« 東海大会2回戦~大垣北公園野球場レポート | トップページ | 嘉代誠(日大国際関係学部)が完全試合を達成! »

2015年10月19日 (月)

目指せ神宮!大学野球の東海大会も始まります

  明日から岐阜県可児市KYBスタジアムで「東海地区大学野球秋季選手権大会」が開催されます。静岡、岐阜、三重の上位2チームが参加。その中から勝ち抜いた2チームが「東海・北陸・愛知 三連盟王座決定戦」に出場します。明治神宮大会につながる重要な大会。県内からは、日大国際関係学部(静岡1位)、東海大海洋学部(静岡2位)が大会に挑みます。

10192 まず、明日の「2位校順位決定トーナメント」に登場するのが11季ぶり6度目の東海切符を獲得した東海大海洋学部。注目は最速148キロ右腕・今村亮(178cm68㎏、右投右打)と、驚異の打率・462をマークした吉永祐太郎(180cm84㎏、右投右打)の3年生バッテリーです。
 特に吉永は、バットにあたればヒットになるという状態。シーズン途中から相手マークが厳しくなった中、この数字は立派です。守っても、タイプの違う各投手の良さをうまく引き出していました。 
 手塚慎太郎監督が掲げる「この秋、何としても、もうひとつ上の東海・北陸・愛知 三連盟王座決定戦に出場」という目標に達することができるのか。初戦で、この春の大学選手権で1勝を挙げた皇學館を破れば、必ず勢いに乗るはずです。

10191 秋3連覇を達成した日大国際関係学部は2日目の「1位決定トーナメント」から出場します。期待は2年生左腕の日下部啓太(167cm68㎏、左投左打)。秋の途中から先発に回り、抜群の安定感でエースに成長。今月10日に静岡大戦では14奪三振の快投を見せるなど、今、まさに旬の投手です。
 打線も、最後こそ優勝へのプレッシャーから苦しみましたが、1番から9番までソツがなく、どこからでも得点を奪うことができるのが強み。十分に上位2チームに入る力は持っていると思います。(編集部・栗山)

<写真/上から今大会での活躍が期待される吉永祐太郎(東海大海洋学部)と日下部啓太(日大国際関係学部)>

★大会の組み合わせなどはこちらをご覧ください。→http://tokaibbl.com/news/%e5%b9%b3%e6%88%9027%e5%b9%b4%e5%ba%a6-%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e5%8c%ba%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e9%87%8e%e7%90%83%e7%a7%8b%e5%ad%a3%e9%81%b8%e6%89%8b%e6%a8%a9%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%81%ab%e3%81%a4/

|

« 東海大会2回戦~大垣北公園野球場レポート | トップページ | 嘉代誠(日大国際関係学部)が完全試合を達成! »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/62508700

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ神宮!大学野球の東海大会も始まります:

« 東海大会2回戦~大垣北公園野球場レポート | トップページ | 嘉代誠(日大国際関係学部)が完全試合を達成! »