« 静岡県中学選抜大会 東海大翔洋中vs静岡南中 | トップページ | 春季大会 常葉学園菊川vs浜松西 »

2010年3月26日 (金)

練習試合 磐田東vsいなべ総合学園

★3月21日 練習試合 磐田東グランド 晴

   チーム
磐田東 4 0 2  0 0 2 4 0 13
いなべ総合学園 4 0 0 1 1 1 1 0 3 11

 地元の磐田にいなべ総合学園がやって来るということで、前々から楽しみにしていた練習試合。早朝の大雨の影響で午後から2試合が組まれました。

 グランドは乾きましたが、遠州独特の強風に加えて、黄砂が吹き荒れる悪条件。その1003211 中でいなべ総合学園は、ドラフト候補の近藤佳史(178cm77kg、右投右打)が先発しました。

 その近藤に対して磐田東は初回、猛攻を見せます。まず、注目の遊撃手・花嶋修平(173cm66kg、右投右打)が近藤のボールにタイミングがドンピシャに合い左中間へ2ラン本塁打。コンパクトに軽くスイングし、ライナー性の打球でスタンドまで持っていきました。

 さらに、ランナーを置いて、6番・寺田有作(175cm81kg、右投右打)がセンターのバックスクリーン直撃の本塁打。そのパワーに唖然としました。まさに怪力です。寺田を指導する山本幸司コーチによると、「中学時代は野球よりも相撲で有名だった選手です。相撲の全国大会でベスト16に輝いて、強豪校からスカウトがきていたようです。飛ばす能力は、チームナンバーワンですよ」と面白い話を教えてくれました。確かに、下半身が逞しさは、目を見張るものがあります。

 さて、近藤は先述したように悪天候の影響か、本調子とは程遠い投球で5イニングを投げて6失点でした。特に、前から感じていたのですが、立ち上がりが良くありません。ボールが高めに浮くことがあり、痛打を浴びるシーンが多いです。それでも、2回以降は変化球を絡め始めると、徐々に重いストレートが低めに決まっていきました。目測で130キロ台中盤は出ていたと思います。これまで、近藤の投球は本格的な球場で見てきましたが、今回、初めて近くで見ると、ボールの勢いの良さを感じることができました。

 フォーム的には、上半身の強さはあるだけに、いかに下半身で粘ることができるか。体重が前にのり、もっとボールを前で離せることができれば、キレが生まれてくるでしょう。夏までにもう一度チェックしたいです。

1003212  この日、いなべ総合学園の3投手から13得点を奪った磐田東打線は、かなり強力です。打線だけなら、西部地区でもトップレベルだと思います。なかでも花嶋は来年のドラフト候補に挙がってもおかしくない逸材。昨秋に比べ、体も一回り大きくなりました。この日の打撃成績は以下になります。



<花嶋の打撃成績>

①左中間本塁打
②四球
③四球
④左前安打
⑤四球
⑥投手ゴロ

 シャープなスイングと選球眼の良さはピカイチ。しかし、守備面では9回に2つのエラー。横に飛んできたゴロに対して、無理に正面に入り過ぎて、ボールをはじきました。それが、この回の失点につながりました。花嶋の野球センスの良さは確かだけに、プレーにもっと必死さが出てくれば、評価もグッと上がってくると思います。

<写真上/悪条件でも重い速球を投げ込んだ近藤佳史(いなべ総合学園)>

<写真下/体が一回り大きくなった注目遊撃手・花嶋修平(磐田東)>

★花嶋修平(磐田東)の記事、動画はこちらをどうぞ→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2009/09/30-7d57.html

■磐田東

■いなべ総合学園

1番 中堅 大石
2番 左翼 山本
3番 遊撃 花嶋
4番 一塁 匂坂
5番 投手 齋藤
6番 右翼 寺田
7番 捕手 江間
8番 二塁 後藤
9番 三塁 小池
1番 中堅 出口
2番 二塁 坂尾
3番 右翼 岡部
4番 捕手 中園
5番 左翼 森山
6番 一塁 岡田
7番 三塁 高野
8番 遊撃 戸塚
9番 投手 近藤

|

« 静岡県中学選抜大会 東海大翔洋中vs静岡南中 | トップページ | 春季大会 常葉学園菊川vs浜松西 »

全国の高校野球」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/47916139

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 磐田東vsいなべ総合学園:

« 静岡県中学選抜大会 東海大翔洋中vs静岡南中 | トップページ | 春季大会 常葉学園菊川vs浜松西 »