« 静岡市内大会 静岡商vs常葉学園橘 | トップページ | 都市対抗でブレイク!長谷川雄一(ヤマハ) »

2011年11月 7日 (月)

愛知大学リーグ入れ替え戦 中京大vs名城大

★11月6日 愛知大学野球1部2部入れ替え戦 第2戦 瑞穂球場 曇

チーム
名城大 0 0 0 0 1 0 0 0 2
中京大 0 0 3 0 0 0 0 0 × 3

 昨日は、愛知大学リーグの入れ替え戦を見てきました。対戦したのは名城大(1部6位)と中京大(2部1位)。この2チームには以下のように静岡県出身者が多数在籍しています。

●名城大 森田将行(常葉学園菊川)、山口順基(静岡市商)、小泉泰樹(常葉学園橘)

●中京大 清水俊樹(中京大)、廣瀬瞬(浜松市立)、良知広大(興誠)、坪田和也(静清工)、赤堀佳敬(伊豆中央)、鈴木達徳(浜名)、岡野馨(浜松商)、丹治秀明(常葉学園菊川)

 この中で、もっとも楽しみにしていたのは名城大・森田将行(172cm63kg、左投左打)。1年生ながらすでに投手陣の中核として、今秋のリーグ戦では7試合に登板。入れ替え戦では前日の第1戦に先発し、チームを勝利に導いています。しかし、昨日の第2戦はベンチから元気な様子が伺えたものの登板なし。投げる姿を見るのは次回にお預けです。

 中京大では、坪田和也(169cm68kg、右投左打)と岡野馨(180cm70kg、右投左打)が先発しました。

1111061

 まず、静清工(現静清)時代は主将として活躍した坪田は2番セカンドで出場。見せ場は初回の第1打席でした。ショートへゴロを放つと俊足を飛ばして一塁へ全力疾走。間一髪で内野安打をもぎ取りました。先日のブログで紹介した伊神祐児(三重中京大)とタイプがかぶる快足の持ち主。(伊神の記事はこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2011/10/post-1c40.html)。さらに坪田、伊神に共通するには、とにかくに静清出身の選手はしぶとく勝負強いことです。

1111062 6番ライトの岡野は浜松商時代から中距離打者として期待していた選手。この日は四球2つと送りバント1。きっちりと自分の役割を果たしました。長打を目撃することはできませんでしたが、打席での雰囲気はいいです。

 1勝1敗で迎えた今日の試合では名城大が中京大を下し、名城大が1部残留を決めました。坪内、岡野の力で、来年はぜひ念願の1部昇格を果たしてほしいですね。 

<写真上/ショートの山中渉伍とのコンビネーションもいい坪田和也(中京大)>
<写真下/来年は主軸で期待したい岡野馨(中京大)>

■名城大

■中京大

1番 遊撃 高野
2番 二塁 天野
3番 三塁 牧内
4番 捕手 芳川
5番 一塁 市川
6番 DH 大林
7番 左翼 犬塚
8番 右翼 矢野
9番 中堅 宮永
1番 遊撃 山中
2番 二塁 坪田
3番 DH 田中
4番 一塁 水野
5番 三塁 北野
6番 右翼 岡野
7番 捕手 金田
8番 左翼 岩田
9番 中堅
投手:河野-水谷亮 投手:藤本

|

« 静岡市内大会 静岡商vs常葉学園橘 | トップページ | 都市対抗でブレイク!長谷川雄一(ヤマハ) »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/53186625

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知大学リーグ入れ替え戦 中京大vs名城大:

« 静岡市内大会 静岡商vs常葉学園橘 | トップページ | 都市対抗でブレイク!長谷川雄一(ヤマハ) »