« 春季静岡県大会は準々決勝! | トップページ | 東都大学リーグ 東洋大vs中央大 »

2010年5月 3日 (月)

イースタンリーグ ロッテvsヤクルト

★5月2日 プロ野球イースタンリーグ ロッテ浦和球場 晴

 チーム
ヤクルト 0 0 3 0 0 0 2 0 0 5
ロッテ 3 0 4 2 0 0 3 0 × 12

 今年のゴールデンウィークは静岡を離れ、東京へ。まず、2日は日大国際関係学部からヤクルト入りした松井淳の様子を見るためにロッテ浦和球場に足を運びました。現在、主に松井はファームのレギュラー選手として出場。持ち前の長打力を生かし、順調なプロ生活をスタートさせています。 

 スポーツ新聞で確認すると前日(5月1日)は出場していなかったのですが、この日は5番・ライトで先発出場。相手のロッテの先発は将来のエース候補左腕・木村雄太です。

1005021

 まず、松井が第1打席にバッターボックスに立つと、一塁側のスタンドから「マツイさ~ん」という黄色い声援が飛びます。すでにファンがついているようです。

 結局、その打席は、ファーストゴロに終わりますが、ボールに対して当てにいくという感じではなく、完全に自分のスイングをしていました。

 そして、2打席目に松井らしい強烈な打球を目撃します。初球をフルスイングすると、打球は一塁線を破ります。その打球も良かったのですが、さらに凄かったのがランニング。一塁を回ったあたりからグングンと加速し、二塁へ到達。パワフルなバッティングばかりに目がいきがちですが、松井のもうひとつの長所を見ることができました。

 来た球に対して臆することなく、積極的にいくスタイル。右と左は違いますが、同じヤクルトで活躍で活躍した池山隆寛氏の現役時を見ているようでした。

 大学時代によく見ていた松井を見ることができて、安心したと同時に嬉しかったです。同じ外野手の高井雄平などライバルは多いですが、この調子でいけば、1軍に上がる日も近いのではないでしょうか。プロのファームというレベルに十分に対応しています。

<写真/二塁打を放ったときの松井淳(ヤクルト)のバッティング>

|

« 春季静岡県大会は準々決勝! | トップページ | 東都大学リーグ 東洋大vs中央大 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/48268193

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテvsヤクルト:

« 春季静岡県大会は準々決勝! | トップページ | 東都大学リーグ 東洋大vs中央大 »