« 日本の真ん中・岐阜で頑張る静岡関連選手! | トップページ | 定期戦 富士市立vs吉原工 »

2014年4月16日 (水)

鈴木翔太(中日)がファーム初登板!

 本日04161、聖隷クリストファー出身の鈴木翔太(中日)が2軍戦で初登板を果たしました。

 鈴木翔がプルペンに入ったのは5回でした。投げようとした瞬間、ファンがネット越しにカメラを持って一挙に集結。「ドラフト1位ってどんなピッチャーだろう」という期待の高さが伺えたシーンでした。さらに、数球投げ始めると、鈴木翔をはじめて見たと思われるファンから「いいフォームしとるな~」「美しすぎる!」といった声が聞こえてきました。

 僕も三塁側の最前列に座り、鈴木翔の投球を間近で見ました。あらためて、しなやかなフォームに惚れぼれしたと同時に、高校時代の1番いいときに戻っているなと感じました。軸のブレが全くといっていいほど無く、バランスがいい。下半身が柔らかくなったせいかリリースでの重心が少し低くなったような感じで、ボールを離す瞬間の爆発力は高校時代よりも増していると思いました。

 04162_2出番は3対3で迎えた8回でした。観衆の拍手を背にマウンドに上がると、最初のライネル・ロサリオに対してこの日最速の138キロをマーク。ロサリオにレフト前安打を許すも、捕手の杉山翔大が盗塁を刺し、鈴木翔をフォローしてくれます。続く、會澤翼はショート内野安打、美間優槻はセンターフライ、二死一塁となった場面で、代打として栗原健太が登場します。カウント2-2からの5球目でした。甘く入った変化球を栗原が芯でとらえると、打球はレフトスタンドへ。大きな2ラン本塁打となりました。
 ただ、次の安部友裕はファーストゴロに。鈴木翔はきっちりと一塁ベースカバーに入り、この日の投球を終えました。

04163 結局、この日は打者5人に対し、被安打3、失点2という内容でした。やはり、まだまだ球が軽いせいか、5人とも、打球が速かったです。特に、栗原の一撃は少しでも甘く入れば簡単に持っていかれる、プロの凄さを感じました。
 高校時代も、打たれた悔しさを糧に努力してきた鈴木翔。きっと今日の初登板も大きな財産にしてくれるはず。今の流麗なフォームのままパワーアップした2年後、3年後が本当に楽しみです!(編集部・栗山)

<写真上/ファーム初登板を飾った鈴木翔(中日)>
<写真中/登板時のスコアボード>
<写真下/試合後、富士宮西出身の佐藤秀樹投手コーチからアドバイスを受ける>

|

« 日本の真ん中・岐阜で頑張る静岡関連選手! | トップページ | 定期戦 富士市立vs吉原工 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/59480281

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木翔太(中日)がファーム初登板!:

« 日本の真ん中・岐阜で頑張る静岡関連選手! | トップページ | 定期戦 富士市立vs吉原工 »