« 浜松商出身・内山頼人(駒澤大)の公式戦デビューを目撃しました! | トップページ | 伊豆少年野球団が日本代表と練習試合を行いました! »

2015年10月 4日 (日)

東京六大学準硬式で活躍する静岡勢①

 昨日は東京六大学準硬式を見てきました。準硬式には静岡で活躍した選手がいっぱい。特に、この東京六大学は各チームに、知っている名前の選手が多くいます。

10041 第1試合は、法政大と早稲田大の対戦。法政大は「4番ライト」で小野慶典(静岡高出身・3年)、早稲田大は「5番キャッチャー」で松下和樹(掛川西出身・4年)、「8番ライト」で岸山智大(静岡高出身・1年)が先発出場しました。

 その中で注目したのは小野。高校時代はスラッガーとして鳴らした強打者。舞台を大学に移しても、その長打力は健在でした。硬式に比べ、比較的、ボールが飛びづらいと言われる準硬式の世界ですでに15本塁打(公式のみ)。しかも、右肩の手術の影響で2年秋、3年春とほぼ出場していない中での数字です。
 静岡高の1年先輩で現在は法政大主将を務める佐野健太も「小野のバッティングはあり得ない」と舌を巻くほど。この日も、4回にレフトの右横を鋭く抜くタイムり―二塁打を放ち、チームの勝利に貢献しました。
10042「春はリーグ優勝しましたが、全国ベスト8どまり。来年は全国制覇を果たしたいです」
 僕は準硬式の試合を初めて見たのですが、「硬式に比べて打球が失速するな」という印象を受けました。ただ、小野の打球だけは別格。スイングが速く、打球があっという間に野手の間を抜けていきました。

 昨夏、主将として静岡高を甲子園に導いた岸山は1年生ながらレギュラーを掴んでいる様子。2打席目にレフト前安打を放つと、レフトが若干もたつく間に俊足を飛ばして2塁を狙います。惜しくもアウ10043トとなりましたが、果敢に次の塁を狙っていく姿勢は「岸山らしいな」と思いました。しかし、昨日はこの2打席で交代。「厳しい世界です」と悔しさをにじませながらグランドを後にしました。

 また、1年生からマスクをかぶっている掛川西出身の松下はフル出場。3打数無安打も、落ち着いたリードはさすが。動きも、軽快でした。(編集部・栗山)

<写真/上から小野慶典(法政大)、岸山智大、松下和樹(ともに早稲田大)>

10044_2
<試合後に集まったくれた静岡高出身の3選手。左から岸山智大、佐野健太、小野慶典>

※第2試合の明治大対立教大の様子は後日、アップします!

|

« 浜松商出身・内山頼人(駒澤大)の公式戦デビューを目撃しました! | トップページ | 伊豆少年野球団が日本代表と練習試合を行いました! »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/62406343

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学準硬式で活躍する静岡勢①:

« 浜松商出身・内山頼人(駒澤大)の公式戦デビューを目撃しました! | トップページ | 伊豆少年野球団が日本代表と練習試合を行いました! »