« クラストカップ 掛川リトルシニアvs浜松リトルシニア | トップページ | 静岡市内大会 静岡商vs清水西 »

2014年10月31日 (金)

中遠大会 菊川南陵vs常葉菊川

 26日は三重で東海大会の決勝が行われていましたが、それも気にしつつ、中遠大会を見に行きました。気になっていたのは菊川南陵。ご存知の通り、今夏は大会途中で辞退し、秋季大会も不出場でした。ただ、来夏、静岡高を倒せるチームがあるのか、と考えた時に、第一の条件になるのは好投手がいること。それを考えると、菊川南陵のエース左腕・山川直人(2年・172cm65kg、左投左打)はやっぱり成長度合いを確かめたい投手でした。

Yamakawa この日、先発マウンドに立った山川は下半身がしっかりした印象。今春見た際にはめちゃくちゃ腕が振れる分、壊れてしまうんじゃないかという怖さがありましたが、その不安は薄れました。腕を振って、テンポよくストレートとカーブを投げ込んでくるのですが、このカーブが絶品。低めいっぱいのところに吸い込まれるように決まり、見逃してもストライク、振っても空振りというキレの良さ。もちろん、カーブがいい分、ストレートも対比で速く見えます。ストライク先行で、打者を見下ろすように投げられているし、いい成長曲線を描いていることを確認。相手の常葉菊川は今秋の県大会メンバーではなく、Bチームということでしたが、8回5安打1失点8奪三振でチームも勝利に導きました。
 ただ、気になったのは2死からの投球。5回には2死から代打で出てきた藤田敦司(2年)にストレートをドンピシャの当たりで本塁打にされ、直後の打者にはストレートの四球。その後も、2死から走者を出すことが続きました。ちょっと簡単にいってしまっているような気がしましたね。この日は5四球でしたが、制球力がない投手ではありません。慎重にいきすぎた結果でもないんですよ。楽しみな左腕なだけに、このあたりの改善を期待したいです。この日は8番を打っていましたが、打撃もいいんです。低めを思い切り引っ張って右中間オーバーの三塁打を放ったかと思えば、初球を逆らわずにレフト前に持っていったり。足も速いし、センスの塊。今冬の成長次第で静高打線に対抗し得る投手の一人だと改めて認識しました。

Nakahira 菊川南陵の打者では1番サードの長島飛雄馬(2年・177cm75kg、右投左打)に注目していたのですが、この日、「こんないい選手がいたんだ」と思ったのが6番ショートの中平陸生(1年・167cm62kg、右投左打)。小柄ですが、力強いスイングがいい! バットをしっかり振り切って、勢いのあるプレーをします。
 菊川南陵は大柄な選手が多かったですね。元々関西出身が多く、爆発力のあるチーム。春先以降、気にしていきたいです。(編集部H)

<写真上/山川直人(菊川南陵)>
<写真下/中平陸生(菊川南陵)←ネットとか色々入ってしまってすみません!>

|

« クラストカップ 掛川リトルシニアvs浜松リトルシニア | トップページ | 静岡市内大会 静岡商vs清水西 »

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/60572642

この記事へのトラックバック一覧です: 中遠大会 菊川南陵vs常葉菊川:

« クラストカップ 掛川リトルシニアvs浜松リトルシニア | トップページ | 静岡市内大会 静岡商vs清水西 »