« プロ野球オープン戦 楽天vs西武 | トップページ | オープン戦 ヤマハvs八戸大 »

2009年3月20日 (金)

練習試合 常葉菊川vs倉敷商

★練習試合 菊川球場 晴                  

チーム
常葉菊川 0 0 1 1 0 0 0 1 0 3
倉敷商 3 0 0 0 1 0 5 0 × 9

 今日は、ヤマハ対富士大のオープン戦を見に行く予定でヤマハグランドに行ったのですが、雨の影響で中止。急遽、車で菊川球場へ向かい、常葉菊川対倉敷商の練習試合を見ました。

 本来は富士のグランドにて、富士、常葉菊川、倉敷商の3チームによる練習試合の予定が、昨夜からの大雨で中止。ところが、10時過ぎくらいから天候が回復し、場所を菊川球場に変更し、常葉菊川と倉敷商が練習試合を行うことになりました。

 この両チームは昨夏の甲子園の3回戦で対戦し、常葉菊川が大逆転勝ち。その再戦が今度は間近で見られることができ、かなりラッキーでした。しかも、試合開始に間に合い、シートノックからじっくりと見ることができました。

0903201_3   倉敷商の先発は、大海。最速143キロを誇る中国地区屈指の注目右腕です。184センチの長身を生かし、真上から投げ下ろすフォーム。角度のある速球とカーブ、スライダーに、常葉菊川打線は手こずります。バックネット裏から見ているときは感じなかったのですが、ビデオを撮影するために三塁側から見て驚きました。腕の振りが、かなり鋭いのです。これほどまでに腕を振ることができるのは大きな魅力。さらに、テークバックからリリースかけて、フォーム側への体重移動が大きいです。大袈裟に言えば、岸孝之(西武)のフォームを見ているようでした。ちなみに、今日はMAXは139キロだったそうです。

 一方、常葉菊川の先発は浅川将輝。昨秋は打者の手元で伸びる速球と、安定した制球力で台頭。エース・萩原大起の故障中に急成長を見せました。ところが、今日は初回に制球を乱して、いきなりの3失点を喫します。それでも、2回以降は、速球とツーシームを武器に本来の投球を取り戻して、マウンドを降りた4回まで無失点に抑えました。

 投手を担当する佐野心部長から浅川について「実は、冬の調整が遅れていて今日が初登板だったんです。今日は、まずまずの出来でしょう」というコメントもらいました。春の大会に向けて、調子を上げていって欲しいです。

 打撃陣でもっとも目立っていたのが、昨秋からの僕のイチオシ、桒原0903202_2。2打席目にレ フトオーバーのタイムリー二塁打。3打席目には、追い込まれてから緩い変化球に対応してライト前へ。そして4打席目は、ライト線へ強烈な二塁打を放ちました。ボールに対する反応力が優れているところを、今日も十分に見せてくれました。

 常葉菊川は明日、「浜松ベースボールフェスティバル」で大垣日大(岐阜)と対戦します。僕は、残念ながら行くことができません。もし、観戦に行った方がいれば、情報をください!

★常葉菊川スターティングメンバー

1番 センター 丹治
2番 レフト 伊藤靖
3番 ファースト 桒原
4番 サード 北島
5番 ライト 成瀬
6番 セカンド 大脇
7番 ショート 岡崎
8番 キャッチャー 栩木
9番 ピッチャー 浅川

<写真上/5回を2失点に抑えた本格派右腕・岡大海(倉敷商)>

<写真下/3安打の活躍を見せた桒原凌(常葉菊川)>

|

« プロ野球オープン戦 楽天vs西武 | トップページ | オープン戦 ヤマハvs八戸大 »

全国の高校野球」カテゴリの記事

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/44409991

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 常葉菊川vs倉敷商:

« プロ野球オープン戦 楽天vs西武 | トップページ | オープン戦 ヤマハvs八戸大 »