« 県内から唯一選出! U-15代表・鈴木健斗インタビュー | トップページ | 愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知東邦大 »

2015年10月 7日 (水)

東京六大学準硬式で活躍する静岡勢②

10071_2 10月4日の記事の続きです。東京六大学準硬式、2試合目は明治大対立教大でした。
 立教大は、なんと4人の静岡県出身選手が出場しました。

 高校時代、「静高強力打線」の一角を担った榛葉忠義(静岡高出身・3年)は「1番レフト」で出場します。
 まず、初回に先頭打者としてレフト前安打。さらに2打席目にはレフト線を破るタイムリー二塁打を放つと、5打席目もレフト前安打。この日、4打数3安打1盗塁の大活躍でした。両足を大きく広げた独特のスタンスからノーステップで一発で仕留める打法。上の写真を見てわかると思いますが、常にグランド上で元気。野球ができることの喜びを感じているような、イキイキとしたプレーが印象的でした。

10072 「6番ショート」で出場したのは大井健都(掛川西出身・3年)。もともと高校時代は投手として注目されましたが、大学ではチーム事情もあって内野手一本に。そんな中で、今春のリーグ戦で打率2位をマークし、ベストナインも獲得。このリーグを代表する選手の一人になっているようです。
 この日、打つ方ではヒットが出ませんでしたが、守備力の高さは際立っていました。見るからに10073_2雰囲気が良く、横の厳しい打球にも対応可能、捕球からスローイングまでの一連の動作には安定感がありました。

 また、途中から田形大樹(静岡高出身・3年)、杉山友章(沼津東・3年)も出場。これだけ1日で静岡勢を見ることができたら、もう大満足。立川まで見に行って大正解でした。(編集部・栗山)

10074<写真/立教大準硬式で頑張る静岡勢。上から榛葉忠義、大井健都、田形大樹、杉山友章>

★東京六大学準硬式で活躍する静岡勢①はこちらから→http://tsukasa-baseball.cocolog-shizuoka.com/blog/2015/10/post-9d82.html

|

« 県内から唯一選出! U-15代表・鈴木健斗インタビュー | トップページ | 愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知東邦大 »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

田形君は、城山中で活躍した田形君かな?

投稿: | 2015年10月 7日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/62427679

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学準硬式で活躍する静岡勢②:

« 県内から唯一選出! U-15代表・鈴木健斗インタビュー | トップページ | 愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知東邦大 »