« 静岡学生リーグ 東海大海洋学部vs常葉大浜松キャンパス | トップページ | 岐阜大学リーグで活躍する静岡勢に注目! »

2013年9月10日 (火)

ヤマハが日本選手権代表決定戦へ!

★9月9日 日本選手権東海予選 岡崎球場 

チーム
十一 十二
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 2 6
Honda鈴鹿 1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 4

02 7日から岡崎球場にて日本選手権東海予選が始まりました。今年はJR東海が好調で、静岡大会、ベーブルース杯で優勝したため、東海地区は1枠増の4チームが本選に出場します。昨年、本選出場を逃したヤマハは昨日9日に初戦を迎え、Honda鈴鹿と対戦しました。

 Honda鈴鹿は初回に1点を先制し、その後も、得点を重ねます。また、Honda鈴鹿先発の土肥寛昌は要所で低めへの制球が冴え、8回までヤマハ打線を0点に封じる好投を見せました。しかし、ヤマハは4点ビハインドで迎えた土壇場の9回に先頭の矢幡勇人が左中間への三塁打で出塁すると、石野雅之青柳直樹のタイムリーで4点を奪い同点に。延長戦に突入した12回表、2死から再び矢幡の二塁打でチャンスを作ると、長谷川雄一柳裕太のタイムリーで2点の勝ち越しに成功。そのまま6-4で勝利を決めました。
 Honda鈴鹿は中東信二が顔面死球を受け、鼻血を出しながらも出場を続けたこともあり、流れも雰囲気もガッチリ掴んでいたように見えました。9回に入った時には、正直、このままHonda鈴鹿が勝利するかと思っていたのですが…久々にヤマハのミラクルっぷりを見ました。
 矢幡、永田英之、長谷川雄の1~3番はみんな俊足で、この上位打線が機能すると、一時期のお祭り打線に匹敵する破壊力&ワクワク感があります。次のトヨタ自動車戦では、もう少し早く打線が頑張ってくれることに期待したいですね。

Ozawa
Takeuti

 この試合で、ヤマハは7人もの投手をつぎ込みましたが、一番印象に残ったのは、公式戦初登板ながら、2死満塁、一打サヨナラの10回にマウンドに送り込まれた3年目右腕の小沢真大。小沢は入社してから故障でほとんど登板がなく、豊岡グランドにちょくちょく行く私でもビデオ係をしているところしか見たことがなかった投手です。しかし、こんな場面での登板ながら、腕はしっかり振れていて、度胸を感じました。その後の11回、12回もきっちり抑えて勝利に貢献。社会人選手としてスタートラインに立った小沢が今後、どのような投手に成長していくのか見守っていきたいです。
 また、豪腕・武内仁志の復活も嬉しかったですね。7回から登板し、力のあるストレートは最速147キロを計時。もう心配ありません! 本来ならエース、そしてドラフト候補でもある右腕なので、本選出場を決めて、大阪ドームでは先発として投げてほしいです。

 代表決定戦の相手はトヨタ自動車。トヨタ自動車は今夏の都市対抗の本選出場を逃しているので、日本選手権出場に向けて気合が入っています。どんな戦いが繰り広げられるのか、要注目です!(編集部H)

<写真/上から矢幡勇人、小沢真大、武内仁志(ヤマハ)>

■ヤマハ ■Honda鈴鹿
1番 左翼 矢幡
2番 遊撃 永田
3番 中堅 長谷川雄
4番 DH
5番 三塁 嶋岡
6番 一塁 石野
7番 右翼 高橋
8番 二塁 青柳
9番 捕手 川邉
1番 中堅 早川
2番 右翼 藤原
3番 捕手 藤本
4番 DH 庄司
5番 一塁 大西
6番 左翼 加藤
7番 三塁 中東
8番 遊撃 杉本
9番 二塁 橋本
投手:竹下-吉村-九谷-渡邉
-武内-長谷川亮-小沢

投手:土肥-濱矢-藤本瞬

|

« 静岡学生リーグ 東海大海洋学部vs常葉大浜松キャンパス | トップページ | 岐阜大学リーグで活躍する静岡勢に注目! »

社会人野球」カテゴリの記事

Hさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/58166232

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハが日本選手権代表決定戦へ!:

« 静岡学生リーグ 東海大海洋学部vs常葉大浜松キャンパス | トップページ | 岐阜大学リーグで活躍する静岡勢に注目! »