« 東北福祉大・辻本一磨と澁谷謙太(ともに飛龍出身)がヤマハ戦に出場! | トップページ | 横須賀が春の県大会へ! »

2014年3月21日 (金)

練習試合 常葉橘vs三島南

 いよいよ今年も選抜高校野球大会が開幕しましたが、『静岡高校野球』編集部はコツコツと練習試合を見て回っています。

 今日は常葉橘と三島南の練習試合を見てきました。三島南は192センチの長身右腕・佐野勇司が先発。1年秋から注目している大器だけに、どんな成長を見せているのか楽しみでした。(1年秋のレポートはこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2012/08/post-3c95.html

03211 立ち上がりに甘くなった球が常葉橘打線につかまり、2回までに3失点も、3~5回は無失点に。6回を投げて4失点という結果でした。
 見た目はまだまだ細いのですが、稲木恵介監督によると、オフに体重がアップし、筋肉の強さが増したとのこと。
 これだけの長身を持ちながら下半身が柔らかく、トップで沈み込みながら、長い腕を鋭く振ってくる本格派タイプ。最速131キロのストレートは、指にかかったときはその数字以上の威力を感じます。特に、高めにホップするような球筋のストレートは常葉橘打線も詰まる場面がありました。
 ただ、まだまだ未完成な部分も多く、高校3年間では時間が足りないかもしれません。焦らず、ゆっくりと鍛えて欲しいと思います。
03212_3 三島南の打線では3番レフトの長田智稀が気になりました。初回の第1打席でライト横を破る二塁打。決してジャストミートという感じではないのですが、スイングにスピードがあるので、少しぐらい崩されても、内野の間を抜きます。先週の練習試合では本塁打を放ったというパンチ力と広角に打ち分ける打撃センス。魅力的な選手を見つけました。

03213

 一方、常葉橘はプロ注目の木村聡司が6回からマウンドへ。調整不足ながら、4イニングで6三振を奪いました。さらに、ここからギアを一気に上げて春の大会に挑むはず。秋の悔しさを晴らすため、何がなんでも東海大会に出場してアピールしてもらいたいです。

 なお、試合は常葉橘が4対2で勝利しました。(編集部・栗山)

<写真/上から佐野勇司(三島南)、長田智稀(三島南)、木村聡司(常葉橘)>

|

« 東北福祉大・辻本一磨と澁谷謙太(ともに飛龍出身)がヤマハ戦に出場! | トップページ | 横須賀が春の県大会へ! »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/59331389

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 常葉橘vs三島南:

« 東北福祉大・辻本一磨と澁谷謙太(ともに飛龍出身)がヤマハ戦に出場! | トップページ | 横須賀が春の県大会へ! »