« 練習試合 袋井商vs島田工 | トップページ | 練習試合 浜松開誠館vs常葉菊川 »

2015年5月 4日 (月)

注目右腕・松本司(相良)が今季初登板!

 今日は相良のグランドに行ってきました。相良は日本学生野球協会から対外試合禁止の処分を受けていたため、今日が今季初試合。昨年から注目している本格派右腕・松本司(181cm68㎏、右投右打)が島田相手に先発するということで楽しみにしていました。   

05041_2 初回、マウンドに上がった松本の1球目を見た瞬間、鳥肌が立ちました。バランスのいいフォームから、ズドーンという重さのあるストレートが投げ込まれます。昨年の8月に見たときは華奢なイメージがあったのですが、明らかに下半身が大きくなっています。その分、高めに抜けていた球に抑えがきくようになり、低めに強い球がきていました。
 初回に2三振を奪うと、2回も2三振。9回までに3点を失いましたが、最終回になっても球威が落ちずに、最後の打者も三振に。気持ちの入った投球を見せてくれました。

 また打っても、第1打席にレフトへ柵越えホームランを放つと、第2打席でライト前安打、第3打席でライトオーバー二塁打と大活躍。松本が投げて打って、相良が6対3で勝利を飾りました。

05042_2 スピードは本人、「昨年の秋に130キロ台前半が出てそこから測っていません」と言っていましたが、おそらく130キロ中盤から後半まではきていると思います。 
 試合後、「今日はメッチャ緊張しました。この日に合わせてきましたので」と嬉しそうな表情を見せてくれました。昨年11月から今日まで練習試合ができない日々。春の大会も出場できませんでした。しかも、同地区の榛原が中部3位で県大会へ。自分がどこまで成長しているのか見えず、苦しい毎日が続いたそうです。しかし、夏を目標に、相良の街を毎日9キロ走り、とにかく下半身を鍛えてきたとのこと。その太ももを見れば、どれだけ追い込んできたのかが分かります。

 ゴールディンウィークといえば、一昨年を思い出します。故障明けだった島田樟誠・礒道覚浩(現神奈川大)が練習試合で21奪三振をマーク。そのときの衝撃度と似たもののを感じた今回の松本の投球。肩・ヒジの柔らかさも再確認。50メートル6秒3の俊足も魅力で、大学で伸びる可能性がすごく高いタイプだと感じました。投手でも、野手でも、どちらでもいけると思います。あらためて、高校生の成長度合いの凄さに驚きました!(編集部・栗山)

※松本司(相良)の過去の記事はこちら→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2014/08/post-b4b5.html 

<写真上/「夏は必ず勝利を挙げたい」という松本司(相良)>
<写真下/今季初勝利を挙げた相良ナインと松下雄彦監督)

|

« 練習試合 袋井商vs島田工 | トップページ | 練習試合 浜松開誠館vs常葉菊川 »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/61538660

この記事へのトラックバック一覧です: 注目右腕・松本司(相良)が今季初登板!:

« 練習試合 袋井商vs島田工 | トップページ | 練習試合 浜松開誠館vs常葉菊川 »