« 『野球太郎No.003』に戸狩&町田コンビが登場! | トップページ | 練習試合 伊豆市リトルシニアvs静岡ジュニアユースベースボールクラブ »

2013年1月31日 (木)

常葉学園菊川の練習を見てきました!

Img_5351

 昨日、常葉学園菊川の練習を見に行ってきました。センバツ出場が決まっているだけあり、早めの調整が進んでいるようです。
 相変わらず森下知幸監督はノックバットを持っている時間が長く、定評のある内野ノックは特に見ごたえがありました。サードの大西優輝やショートの遠藤康平の球際を攻める攻める! 2人とも、必死に追って、あと一歩で捕れるという打球を何本ももらっていました。大西は187センチと大型選手なだけに、足元が不安になりますが、センバツの頃にどんな守備力をつけているのか楽しみです。キャプテン・松木大輔の超音波系の声がテレビ越しにどう聞こえるのかも気になりました。
 打撃練習では「フルスイング回帰」を目標としているだけあって、皆、かなり強振していましたね。しっかり振り切ることを心がけているようでした。

Img_5343

 また、この日は3年生の姿も何人か見られました。遠くからブルペンを見ていて、大型の右腕が入ったので、「1年? 2年?」と気にしていると、あの特徴ある振りかぶり方で、岩本喜照だと気付きました。今年の静岡の3年生の中では、公式戦も練習試合も一番多く見たのが岩本でした。1年夏の衝撃デビューから、体格も技術も成長したとは思いますが、正直、物足りなさが残ります。まだのびしろも多いと思うので、進学先の九州共立大での成長を楽しみにしたいですね。
 ずっと静岡で育ち、常葉学園菊川でも早々にA戦で使われるようになった岩本にとっては、きっと九州共立大で初めて下積みらしい下積みを積むことになると思います。大瀬良大地という素晴らしいお手本もいますし、静岡のファンが驚くような変身を遂げてほしいです!(編集部H)

<写真/上・全力で追いかけないと捕れない森下監督のノックに必死な姿を見せる選手たち、下・九州共立大で大きな成長に期待したい岩本喜照>

|

« 『野球太郎No.003』に戸狩&町田コンビが登場! | トップページ | 練習試合 伊豆市リトルシニアvs静岡ジュニアユースベースボールクラブ »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

Hさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/56667940

この記事へのトラックバック一覧です: 常葉学園菊川の練習を見てきました!:

« 『野球太郎No.003』に戸狩&町田コンビが登場! | トップページ | 練習試合 伊豆市リトルシニアvs静岡ジュニアユースベースボールクラブ »