« 秋季大会 飛龍vs静岡商 | トップページ | 埼玉栄の逸材が吉原商へ »

2009年1月18日 (日)

磐田東、期待の中学生プレーヤー

 今日は、僕の母校である磐田東のグランドへ練習を見に行きました。

 この日は、今春に入学する系列校の中学生も参加していました(系列の中学の場合は入学前の練習参加が認められています)。紅白戦には、昨春の静岡県選抜中学野球大会の準優勝バッテリーも出場。まず、エースとして活躍したピッチャーの伊藤紳は、まだまだ下半身は細いのですが、投球センスは抜群です。まさにピッチャーらしいピッチャー。打者の手元でピュッと伸びてきます。

 さらに、中学時代は故障のため、ほとんど登板のなかった匂坂仁哉も面白そうな選手です。伊藤とは対照的に下半身ががっちりとして、大袈裟に言えば大学生が投げているような感じ。重そうなボールがきていました。 

 受けるキャッチャーの近藤有紀哉は、慣れない硬球に苦労しながらも、山内克之総監督の指導で、少しずつ成長をしているようです。もともと中学時代は強打でチームを牽引していただけに、将来的には中軸として期待できます。

 監督の山本幸司氏は、掛川西時代、4番セカンドでセンバツに出場。亜細亜大では4年秋に明治神宮大会で優勝を果たしました。その後、1999年に磐田東に赴任。現在は監督を務めています。

 山本監督によると、今春は上記の選手以外にも、有望な選手が入学するとのこと。山内総監督のコンビで、いよいよ甲子園が近くに感じるチームになりそうです。

|

« 秋季大会 飛龍vs静岡商 | トップページ | 埼玉栄の逸材が吉原商へ »

中学野球」カテゴリの記事

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/44085333

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田東、期待の中学生プレーヤー:

« 秋季大会 飛龍vs静岡商 | トップページ | 埼玉栄の逸材が吉原商へ »