« 夏の甲子園予選 興誠vs磐田北 | トップページ | 夏の甲子園予選 伊豆中央vs富士宮北 »

2010年7月12日 (月)

夏の甲子園予選 飛龍vs桐陽

★7月11日 第92回全国高等学校野球選手権静岡大会 1回戦 愛鷹球場 曇 

チーム
飛龍 0 0 4 1 0 0 0 0 0 5
桐陽 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3

 昨日、僕が足を運んだのは愛鷹球場です。お目当ては飛龍。大型スラッガー・奥村拓史(182cm90kg、右投左打)、『野球小僧8月号』の「有望選手リスト」に名前が挙がった遊撃手・辻本一磨(180cm72kg、右投右打)の逸材2年生のチェックに行きました。

1007111

 ところが、まず、目についたのは相手の桐陽のマウンドに上がった大貫晋一(181cm72kg、右投右打)。スラリとした体型から、細い腕をきれいに振る、いわゆる「しなやか系」の投手です。このしなりを見ただけで、僕の目は一気に釘付け。
 球速はまだ出ていませんが、打者の内角を強気に攻めるスタイル。死球を与えても臆することがなく、ガンガンと内に内に投げ込みます。パンフレットを見ると181センチの身長で、まだ2年生。変化球でストライクを取ることができるのも魅力です。
 ストレートと変化球で腕の振りに違いがあるなど課題が多々あるのも実情。それでも3、4回以外は飛龍の強力打線を抑え込んだのは立派でした。今秋以降も、楽しみにしていきたい投手です。

 さて、飛龍の奥村は、4打数1安打。打球の勢いが他の選手とは一1007112_2味違います。印象に残ったは、初回のライトポール際への大飛球。ファウルとなりましたが、スラッガーの資質を感じるものでした。4回には左中間への二塁打。これは、第1打席で打ち取られた高めの速球を、今度は狙い打ったかのような一撃。この選手の「負けず嫌い」な一面も見てとれました。
 あとは何と言っても、打席での雰囲気がいいです。本来はクリーンナップに座る選手。濱野洋監督の「楽に打ってもらいたい」との考えで6番に。相手投手にすれば、こんな大型選手が6番にいたら、おそらく脅威でしょう。

 辻本は守備面に光るものがありました。打球に対する一歩の速さと、安定したスローイングの持ち主。ただ、8回にトンネルのエラーをしたのは残念。確かに打球スピードが速く、バウンドも難しかったのですが、軽やかに捕球して打者走者を刺して欲しかったです。

 3年生では、4番の土屋博志(172cm82kg、右投右打)が成長を見せ、打線に厚みが出ている飛龍。投げては、エースの石井勇輝(181cm70kg、左投左打)が9回に3点を失ったものの、昨秋に見たときよりも体全体をダイナミックに使っていました。内外角へ投げ分ける制球力は武器になるでしょう。

 昨年の飛龍は優勝候補に挙がりながら3回戦で敗退しましたが、今年も選手のレベルは高いだけに上位進出を狙えると思います。

<写真上/腕のしなりが魅力的な大貫晋一(桐陽)>

<写真下/大型スラッガーとして期待値の高い奥村拓史(飛龍)>

■飛龍

■桐陽

1番 遊撃 辻本
2番 中堅 鈴木
3番 二塁 長田
4番 三塁 土屋
5番 右翼 萩原
6番 一塁 奥村
7番 左翼 澁谷
8番 捕手 本橋
9番 投手 石井
1番 三塁 岩田
2番 中堅 菊池
3番 二塁 杉山
4番 捕手 鈴木
5番 右翼 小松
6番 一塁 村上
7番 左翼 佐野
8番 投手 大貫
9番 遊撃 眞野
投手:石井 投手:眞野

|

« 夏の甲子園予選 興誠vs磐田北 | トップページ | 夏の甲子園予選 伊豆中央vs富士宮北 »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/48862853

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園予選 飛龍vs桐陽:

« 夏の甲子園予選 興誠vs磐田北 | トップページ | 夏の甲子園予選 伊豆中央vs富士宮北 »