« 菊川南陵の巻き返しなるか!? | トップページ | シニアのクラストカップが開幕しました! »

2015年9月26日 (土)

県大会準決勝~草薙球場レポート

 本日の秋季県大会準決勝は日大三島、掛川西が勝利し、東海大会出場を決めました! 日大三島は2年連続、掛川西は2008年以来、7年ぶりの東海大会出場となります。(編集部・栗山)

★第1試合 日大三島7-0浜松修学舎

09261日大三島のエース・中川真杉がノーヒットノーランを達成した。初回に四球を与えたが、あとは一人の走者も許さず、完ぺきな投球を見せる。最速137キロのストレートは球速以上の速さを感じ、多彩な変化球もキレ味が抜群だった。打線は3回に3番・今野勇斗の2ラン本塁打を放つと、4回には7番・前田謙二のタイムリー三塁打などで2点を追加。さらに、5回にも2点を挙げて試合を決めた。

日大三島・川口剛監督
「(中川について)こんな試合で、ノーヒットノーランを達成してくれるとは。本当に凄いですね。落ち着いて丁寧に投げてくれたと思います。途中から、『ヒット1本でも打たれたら交代するよ』と言っていたのですが、まさか最後までいくとは…。今野は前半、苦しい中でよく打ってくれました」

<写真/東海大会出場をかけた大一番でノーヒットノーランを達成した中川真杉(日大三島)>

★第2試合 掛川西3-1藤枝明誠

09262藤枝明誠は初回、2番・長谷川輝人、3番・中田悠斗の連続二塁打で1点を先制する。先発の久保山優は、ランナーを出しながらも、5回まで無失点に抑える。しかし、掛川西は6回、2死一、三塁から7番・天野正輝が右中間を破る二塁打を放つ。一挙に2人の走者が生還し、逆転に成功した。さらに、8回には8番・川合隼人のタイムリーで1点を追加する。投げても川合は力強いフォームから、低めを丁寧について、2回以降は得点を与えなかった。

掛川西・木村幸靖監督
「初回の川合の投球を見て、何点取られてしまうんだろうと不安になりましたが、2回以降、変化球主体に切り替えたことが良かったと思います。前半は得点が取れないイニングが続きました。久保山君のフォークは簡単に打てるボールではありませんが、『塁に出て、ピッチャーにプレッシャーをかけ続けることでいつか失投がくるよ』という考えでいました」

<写真/6回にタイムリーを放ち、喜びを表現する天野正輝(掛川西)>

|

« 菊川南陵の巻き返しなるか!? | トップページ | シニアのクラストカップが開幕しました! »

コメント

久保田優ではなく久保山優では?

投稿: | 2015年9月27日 (日) 00時17分

明誠の3番は伊藤君ではなく、中田君では?

投稿: | 2015年9月27日 (日) 07時57分

申し訳ございません。
訂正しました。

投稿: 「静岡高校野球」編集部 | 2015年9月27日 (日) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県大会準決勝~草薙球場レポート:

« 菊川南陵の巻き返しなるか!? | トップページ | シニアのクラストカップが開幕しました! »