飛球で驚かせ、捕手の枷場悠我(知徳出身)は1イニングを落ち着いてリード。静岡産業大の永井秀尭(静岡大成出身)、静岡理工大の岩本侑也(浜名出身)もリーグ戦を経験しました。各選手とも、4年間でどんな成長を見せてくれるのか楽しみです!

 なお、ドラフト候補の最速148キロ右腕・舘山毅一(東海大海洋学部)は2番手で2イニング登板。プロのスカウトのスピードガンで144キロをマークしたとのこと。今後もアピールを続けてほしいです。(編集部・栗山)

<写真上/気持ちのこもった投球で完投した駒走匡紀(常葉大浜松キャンパス)>
<写真下/パワフルなスイングが持ち味の山本雄大(静岡産業大)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

春季中部地区大会6日目(4月1日)~島田球場レポート

 今日の島田球場は雨のため、2時間遅れで試合が始まりました。島田商、藤枝北が県大会出場を決めました。

<島田球場>
島田商3- 0静清
藤枝北 7 - 6 相良

04011 第1試合は島田商の石原直弥(3年)が公式戦初完封を飾りました。
 昨夏から注目していた本格派右腕でしたが、肩とヒジの故障で、昨秋の公式戦はほとんど登板がなく、今年に入ってからも右足首の捻挫の影響で、少し出遅れていました。
 今日は立ち上がりに変化球の制球に苦しみましたが、指にかかった時は角度を感じるストレートが低めに決まっていました。
 中盤以降は武器のナックルカーブがカウント球でも決め球でも使えるようになり、危なげない投球を見せました。昨秋の静岡高との練習試合では、5回を無失点に抑えるなど、素材の良さは確か。現在は、夏を見据えて意図的に体を重くしているそうなので、これが絞れたときには、もっとストレートは走ってくるはずです。池田新之介監督は「今日の投球は自信にしてほしいけど、持っているポテンシャルからしたらこんなものじゃない」と、さらなるレベルアップを期待していました。

04012 第2試合は藤枝北が2点を追う5回に、3番・松井友哉(3年)のタイムリーなどで一挙5点を奪って逆転。その後、同点とされるも、8回に2死一二塁から1番・村松直人(3年)のセンターオーバーのタイムリーで2点を勝ち越しました。投げては鈴木涼真(3年)、中村優津樹(2年)がランナーを出しながらも粘りの投球。藤枝北が初戦で清水東を撃破した勢いそのままに創部初の県大会出場を決めました。(編集部・栗山)

<写真上/今春から1番を背負う石原直弥(島田商>
<写真下/決勝タイムリーを放った村松直人(藤枝北)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«春季中部地区大会4日目(3月27、28日)~西ケ谷球場&島田球場レポート