« 夏の甲子園予選 伊豆中央vs富士宮北 | トップページ | 夏の甲子園予選 浜松商vs吉原商 »

2010年7月18日 (日)

夏の甲子園予選 興誠vs静岡商

★7月18日 第92回全国高等学校野球選手権静岡大会 2回戦 浜松球場 晴 

チーム
静岡商 1 1 0 0 0 0 0 1 0 3
興誠 0 0 0 3 0 1 1 0 × 5

 今日は2回戦屈指の好カード、興誠対静岡商の一戦を見てきました。プロのスカウトが注目する興誠・寺嶋寛大(182cm79kg、右投右打)のプレーをチェックするのは、この日が2回目です。初戦は7月10日のHさんのレポートにもあるように、2打数1安打で2四球の成績。優勝候補の一角、静岡商相手にどんなプレーをするのか注目しました。

 まず、シートノックで寺嶋を追うと、春先に見たときよりも雰囲気の良さを感じます。体の大きな寺嶋が、より大きく見え、いい意味で目立っているのです。

1007181

 試合の序盤は静岡商ペース。初回にスラッガー・石川昌志(178cm88kg、左投左打)のレフト前タイムリーで1点を先制。2回にも1点を加えます。この静岡商に傾いた流れを食い止めたのが寺嶋です。

 寺嶋は4回2死からの第2打席、三塁線を破る二塁打。低い打球で球足の鋭さが印象的でした。これがチーム初安打となると、6番・小崎高史(172cm64kg、右投左打)のライト前安打で寺嶋はホームへ。タイミング的には、ギリギリでしたが、ダイナミックなスライディングで1点を返します。その後、興誠は打線がつながり逆転に成功しました。

 続く5回に回ってきた寺嶋の第3打席は豪快な空振り三振に終わりますが、第4打席はヒットを放ちます。

 守備面では粗さがありましたが、なんといっても寺嶋の魅力は体の屈強さ。ホームでのクロスプレーで、ランナーを圧倒して得点を阻止したプレーは、扇の要そのもの。今は原石の塊ですが、鍛えれば鍛えれば上手くなる要素があります。

 一方、敗れた静岡商では8回の1イニングを投げた後藤翔平(175cm1007182_258kg、右投右打)に惹かれました。体のバネを感じさせる柔らかいフォームの持ち主。スピンのきいた低めのボールが良かったです。もう少し、長いイニングを見たかったです。上のレベルで伸びそうな予感が漂う素材。体の線の細いところも、今後のノビシロとして期待できます。

<写真上/優勝候補の静岡商を撃破した興誠の4番・寺嶋寛大>
<写真下/静岡商の3番手として登板した後藤翔平>

★寺嶋寛大の過去の記事はこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/03/post-8aeb.html

■興誠

■静岡商

1番 右翼 山田
2番 遊撃 鈴木
3番 左翼 花松
4番 捕手 寺嶋
5番 三塁 安田
6番 中堅 小崎
7番 一塁 神橋
8番 二塁 小林
9番 投手
1番 中堅 吉田
2番 二塁 園田
3番 一塁 飯塚利
4番 右翼 石川
5番 捕手 石澤
6番 遊撃 羽山
7番 左翼 松浦
8番 投手 渋谷
9番 三塁 飯塚巧
投手:森 投手:渋谷-高橋-後藤

|

« 夏の甲子園予選 伊豆中央vs富士宮北 | トップページ | 夏の甲子園予選 浜松商vs吉原商 »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

静岡県中部地区」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/48908850

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園予選 興誠vs静岡商:

« 夏の甲子園予選 伊豆中央vs富士宮北 | トップページ | 夏の甲子園予選 浜松商vs吉原商 »