« ピッチャーらしいピッチャーへ、期待の本格派中学生! | トップページ | ヤマハ出身・石山が浜松で登板! »

2013年8月 5日 (月)

練習試合 静岡高vs三ヶ日

★8月4日 練習試合 静岡高グランド 晴

 チーム
三ケ日 1 0 1 0 0 0 2 0 0 4
静岡高 0 0 0 5 1 0 2 2 × 10
 
 常葉学園菊川の優勝から数日した経っていませんが、すでに新チームの練習試合がスタートしています。早いもので、秋季地区大会が13日からスタート。現在、県内の各チームは急ピッチでチームを作っているようです。
 
 そんな中、昨日は静岡高と三ヶ日の練習試合を見てきました。両チームとも、先発投手は1年生。静岡高の先発は松田翔真(177cm80kg、左投左打)、三ケ日は戸田陽己(173cm66kg、右投右打)。2人とも、『静岡高校野球2013』の「ようこそ静岡高校野球」というコーナーで紹介した選手だけに、投げ合いがすごく楽しみでした。

1308041_2 まず、静岡高の松田は浜松リトルシニア時代に比べ、体は一回り大きくなった印象を受けました。僕が、最後に松田を見たのは昨年の7月。おそらく、そこから中学卒業までの期間で相当なトレーニングを積んできたのではと想像がつきます。一目で逞しさが分かりました。
 この日は3回を2失点。力むと高めに抜ける球もありましたが、腕がビュンビュンと振れて、本格派左腕の雰囲気を醸し出していました。
 「専門家に調べてもらうと、彼は体のパーツパーツ、それぞれの筋肉は素晴らしいものを持っているようなんです。あとは、体が噛み合ってくるかどうかでしょう。来年の春を楽しみにして下さい」(栗林俊輔監督)。
 ぜひ、来年はプロが注目するようなピッチャーになってもらいたいです。 

 一方、三ヶ日の戸田は今夏からベンチ入りを果たしています。こちらも、大石卓哉監督が将来が楽しみと期待する右腕です。体全体を使うフォームから、ストレートとブレーキのきいたカーブで勝負します。フォームといい、投球スタイルといい、どことなく往年の桑田真澄(元巨人他)を彷彿とさせました。
 
1308042 その三ヶ日で、もう一人紹介したい選手がいます。1番・センターで出場した太田康貴(160cm54kg、左投左打)です。小柄ですが、コマのようにくるっと回転して、シャープなスイング。この日は初回、3回、7回、すべてでセンター前に安打を放ちました。しかも、塁に出ると、俊足を生かし、必ずホームまで生還。この秋、また見たくなる韋駄天選手を見つけました。(編集部・栗山)

<写真上/本格派左腕の逸材として注目の1年生・松田翔真(静岡高)>
<写真下/名門相手でも臆することなく、自分の野球スタイルを貫いた太田康貴(三ヶ日)>

|

« ピッチャーらしいピッチャーへ、期待の本格派中学生! | トップページ | ヤマハ出身・石山が浜松で登板! »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/57933399

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 静岡高vs三ヶ日:

« ピッチャーらしいピッチャーへ、期待の本格派中学生! | トップページ | ヤマハ出身・石山が浜松で登板! »