« ドラフト会議で静岡関連6選手が指名!  | トップページ | 中遠大会 菊川南陵vs常葉菊川 »

2014年10月27日 (月)

クラストカップ 掛川リトルシニアvs浜松リトルシニア

★10月27日 クラストカップ争奪第15回リトルシニア南関東野球大会静岡予選準決勝 浜松リトルシニアグランド

チーム
浜松シニア 0 1 0 0 1 0 2 4
掛川シニア 0 0 0 0 0 1 0 1

 昨日はクラストカップの静岡予選準決勝、掛川リトルシニアと浜松リトルシニアの試合を見てきました。
 10261浜松リトルシニアは2回、4番・山田恭太朗、5番・鈴木耕介の安打を足がかりに1点を先制すると、5回にも1点を追加。さらに7回にはエース・夏目太陽のダメ押しとなる2点タイムリー三塁打で試合を決めました。夏目は投げても伸びのあるストレートと、低めのストライクゾーンからボールゾーンに落ちる変化球を武器に1失点の好投。浜松リトルシニアが11月1日に愛鷹球場で行われる決勝戦に駒を進めました。
 その浜松リトルシニアで風格十分なのが3番キャッチャーの高林10262_2真成。ガッチリとした体系から軸のブレが少ない腰の据わったバッティングが魅力的。この日の第2打席ではバットを一握り短く持ち、センター前に打ち返しました。
 一方の掛川リトルシニアでは、背番号3をつけた片山樹が安定感のある投球を見せました。コースを投げ分けることができる出色のコントロールに、スローカーブを操る指先感覚の良さ。中学から高校にかけ、グッと伸びていきそうな予感のする右腕でした。(編集部・栗山)

<写真上/攻守でチームを牽引する高林真成(浜松リトルシニア)>
<写真下/しなやなかに腕を振る片山樹(掛川リトルシニア)>

|

« ドラフト会議で静岡関連6選手が指名!  | トップページ | 中遠大会 菊川南陵vs常葉菊川 »

中学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/60552603

この記事へのトラックバック一覧です: クラストカップ 掛川リトルシニアvs浜松リトルシニア:

« ドラフト会議で静岡関連6選手が指名!  | トップページ | 中遠大会 菊川南陵vs常葉菊川 »