« 夏の甲子園予選 菊川南陵vs桐陽 | トップページ | 夏の甲子園予選 掛川工vs磐田東 »

2011年7月20日 (水)

夏の甲子園予選 市立沼津vs飛龍

★7月18日 第93回全国高等学校野球選手権静岡県大会 2回戦 愛鷹球場 曇 

 チーム 10 11 12
飛龍 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 3
市立沼津 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2

 「沼津対決」となった好カード。延長12回の激闘の末、シード校・飛龍が3回戦進出を決めました。飛龍の濱野洋監督は試合後、「ちょっと大会前に気合を入れすぎたかな。ただ、これでチームに勢いがついてくれればね」とコメント。初戦の硬さから解放され、3回戦以降、快進撃の予感がします!

1107181 この試合、飛龍打線を苦しめたのが市立沼津の2年生左腕・小林弘郁(174cm68kg、左投左打)です。フォームのバランスの良さが長所で、ストレートに重さがあります。6回まで無失点の好投。コントロールもまずまずで、ゲームメークする力もあります。今年の東海地区で代表的な高校生左腕といえば、中川誠也(伊勢工)。球速こそ足りませんが、その中川と比べても、見劣りがしないレベルだと感じました。あとは、空振りを奪える変化球が一つ欲しいところ。変化球の精度とスタミナ次第では、秋は上位進出を見込めるでしょう。

1107182

 さらに、市立沼津は同じく2年生の今村亮(175cm63kg、右投右打)が延長11回途中から登板。こちらは130キロ後半のストレートを投げる本格派右腕です。延長12回に2死一、三塁から4番・奥村拓史(182cm84kg、右投左打)にタイムリーを浴びましたが、ダイナミックな腕の振りとタテの変化球は魅力です。

 この2枚看板を擁する市立沼津の新チームが今から楽しみです。

<写真上/6回まで無失点の好投を見せた小林弘郁(市立沼津)>
<写真下/今夏の悔しさを秋に生かしたい今村亮(市立沼津)>

※この試合での辻本一磨(飛龍)の記事は、おなじみHさんのブログでどうぞ!→http://blog.livedoor.jp/arai1126/archives/4033396.html

■飛龍

■市立沼津

1番 左翼 平野
2番 二塁 蜂須賀
3番 遊撃 辻本
4番 一塁 奥村
5番 二塁 長田
6番 中堅 島原
7番 左翼 萩原
8番 投手 小川
9番 捕手 本橋
1番 左翼 小川
2番 二塁 森野
3番 三塁 鈴木
4番 一塁 小川
5番 右翼 青島
6番 中堅 山崎
7番 捕手 山本
8番 投手 小林弘
9番 遊撃 内野
投手:小川-澁谷

投手:小林弘-石川-今村

|

« 夏の甲子園予選 菊川南陵vs桐陽 | トップページ | 夏の甲子園予選 掛川工vs磐田東 »

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

浜松西の倉田直幸のバッティングは上手いですよ!

投稿: 名無し | 2011年7月21日 (木) 21時25分

いい試合でした
最後の両チームの抱き合うシーンには感動しました

投稿: 野球小僧 | 2011年7月31日 (日) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/52260361

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園予選 市立沼津vs飛龍:

« 夏の甲子園予選 菊川南陵vs桐陽 | トップページ | 夏の甲子園予選 掛川工vs磐田東 »