« 夏のシード8校が決定 | トップページ | 飛龍が「東部対決」を制す! »

2013年4月30日 (火)

静高出身の原崎匠人(愛知学院大)が完封勝利!

 昨日は愛知大学リーグ1部の試合を見てきました。対戦したのは愛知学院大と中部大。愛知学院大には今秋のドラフト候補に名前が挙がる常葉学園菊川出身・萩原大起(4年)が在籍し、春のリーグ戦もエース格で投げています。第1戦目で萩原は負け投手になっていたので、第3戦目にリベンジとして先発を予想していたのですが、試合前にブルペンで投げているのは左投手。誰なのか、わかりませんでしたが、アナウンスを聞いてビックリ。静岡高出身の原崎匠人(2年)でした。

1120429 原崎は高校時代とは少しピッチングスタイルが違います。どちらかという、高校時代はのらりくらりと抑えていくイメージでしたが、現在は本格派タイプに。テークバックもしっかりとってきます。ブルペンでフォームを見ていると、全く別人に見えたほどです。
 初回から、凡打の山を築いた原崎。2回に安打を浴びるものの、すぐにダブルプレーに仕留め、5回まで全ての回を3人で抑えます。カーブが少し高めに浮き、ヒヤッとする場面もありましたが、ストレートで押しながらも、少し沈む変化球が有効。内野ゴロが目立ちました。

 試合は投手戦となり0対0のまま進行。7回、愛知学院大はヒットと四球で2死一、二塁のピンチを迎えます。ここで原崎は、ベンチにロジンバックの交換を要求。1点を争う緊迫した場面で早くアウトを取りたいばかり2120429に、どうしても投げ急いでしまうところ。ここで「間」を取る落ち着きぶりはさすがです。次打者をショートゴロに打ち取り、ピンチを脱すると、その裏、味方が2点を先制。さらに、8回には、途中出場の静清出身の鈴木雄也(1年)がレフトポール際に満塁本塁打。1年生ながら、ボール球はしっかり見逃し、ストライクはカットして、粘った末の豪快なスイング。体格的にも恵まれているだけに、今後が楽しな逸材です。

 その後、原崎は9回まで投げ切り、見事な完封勝利を飾りました。打たれた安打は5本。決して驚くようなボールがあるわけではありませんが、投球術とキレ、そして左打者の内角に抜ける球がいっても物怖じしない度胸で抑えたという感じでした。

1204293 ちなみに、この日の愛知学院大は常葉学園菊川出身の泉地泰助(3年)も6番レフトで先発出場。2打席目にはセンター前安打を放ちました。

 目当ての萩原の投球を見ることができなかったのは残念でしたが、原崎、鈴木雄、泉地と静岡出身選手の活躍を堪能することができ、収穫の多かった一日でした。(編集部・栗山)

<写真上/淡々とアウトを重ね、完封勝利を飾った原崎匠人(愛知学院大)>
<写真中/昨夏の静岡県大会では、静清の1番センターとして活躍した鈴木雄也(愛知学院大)>
<写真下/チームのムードメーカー的な存在でもある泉地泰助(愛知学院大)>

|

« 夏のシード8校が決定 | トップページ | 飛龍が「東部対決」を制す! »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/57280554

この記事へのトラックバック一覧です: 静高出身の原崎匠人(愛知学院大)が完封勝利!:

« 夏のシード8校が決定 | トップページ | 飛龍が「東部対決」を制す! »