« 愛知大・祖父江の後を追う逸材を発見! | トップページ | 秋季大会 浜松商vs磐田東 »

2009年8月31日 (月)

秋季大会 掛川工vs浜名

★8月30日 第62回秋季高校野球地区大会 西部敗者復活4回戦 磐田球場  晴

 チーム
掛川工 0 0 0 0 1 1 0 1 2 5
浜名 0 0 0 0 0 0 0 0 × 0

 昨日は、新チームでの公式戦、初観戦です。まずは、この秋、どうしても見ておきたかった掛川工のバッテリー、尾白広樹(175cm69kg、右投右打)、内原紳(184cm120kg、右投右打)をチェックしにいきました。

 相手は今夏の県大会で準優勝に輝いた浜名。強豪相手に、どのように抑えるのかが注目でした。

 尾白は立ち上がりから危なげなく浜名打線を抑え込みます。特に、4回は4~6番を3者連続三振の圧巻の投球。真っすぐとスライダーのコンビネーションが良く、回を追うごとに腕も振れていきました。終わってみれば、完封勝利。リリースポイントが特徴的で、球をピュッとはじく感じ。打者の手元でキレが増すのは、そのリリースがあるからだと思いました。球速は常時130キロ台前半。この冬の体力強化次第では十分に140キロを超えてくる素材でしょう。(08301_2下の動画もご覧下さい!)

   一方、キャッチャーの内原は左の写真でも分かるような巨漢選手。体重120キロの体は見るからに、パワーがありそうで、どこにいても目立ちます。今夏の県大会では2回戦で場外本塁打も放つなど長打力が光る選手です。実際に見た印象は、ボールをとらえたときの打球スピードの速さ、クロスプレーでの強さなどに魅力を感じました。

 ただ、上のレベルで野球をやるのなら、もう少し体を絞った方がいいのではないでしょうか。バッティング、スローイングに共通しているのが、腰から下で回転ができないということ。今は、ほとんど上半身の力だけでプレーしています。今後は、強烈なキャラクターを残しつつ、少しでいいのでプレーにキレが欲しいですね。

 さて、上記の2人以外に、もう一人、掛川工に面白い選手がいたので紹08302介します。トップバッターの中山隼汰(181cm74kg、右投右打)です。今夏の予選で本塁打、秋も浜松南戦で二塁打、三塁打の活躍。新聞記事の結果を見て、なんとなく気になっていた選手でした。

 この日は2打席目に右中間を破る三塁打、3打席目には真っすぐに差し込まれながらも センター前にタイムリー安打。試合後、矢部真吾監督に中山について伺うと、意外な話が聞けました。「実は、中学時代、野球をやっていない選手で、陸上部に所属していたようです。身体能力は高いですよ」。中学時代に野球をやっていない選手とは思えない、センスの良さ。右方向に打ち返すうまさは、かなりレベルが高く、対応力にも優れています。秋から冬にかけて、追いかけたくなる選手でした! 

<写真上/「掛川のドカベン」と呼ばれる内原紳(掛川工)>

<写真下/三拍子がそろう中山隼汰(掛川工)>

|

« 愛知大・祖父江の後を追う逸材を発見! | トップページ | 秋季大会 浜松商vs磐田東 »

注目選手の動画集」カテゴリの記事

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/46079128

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季大会 掛川工vs浜名:

« 愛知大・祖父江の後を追う逸材を発見! | トップページ | 秋季大会 浜松商vs磐田東 »