« プロ注目・杉山一樹(駿河総合)が今春初登場! | トップページ | JABA静岡大会 永和商事ウイングvsヤマハ »

2015年4月 5日 (日)

静岡を巣立つ球児たち2014~佐藤圭生編・下

 オフシーズン企画「静岡を巣立つ球児たち」。今年も編集部Hが、卒業後も野球を続けることが決まっている高校3年生たちに会いに行きます。
 前回に引き続き、佐藤圭生(御殿場西→東海理化)編です。 「静岡を巣立つ球児たち2014~佐藤圭生編・上」はコチラ

---------------------------------------------------

Dscn5270★短かった夏
 「3年春は県で常葉橘に負けて。3年夏は短かった。3年になってから全然勝ってなくて、3年の時の思い出が全然ないですね」
 3年夏は開幕戦で飛龍に敗退し、静岡で一番早く夏を終えた。その試合、先発した佐藤は5回までは好投を続けていたものの、6回に乱れた。思うようなボールがいかなくなり、押し出しなどで得点を奪われ、マウンドを降りた。「抑えなきゃという気持ちが強すぎて、フォームが崩れてたのかも」と今は振り返る。
「甲子園行ったり、もっと活躍できてたら、プロに行きたいなって思ってたんですけど、全然活躍できなくて。今行っても、あまり活躍できずに終わっちゃうと思いました。もっと下積みをしていかないといけないなって」
 2年の冬までは考えていなかったという社会人。プロで活躍する左腕に大卒や社会人出が多いことも気になっていた。話がきていた東海理化の練習に参加すると、レベルの違いに驚いた。
「社会人になるとみんなフィールディングが上手くて。練習に参加してみて、学ぶことしかありませんでした。自分のためになりました」
 同じ左腕で、エースの川脇輝生からは基礎中の基礎も教えてもらった。周囲のレベルの高さに、佐藤は東海理化で自分に磨きをかけていくことを決めた。

★社会人、そしてプロで活躍するために
 目標にしているのは巨人の杉内俊哉。杉内もまた、社会人チームからプロに進んで活躍している左腕だ。
「あの制球と球の伸び、落ちないストレートとか。ああいう球投げたいなって思ってました。フォームも安定してたんでいいなって。力入れてないように見えて、いい球がいってるし、身長もそんなに高くないのにあんなに打ち取れてる。ああいうふうになれたら」
 社会人のレベルに触れて、今の自分で通用する世界ではないとも感じた。ただ、佐藤は焦らず、プロ入りまでの最短3年間を見据えている。
「1年目はまず社会人に慣れて、練習についていけるようにして、試合で投げさせてもらえれば勝てるようになるところまではいきたい。いいピッチャーばかりなので、都市対抗予選で投げるのは難しいけど、1年目でしっかり基礎を固めて、2年目からは予選でも投げられるぐらいのピッチャーになりたいです。もっとコントロールを磨いて、甘くいったら打たれてしまうので、強気にインコースをどんどん突けるようなピッチングをしていきたいですね」
 さらに新しい持ち球獲得も目指している。まだ完成していないというチェンジアップ、大きな手を持ちながら握力があまりないため投げられないフォークや落ちる系のボールにも今後は握力を鍛えて取り組む。昨年のドラフトの日に、齋藤誠哉(現ソフトバンク)や木村聡司(現広島)が育成ドラフトで指名を受けるのを見て、「知ってるピッチャーがプロに行くっていうのもすごいな」と感心しながらも、悔しさも抱いた。選んだ回り道を無駄にしない決意も同時に固めた。

04051★佐藤圭生からのメッセージ
 最後に現役球児へのメッセージを聞いた。
「自分の中に悔いが残らないように、練習を頑張って、試合では思い切ったプレーをしてほしいなって思います。自分は夏大とか全然結果が出てないので悔しいですね。走ることにももっと慣れておけばよかったと思うし、フィールディングももっとしっかりやっておけばよかった。甲子園にも行きたかった…」
 悔しかったことを聞くと佐藤は冗舌になる。「1年夏に負けた静岡商に、2年秋にも負けた。あれも悔いが残ってます」。ただ、静岡商・國松歩はJR東日本に入社したため、再戦のチャンスもある。子供の頃からずっと憧れていたプロ野球選手への道のりを、悔いを回収しながら、「顔に出したって意味がない」という持ち前のポーカーフェイスでひた走る。

鈴木久監督からの贈る言葉
小野晋吾(元ロッテ)が入ってきた時にあったひらめきを圭生にも感じました。人にはない肘、手首の柔らかさがありましたね。自分が監督として現役で教える中では、最後の上でやれる子かもしれない。体、土台は作ったので、体のキレをつければ150キロも狙えます。努力では身につけられない感覚を持ってるし、あとは上でやりたいという気持ちをどれだけ本人が持てるか。順調にいけば、多分、騒がれる存在に育ってくれると思います。

■佐藤圭生[さとう・よしお]
投手/御殿場西→東海理化/179cm86kg/左投左打
小学1年で野球を始める。原里中では御殿場選抜に選出。御殿場西に進学後、1年夏に公式戦デビューを果たす。2年からはスタンドにスカウトの姿が増え始めるも、この春、東海理化に入社。キレのいいスライダーと力強いストレートを東海理化でさらに磨く。

---------------------------------------------------
 マウンドでもインタビュー中でもあまり表情が変わらない佐藤。ただ、昨年5月に「静岡高校野球2014」の取材で、流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦さんと御殿場西に伺った際、安倍さんがチームメイトの斉藤力(現愛知学院大)に「ヘイ! リッキー!」と呼びかけた時には吹き出す姿も。プロ野球選手になったあかつきにはあんな笑顔をたくさん見たいです!
 2014年版は今回が最終回です。会いに行きたくても行けなかった選手もたくさんいました。今後、進学先、就職先での活躍をまたこのブログで紹介します!(編集部H)

|

« プロ注目・杉山一樹(駿河総合)が今春初登場! | トップページ | JABA静岡大会 永和商事ウイングvsヤマハ »

静岡を巣立つ球児たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/61367626

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡を巣立つ球児たち2014~佐藤圭生編・下:

« プロ注目・杉山一樹(駿河総合)が今春初登場! | トップページ | JABA静岡大会 永和商事ウイングvsヤマハ »