« 静岡高が、3年ぶり23度目の甲子園へ! | トップページ | 東海大翔洋中が5年ぶり5度目の全中出場! »

2014年8月 6日 (水)

中日二軍vs東海地区大学リーグ選抜

 本日、ナゴヤ球場で東海地区大学リーグの選抜チームと中日二軍の試合が行われました。

 08062_2静岡リーグからは投手が山下奈助(静岡理工科大2年)・芦川大悟(常葉大富士3年)・森田雄大(静岡大3年)、内野手が菊原数馬(東海大海洋学部4年)・山本大貴(静岡大3年)・石川裕也(日大国際関係学部2年)、外野手が齋藤優迅(東海大海洋学部4年)・高木紀義(静岡産業大3年)がメンバーに名を連ね、芦川以外の選手が出場しました。また、岐阜リーグからは3番ライトで浜松商出身の柳龍一(岐阜聖徳学園大4年)、抑えとして下田高南伊豆分校出身の菊江龍(朝日大4年)が出場。静岡濃度はかなり高いチームでした。
 しかし残念ながら、試合は6-0で中日が快勝。打線は3安打に抑え込まれ、プロの力をはっきりと見せつけられました。そのうちの1安打を放ったのは途中出場の高木。レフト前へのポテンヒットでしたが、おいしいところ(?)を持っていくのはさすが常葉菊川出身と言いたくなります(笑)
 08061投手陣は山下も森田も1回持たずに降板と、力を発揮できませんでしたが、菊江はやってくれました。7回からマウンドに上がり、いきなり連続安打。ひやひやしていましたが、溝脇隼人を変化球で空振り三振に斬って取ると、オリックスから移籍したばかりの三ツ俣大樹はゲッツー。無失点で切り抜けました。圧巻だったのは8回。先頭の吉川大幾を141キロのストレートで見逃し三振に仕留め、続く古本武尊は変化球で攻め空振り三振。この日3打数3安打と当たっていた4番福田永将をレフトフライに打ち取る完璧な投球でした。最速は143キロを記録。ナゴヤ球場のスピードガンは甘くないので、サイドでこの数字にはむしろ中日側の人たちが驚いてましたね。
 試合後に菊江に話を聞くと、「課題にしていた変化球をうまく使って抑えられたのがよかったです。今日はシンカーが良かったですね」とリーグ戦に向けて順調に調整が進んでいる様子が伺えました。(これまでの紹介記事→朝日大・菊江龍を見てきました!日本の真ん中・岐阜で頑張る静岡関連選手!

 ちなみに、中日・鈴木翔太はベンチを外れ、記録係の仕事を頑張っていました。母校の聖隷クリストファーは先日開催された茗球会杯(筑波大出身の指導者が集う大会)で浜松商を下し優勝。鈴木洋佑監督が秋のチームには自信を持っているようだと教えると、「本当ですか?」と精悍な顔を崩し、笑顔に。今度は投げている姿を見に行きたいです!(編集部H)

<写真上/プロ相手に安打を放った高木紀義(静岡産業大)>
<写真下/『静岡高校野球2014』でも紹介した下田高南伊豆分校出身の菊江龍(朝日大)>

|

« 静岡高が、3年ぶり23度目の甲子園へ! | トップページ | 東海大翔洋中が5年ぶり5度目の全中出場! »

プロ野球」カテゴリの記事

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/60108530

この記事へのトラックバック一覧です: 中日二軍vs東海地区大学リーグ選抜:

« 静岡高が、3年ぶり23度目の甲子園へ! | トップページ | 東海大翔洋中が5年ぶり5度目の全中出場! »