« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月25日 (水)

日本選手権 Hondavs三菱重工横浜

★11月22日 社会人野球日本選手権 京セラドーム 

  チーム
Honda 0 0 1  0 0 0 0 0 1 2
三菱重工横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

11211  先週の土曜日は、京セラドームで行われた社会人野球の日本選手権を観戦してきました。この日は準決勝。第1試合では都市対抗で優勝を果たしたHondaと、クラブチームから企業登録となった三菱重工横浜が対戦しました。

 見たかった選手は常葉学園菊川出身の村山正誠(181cm73kg、右投左打)です。高校時代はシュアな打撃で活躍し、プロから注目された逸材。三菱重工横浜に入社して、今年で3年目となりました。

 僕が村山のプレーを見たのは、彼が高校最後の試合となった3年夏の大会です。初戦で古豪・浜松商と激突。故障を抱えていた村山は、本来のショートではなく、ファーストで出場しました。村山のずば抜けたミート力と打球スピードの速さは目撃することができましたが、惜しくもチームは敗退。試合後、泣き崩れるメンバーの中で、キャプテンの村山だけが爽やかな笑顔で、仲間を励ましていたのが印象的でした。

 僕が村山のプレーを見るのは、その試合以来でした。試合前のトスバッティング、シートノックから村山を凝視。シートノックではセカンドを守っていました。

 村山はスタメンではなく、ベンチからのスタート。試合は、ホンダの諏訪部貴大が好調で、三菱重工横浜はなかなか得点を奪えません。8回表が終わったあと、あまりにも京セラドームが寒かったので、ホットコーヒーを買いに、売店に行きました。すると、売店で注文しようとした瞬間、場内アナウンスで、「保谷(友祐)に代わり、村山、常葉菊川高校」と流れました。

 僕はホットコーヒーを買うのを止め、全力疾走でスタンドへ。すでに、村山は11212_2 バッターボックスにいました。高校時代より鋭さを増したスイングで、カウント2-2から、痛烈なピッチャー返し。センターへ抜けようかという打球を、セカンドがダイビングキャッチし、一塁へ送球します。村山は一塁にヘッドスライディングすると、審判の判定はセーフ。その後、村山は、送りバントとセカンドゴロで三塁まで進みました。しかし後続が凡退し無得点。試合も、Hondaの諏訪部が最後まで好投を見せ、完封勝利を収めました。

 この日の諏訪部のピッチングは、さすが、今年のドラフトで指名されただけありました。それだけに、村山は、この一本のヒットで大いに評価できます。

 来年こそ、レギュラーを掴んで欲しいと思っているのですが、三菱重工横浜には、好守の坂上真世がいます。個人的には、華のあるショートとして、ぜひプロを目指して欲しいです。来年も機会があれば、村山のプレーを見ていきたいです。

<写真上/試合前の村山正誠(三菱重工横浜)>

<写真下/8回に代打で登場したときの村山正誠(三菱重工横浜)>

■Honda

■三菱重工横浜

1番 左翼

吉岡

2番 遊撃 川戸
3番 右翼 長野
4番 一塁 西郷
5番 三塁 多幡
6番 中堅 小手川
7番 DH 大島
8番 捕手 佐伯
9番 二塁 矢尾
1番 二塁 坂上
2番 三塁 今野
3番 遊撃 佐々木
4番 一塁 田城
5番 DH 渡部
6番 捕手 高安
7番 右翼 後藤
8番 中堅 本間
9番 左翼 保谷
投手:諏訪部

投手:亀川-瀧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

静岡台湾親善試合 高苑工商vs静岡高

★11月15日 青少年の相互交流推進事業 静岡台湾親善試合 草薙球場 晴

 チーム
高苑工商 3 2 1  0 2 5 0 0 0 13
静岡高 1 0 3 0 3 0 0 0 3 10

11152  台湾の高苑工商が来静しました。高苑工商といえば、台湾屈指の強豪校で、ユニフォームの緑色にちなんで「緑色の怪物」とまで言われている高校です。数々の有名プレーヤーも輩出。今季、中日で活躍したチェンも、卒業生の一人です。日本の高校で例えるなら、横浜高、PL学園といったところでしょうか。

 今回、対戦したのは、静岡商、常葉学園橘、静岡高の3チーム(清水商との試合も組まれていましたが、インフルエンザの影響で中止となりました)。その中で僕は、秋に見ることができなかった静岡高との試合を観戦しました。

 静岡高で目立っていたのは、3番・板倉健人(165cm64kg、右投右打)と4番・小川拓真(172cm88kg、左投左打)の2人。板倉に関しては、今年4月28日のブログで紹介しているように、体は小さいのですが、野球センスの塊のような選手。この日は、ショートで先発して、途中からマウンドへ。静岡高の投手陣が大量失点する中、7回から3イニングを無失点に抑えました。打っては、ライト前に2打席連続安打を放ちます。「ここのポイントで打てば必ず右に飛ぶ」というのが分かっているような完ぺきな右打ちでした。 

 また、小川は1年生ながら名門の4番に座る強打者。3回に左中間を破るタイムリーヒット、9回にもレフト前へタイ11151ムリーを放ちました。ボールをギリギリまで引き付け、速いスイングで左中間方向へ打ち返すのが特徴的。実はこの選手、どこかで見たことのある選手だなと思って、今秋の県大会のメンバー表を見ると、出身が熱海中とありました。一昨年の静岡県中学選抜大会で見て、体格のいい左腕だと記憶していたのです。現在はファーストを守っていますが、力強いバッティングは、高校に入っても変わりはなかったです。

 さて、相手の高苑工商は静岡高の選手に比べ、体つきがゴツイです。その体格の良さよりも印象に残ったのは、選手の明るさ。とにかく思い切って投げる、打つ、走るという全力スタイル。ベンチでも、応援歌などを歌い、雰囲気が凄く良かったです。

 それを見ながら、「もっと静岡高の選手も楽しそうにプレーすればいいのにな」と思いました。素材的には県下トップクラスの選手が多くいるだけに、もったいないなという気持ちを抱いてしまったのです。

 というのは、この日、静岡高が繰り出した投手は、総じて制球に苦しみ、四死球を重ね、ボールを置きにいったところを打ち込まれるという最悪なパターン。守りのリズムも崩れ、エラーも目立ちました。やはり、高校野球で勝ち上がっていくには、まずはしっかりとした柱の投手を作っていかないと、厳しいのかなと思いました。

<写真上/常に明るい雰囲気が漂っていた台湾・高苑工商のベンチ>

<写真下/抜群の長打力を買われ1年生ながら名門の4番に座る小川拓真(静岡高)>

■静岡高

1番 左翼

高階

2番 中堅 青島
3番 遊撃 板倉
4番 一塁 小川
5番 右翼 竹内敬
6番 捕手 山路
7番 三塁 増田
8番 DH 小林
9番 二塁 落合

投手:原崎-竹内旭-杉山-板倉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

クラストカップ 静岡蒲原リトルシニアvs伊豆市リトルシニア

★11月8日 クラストカップ静岡大会 決勝戦 静岡蒲原リトルシニアグランド 晴

 チーム
静岡蒲原 1 0 0  0 2 0 0 3
伊豆 0 0 0 1 4 0 × 5

 シニアリーグの秋の静岡県ナンバーワンを決めるクラストカップ。今年は、静岡蒲原リトルシニアと伊豆市リトルシニアが決勝戦まで勝ち上がってきました。

 伊豆市リトルシニアのエース左腕・鈴木は細身の体ながら、ヒジの使い方が抜群。畳み11082 具合が良く、しなやかに腕が振れてきます。スピードこそ、まだ不足していますが、高校で体が出来てくれば、球速アップが望めそうなタイプ。独特のカーブが持ち味で、左バッターの肩口から曲がり、アウトコースいっぱいに決まるのが特徴です。終始、安定したピッチングで、完投しました。

 この選手、打っても魅力がたっぷり。4回、カウント1-2から真っすぐをライト前へ。ここで、ライトの選手が少しボールをはじく間に、鈴木は一気に三塁まで駆けこみます。ランニングはスピード感がたっぷりで、迫力を感じました。

 伊豆市リトルシニアで、もう一人紹介したいのはセカンドの遠藤です。シートノックを見ていると、守備の上手さが際立っていました。グラブにボールが吸い込まれるような感じで、キャッチングのテクニックが出色。こういうセンスは、なかなか教えて見につくものではないと、よく聞きます。すでに、自分の体内に染みついているもので、上のレベルにいっても活躍できる要因の一つになることでしょう。

 一方、静岡蒲原リトルシニアは、今夏の甲子園に出場した常葉学園橘の小泉泰樹、小岱大志らを輩出している強豪です。今年の2年生の体つきを見ると、全体的にがっちりとしている印象。「高校生」と言われても納得するほど、逞しさがあります。

11081  静岡蒲原リトルシニアのエース・木内は、右腕から力のあるボールを投げ込みます。スピードも中学生レベルでは、速い方だと思います。ただ、腕がアーム式で、しなりが少なく、ボールがシュート回転する傾向が見られます。この癖が高校生にいってどこまで改善されるのか、注目していきたいです。

 見事な逆転勝利で優勝を果たした伊豆市リトルシニアは今月22日に南関東優勝決定戦に出場。神奈川の優勝チームと対戦します。この試合は、後日、テレビで放送するようです。鈴木や遠藤が気になる方は、ぜひチェックしてください!

<写真上/投打に活躍し、優勝投手となった鈴木(伊豆市リトルシニア)>

<写真下/力強い投球で今後が楽しみな木内(静岡蒲原シニア)>

■静岡蒲原

■伊豆

1番 二塁

佐々木

2番 遊撃 菊池
3番 投手 木内
4番 捕手 外山
5番 左翼 瀧口
6番 三塁 後藤
7番 中堅 小牧
8番 一塁 繁田
9番 右翼 塚本
1番 二塁 遠藤
2番 三塁 勝又
3番 中堅 森下
4番 投手 鈴木
5番 遊撃 遠藤
6番 捕手 花島
7番 一塁 山崎
8番 右翼 伊藤
9番 左翼 水口
先発投手:木内

投手:鈴木

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

中遠大会 掛川西vs常葉学園菊川

★11月3日 中遠大会 2回戦 掛川西グランド 晴

 チーム
常葉菊川 1 0 0  1 0 0 0 2
掛川西 4 2 1 2 0 0 × 9

 <7回コールド>

 遠州地区のチームが参加して毎年開催される中遠大会。この日は、掛川西、常葉菊川の強豪2チームが登場するということで、多くの地元ファンが集まりました。

11041  どうしても見たかったのは常葉菊川の桒原凌(180cm78kg、右投右打)です。1年の秋から、ずっと注目してきた選手で、バッティングだけならプロも狙えるスラッガーだと思っています。今夏の県大会では本塁打を放つ活躍をしましたが、その後、故障し、秋は不本意だったという話を耳にしました。それだけに、シーズンオフを前にチェックしておきたかったのです。

 結論から書くと、もう1打席目でOKでした。インコースを攻められますが、最後はアウトコース低めをレフト線へ快心の一打。最大の長所は、パワーもさることながら、トップで一瞬の「間」があるので打撃が崩れることがないこと。とにかく対応力が素晴らしいです。同じく1打席目で、三塁側にファウルを打ったのですが、その打球スピードは他の選手に比べて圧倒的に抜けていました。

 もう一人、常葉学園菊川で楽しみな選手を見ることができました。甲子園でミラクルボーイとなった伊藤慎悟(現法政大)の弟、伊藤彰悟(185cm71kg、右投右打)です。実は、本格派右腕として入学早々から期待を集めていました。ところが、こちらも、故障に苦しんでいたそうで、今夏の県大会はベンチを外れていました。

 僕も、伊藤のピッチングになかなか遭遇することができず、この日、初めて見ることができました。登板は6回の1イニングのみ。それでも、彼の才能を感じることができました。まず、マウンドに上がると、見るからにピッチャーらしい体格と雰囲気。投げるボールは真っすぐにスピンがかかり、魅力が十分でした。この日、掛川西打線は活発で、計9点を奪ったのですが、伊藤の前には3者凡退。コントロールも低めに集まり、良かったです。正直、もう少し見たかったなと思いました。

 もし、僕が大学か社会人のスカウトなら、伊藤はすぐにでも声をかけたくなるピッチャーです。

<写真/パンチ力と対応能力に優れる桒原凌(常葉菊川)※2009年5月31日撮影>

■常葉菊川

■掛川西

1番 遊撃

竹内

2番 三塁 海野
3番 二塁 秋利
4番 一塁 桒原
5番 捕手 泉地
6番 中堅 高橋
7番 右翼 長谷川
8番 左翼 大貫
9番 投手 磯貝
1番 二塁 渥美
2番 三塁 川原
3番 中堅 吉田
4番 左翼 山内
5番 捕手 丹野
6番 右翼 坂口
7番 一塁 伊藤
8番 遊撃 中野
9番 投手 山田
先発投手:磯貝-森田-伊藤

投手:山田-柏熊

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

愛知大学野球入れ替え戦 愛知工業大vs名城大

★11月1日 愛知大学野球 1部2部入れ替え戦 名古屋商科大グランド 曇

 チーム
愛知工業大 2 0 0  0 1 0 0 0 0 3
名城大 2 0 0 0 0 0 0 0 × 2

11011  愛知工業大が先勝で迎えた第2戦。今日、もっとも注目したのは愛知工業大の藤川寛大(180cm76kg、右投左打)です。今秋のリーグ戦では、チームは全敗の中、一人気を吐いて首位打者賞を獲得。成績は31打数14安打で打率4割5分2厘。打席のほぼ半数でヒットを放ってきたことになります。

 1回表、まずトップバッターとして打席までいく姿に風格が漂っています。足が長く、いかにも俊足の雰囲気を醸し出していました。5回には、レフトへきれいに打ち返します。さらに、7回にも同じような打球でレフト前へ。流しているのではなく、きっちりと振り切っているので、打球が速いです。

 そして、最終打席ではセーフティバントを試みますが、惜しくも一塁でアウト。それでも、一塁への全力疾走は、スピード感に溢れていました。ストライドも大きく、華のある選手です。プロで言えば、糸井嘉男(日本ハム)にタイプが近いと思います。おそらくは、来年のドラフト候補に挙がってくるでしょう。

 一方の名城大は宮本剛(172cm69kg、左投左打)が先発しました。享栄高では2年生ぐらいから、名前が広がってきていたので、僕も数回、愛知まで見に行っていました。3年春には快投を続けてチームを県大会優勝に導くも、その後の東海大会では腰に違和感を抱え登板を回避。結局、その故障が夏まで響き、甲子園出場は叶いませんでした。

 昨年、雑誌『野球小僧』の取材で八木亮祐(ヤクルト)を取材した際、尊敬する先輩と11012 して宮本の名前を挙げていました。「1年のときに宮本さんを見て、リリースした瞬間にボールが浮き上がる感じで驚きました」と、八木は宮本の凄さを証言。故障する前の宮本は、本当に凄いボールを投げていたようです。

 久々に見る宮本は、体が少し大きくなった印象を受けました。全身のバネを生かした躍動感のあるフォームは魅力を感じます。ただ、右打者の外角に落ちるスクリューは効果的だったのですが、いかせん、肝心の真っすぐが走っていませんでした。残念ながら5回途中で降板。本人にとっては不本意な投球だったと思います。でも、僕は、宮本が投げられるところを見ることができ、一安心しました。大学ラストイヤーとなる来年に向けて、期待しています。

 試合は、愛知工業大が接戦をものにし、1部残留を決めました。

<写真上/俊足強打で活躍を見せた藤川寛大(愛知工業大)>

<写真下/来年の飛躍に期待したい宮本剛(名城大)>

■愛知工業大

■名城大

1番 右翼

藤川

2番 三塁 藤岡
3番 左翼 橋本
4番 一塁 鎌倉
5番 中堅 長谷川
6番 遊撃 荻野
7番 DH 門垣
8番 二塁 山下
9番 捕手 三宅
1番 中堅 濱井
2番 左翼 伊藤孝
3番 DH 中村
4番 一塁 西川
5番 捕手 芳川
6番 右翼 三浦
7番 三塁 淵本
8番 遊撃 森越
9番 二塁 橋本
先発投手:佐藤-泉-後藤

投手:宮本-鈴木-江川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »