« 国士舘大・松尾に直撃インタビュー! | トップページ | 『野球小僧6月号』が発売中! »

2010年5月10日 (月)

静岡学生リーグ 日大国際関係学部vs浜松大

★5月9日 静岡学生リーグ 松前球場 晴

    チーム
浜松大 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
日大国際関係学部 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

1005091

 一昨日のブログでインタビューを掲載した松尾明暢と飛龍時代にバッテリーを組んでいた浜松大の1年生・山下大輝(176cm77kg、右投右打)が、いきなり静岡学生リーグで活躍を見せています。

 昨日は、その様子を見るため、清水の松前球場に足を運びました。序盤から抜群のコントロールを駆使し、得点を与えない安定した投球。強豪・日大国際関係学部相手に、9回2死まで1失点の好投。4勝目をマークし、新人賞を確実のものとしました。

 何より良かったのは、ストライクを先行できること。特に、スライダーやカーブといった変化球で初球をストライクにして打者を追い込みます。体の開きが少なくコンパクトなフォーム。軽く投げているようで、ボールにスピンがきいているので、キレが違います。さらに、ピンチでも、冷静に淡々と投げ、1年生とは思えない落ち着きぶりがありました。

 試合後、山下本人に話を聞くことができました。

--今日のピッチングを振り返ってどうですか?
山下 今日はブルペンから球が走らず、調子は今一つでした。それだけに、低めに丁寧にということを考えて投げました。

--今日の勝ちで4勝目。入学早々、ここまで勝てるとは思っていましたか?
山下 ここまでは、考えていませんでした。ベンチ入りしちゃって、先発で投げちゃって、試合で勝っちゃって…、「ちゃって」「ちゃって」の連続でした。

--投球スタイルで高校時代と変わったところはありますか?
山下 大学に入ってから、変化球を投げる割合が増えましたね。高校のときは、もっとストレートを多めに投げていました。今は、ストレートと変化球が半々でもいいと思っています。ストレートと変化球を投げ分けて、バッターを惑わせるピッチングが理想です。

--大学での目標を教えてください。
山下 とにかく、このリーグで勝って神宮にいきたいです。自分は名門大学にいけなかった分、ここで頑張って、アピールしていきたい。そのために、勝ちにこだわっていきたいです。

 最速142キロのストレートと多彩な変化球に加え、投球術も兼ね備える山下。ぜひ、全国の舞台で投げさせたい逸材です。今後も追いかけていきますよ!

 さらに、同じ浜松大の1年生には、常葉学園菊川で活躍した栩木雅暢(178cm75kg、右投右打)も在籍します。今春は肩痛もあり、リーグ戦の出場はありませんでした。ただ、永井浩二監督によると「リード、キャッチングは一級品」とのこと。今秋のデビューが期待できます。さらに、袋井商時代に140キロを超える速球を投げた藤本雅紀(181cm79kg、右投右打)、藤枝明誠時代に守備力の高さに注目が集まった藤浦有希(171cm75kg、右投左打)など、期待のできる1年生が多く入学しています。秋以降、どんな選手がメンバーに入ってくるのか、楽しみです。

<写真/今春のリーグ戦で1年生ながら4勝をマークした山下大輝(浜松大)>

■浜松大

■日大国際関係学部

1番 中堅 山田
2番 二塁 豊田
3番 一塁 内海
4番 右翼 山口
5番 遊撃 杉山
6番 DH 金城
7番 三塁 永井
8番 捕手 青木迅
9番 左翼 江口
1番 右翼 片山
2番 三塁 砂原
3番 DH 島村
4番 左翼 宮井
5番 中堅 河野
6番 一塁 西尾
7番 捕手 田井
8番 遊撃 奥津
9番 二塁 石川
投手:山下-芦田 投手:横井-沼澤-圓谷

|

« 国士舘大・松尾に直撃インタビュー! | トップページ | 『野球小僧6月号』が発売中! »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/48325818

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡学生リーグ 日大国際関係学部vs浜松大:

« 国士舘大・松尾に直撃インタビュー! | トップページ | 『野球小僧6月号』が発売中! »