« 春季西部地区大会4日目(4月1日)~浜岡球場レポート | トップページ | 静岡を巣立つ球児たち2014~佐藤圭生編・下 »

2015年4月 4日 (土)

プロ注目・杉山一樹(駿河総合)が今春初登場!

 今日の清水庵原球場第1試合ではドラフト候補に急浮上した駿河総合・杉山一樹(190cm85㎏、右投右打)が登場しました。
04041_2 今春はエースの吉田幸晟(171cm64㎏、右投右打)が頑張りを見せ、杉山は未登板。今春公式戦初登板の最速145キロ右腕を見ようと、この日はプロ4球団のスカウトが集結しました。
 まず、立ち上がり、以前はテークバックで腕が背中方向にグニャッと入っていましたが、後ろがコンパクトになり、しなやかに腕が振れるようになっていました。もちろん、球も速くなっています。どちらというと、日大三島・小澤怜史はズドーンとくる速さなのですが、杉山は回転でスピンが加わっている速さ。この日の最速は141キロ。常時130キロ台中盤から後半をマークしました。特に立ち上がり、指にかかったときの低めのストレートには鳥肌が立ちました。
 ところが、3回、同じくプロ注目の小野寺拓海(182cm78kg、右投右打)に3ラン本塁打を浴びるなど5失点。5回を投げ切ったところでマウンドを降りました。
 試合後、望月俊治監督は「冬の間に腕の使い方を少し変えて、やっとピッチャーとして歩き出したばかり。今日打たれたことは、いい薬になったと思います」と、さらなる成長を期待していました。
 変化球は、ストライクをとることに苦労しているなど、まだまだ課題は山積み。あとは、本人がどこまで追い込んで練習を積んでいけるのか。高校で結果を求めすぎることなく、将来を見据えて、じっくりと鍛えて欲しいです。素材の良さは誰もが認めるところ。これだけの身長で、これだけのスケールの大きな投手はそうそういません。数年後には、あの高橋純平(県岐阜商)を肩を並べる投手になっていてもおかしくはない、そんなとてつもない可能性を抱かせてくれる「逸材」なのは間違いないでしょう。(編集部・栗山)

|

« 春季西部地区大会4日目(4月1日)~浜岡球場レポート | トップページ | 静岡を巣立つ球児たち2014~佐藤圭生編・下 »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/61388565

この記事へのトラックバック一覧です: プロ注目・杉山一樹(駿河総合)が今春初登場!:

« 春季西部地区大会4日目(4月1日)~浜岡球場レポート | トップページ | 静岡を巣立つ球児たち2014~佐藤圭生編・下 »