« 愛知大学強化リーグ 愛知学院大vs中部大 | トップページ | 163連敗に挑む逸材、小澤倫也 »

2010年12月 6日 (月)

第2回全日本少年野球春季軟式野球大会開催枠代表決定戦 常葉学園橘中クラブvs大仁中クラブ

★11月28日 第2回全日本少年野球春季軟式野球大会静岡県予選開催枠代表決定戦 島田球場 晴

     チーム
常葉学園橘中クラブ 0 0 2 0 1 2 0 5
大仁中クラブ 0 0 0 0 0 0 0 0

 来春、静岡市で開催される第2回全日本少年野球春季軟式野球大会、通称「中学野球のセンバツ大会」の開催枠代表決定戦が島田球場で開催されました。

 すでに静岡県で代表を決めて決めているのは大富中クラブ、東海大翔洋中クラブの2チーム。昨日、残りの2つのイスを常葉学園橘中クラブ、浜北北部中クラブ、大仁中クラブで争いました。

 第1試合では、浜北北部中クラブが常葉学園橘中クラブを1対0で下して1勝。浜北北部中は続く第2試合(対大仁中クラブ)でも特別延長の接戦をものにして、まず出場枠をゲットします。

1012051_2

 そして迎えた3試合目。今夏の全国大会を制した常葉学園橘中は後が無くなり、エース・木村聡司に先発を託します。実は先日、雑誌『野球小僧』の「流しのブルペンキャッチャーの旅」でおなじみの安倍昌彦氏が、この木村をボールを受けています。安倍氏は「プロにいけるだけの素材」と話していただけに、実際にどんな逸材なのかワクワクしていました。

 結論から書くと、中学球児でここまで衝撃を受けたのは久しぶり。2年前に東海翔洋中の渡邉隆太郎(現帝京)を見たときと同等か、それ以上のインパクトがありました。フォームはオーソドックな右のオーバー。腕を上から地面に向かって叩きつけるように振ってきます。肩やヒジも柔らかそうで、なにより運動神経が抜群。低めに伸びるストレートは高校生クラスです。スライダーで簡単に初球からストライクを取るなんて、高校生でもなかなか出来るものではありません。

 大仁中クラブから毎回の9つの三振を奪えば、許したランナーはエラーと四球の2人だけ。見事、ノーヒットノーランを達成しました。そのノーヒットノーランをやり遂げたことよりも、彼の才能に惚れたのは許したランナー2人をともに牽制でアウトにしたことです。体のターンの速さと一塁手への剛球には驚きました。

 簡単に追い込めば、テンポの速い木村ペースとなりますが、時折、制球を乱すこともあります。小さくまとまらず、こういったノビシロも魅力的です。

 トップバッターを務める打撃でも、5回に右中間を破る強烈な打球を飛ばします。脚力にも光るものがあり、良さを挙げたらキリがないです。

 この木村の投打による活躍などで常葉学園橘中がギリギリで全国大会への出場を決めました。出場すれば、全国の各チームからマークされるの間違いなし。そんな中、木村がどこまで投げることができるのか。勝ち抜いていけば、注目度を一気にアップさせる大会になると思います。

 ここまで僕を魅了したスーパー中学生が果たして今後、どのように成長を遂げていくのか。来年から、「木村ウオッチング」という大きな楽しみが出来ました!

<写真/来春、全国大会での投球が楽しみな木村聡司(常葉学園橘中)>

■常葉学園橘中クラブ

■大仁中クラブ

1番 投手 木村
2番 中堅 長尾
3番 一塁 河島
4番 三塁 池谷
5番 左翼 丸山
6番 右翼 渡辺
7番 二塁 道場
8番 遊撃 小野寺
9番 捕手 浅場
1番 三塁 渡辺
2番 左翼 鈴木
3番 捕手 山崎
4番 投手 川口智
5番 遊撃 斎藤
6番 右翼 水口
7番 二塁 村田
8番 中堅 西島
9番 一塁 相原
投手:木村

投手:川口智-斎藤

|

« 愛知大学強化リーグ 愛知学院大vs中部大 | トップページ | 163連敗に挑む逸材、小澤倫也 »

中学野球」カテゴリの記事

コメント

私もこの日の試合を2試合バックネット裏で見させてもらいました。 私の見た感じでは、木村くんもいいですが、 静岡の安倍川中学の国松くんのほうが上かとおもいます。彼の試合前の遠投は必見です。たぶん磐田東中の辻本くんと同等かそれ以上です。
ぜひ一度チェックしてみてください。

投稿: hiroki .takahashi | 2010年12月 7日 (火) 09時16分

コメント、ありがとうございます。国松君(安倍川中)、いいみたいですね。僕はまだ見ていませんが、噂は聞きました。早く、生でチェックしたいです。
それにしても、木村君(常葉学園橘中)、辻本君(磐田東中)、国松君(安倍川中)など、本当にこの学年には楽しみなピッチャーが多いですね。

投稿: 栗山司 | 2010年12月 8日 (水) 09時38分

すごい
くにまつ

投稿: あ | 2010年12月18日 (土) 18時58分

ぼくは、中学野球をやっています。
木村君は少年野球で何回も目にしています。
なんといっても小学生のときから、投打ともに
光るものがあり、センスや運動神経が抜群でした。
ぼくも、ピッチャーをやっています。
木村君に少し憧れてるかも!?
ぼくも、コントロールに自信があります。
変化球にも!!木村君に負けないように頑張ります。
もし、よければ木村君の投球の動画をお願いします。

投稿: kou | 2011年3月 3日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/50227743

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回全日本少年野球春季軟式野球大会開催枠代表決定戦 常葉学園橘中クラブvs大仁中クラブ:

« 愛知大学強化リーグ 愛知学院大vs中部大 | トップページ | 163連敗に挑む逸材、小澤倫也 »