« 東京六大学準硬式で活躍する静岡勢② | トップページ | 静岡リーグ期待の1年生投手、荒木(常葉大浜松)&竹内(静岡大) »

2015年10月11日 (日)

愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知東邦大

 
Kobayashi_2
Omura
Shobu_2
Tanpo
Matsui
Matsuura
Hatori
 昨日は愛知大学リーグ2部へ。愛知東邦大・小林弘郁(市立沼津出身・3年)がおそらく今年、最後の登板になるとのことで、名古屋商科大のグランドに向かいました。

 先発の小林は序盤、走者を許しながらも得点を与えない、粘りの投球を見せます。ストレートにはズドンという重さがあり、変化球の精度も抜群。緩急、奥行きを巧みに使う、大人のピッチングで要所を締めていきます。すると、静岡県勢が援護します。まず、5回、市立沼津時代からチームメートの大村祐麻がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち、2点を先制。さらに、続く6回には菖蒲怜(飛龍出身・2年)がスクイズを決めて、1点を追加しました。
 その後、小林は7回に1点を失うも、最後まで球威が落ちることなく、完投で今季3勝目をマークしました。
 試合後、「今日は真っすぐよりも、ツシームが良かったと思います」とコメント。重要な場面で、打者の手元でスッと落ちるツーシーム。腕の振りがストレートと変わらないので、打者はどうしても手が出てしまう必殺球でした。
 春は4勝、秋は3勝。昨日のような投球なら、もっと勝ってもおかしくない投手です。来年はぜひ、チームの1部昇格のために頑張ってほしいと思います。

 一方の名古屋商科大は1年生の丹甫航也(清水西出身)がフル出場しました。前週は初めてリーグ戦に出場し、二塁打を放つ活躍を見せ、この日も「7番サード」でスタメンでした。
 しかし、昨日は第1打席に四球を選びましたが、その後は3打席ノーヒット。1対3で迎えた9回は2死一二塁というチャンスで打席が回ってきましたが、惜しくもショートゴロに。試合後はかなり悔しい表情を見せていました。
 ただ、こういう重要な場面でも代打が送られることがないのは、チームから期待されている証です。守備では落ち着いて、2つのゴロを軽快にさばいていました。動きのキレは、上級生と比べても全く見劣りしないだけに、残りの試合でもガンガンとアピールを続けて欲しいと思っています。

 その他にも静岡県出身者が多く出場しました。名古屋商科大は松浦克磨(静岡商出身・4年)が「6番センター」、松井和輝(藤枝明誠出身・2年)が「9番キャッチャー」でスタメン出場。服部俊亮(東海大翔洋出身・1年)は途中出場から打点を挙げました。(編集部・栗山)

<写真/この試合で出場した静岡勢7人。上から小林弘郁、大村祐麻、菖蒲怜(愛知東邦大)、丹甫航也、松井和輝、松浦克磨、服部俊亮(名古屋商科大)>

|

« 東京六大学準硬式で活躍する静岡勢② | トップページ | 静岡リーグ期待の1年生投手、荒木(常葉大浜松)&竹内(静岡大) »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/62452882

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知東邦大:

« 東京六大学準硬式で活躍する静岡勢② | トップページ | 静岡リーグ期待の1年生投手、荒木(常葉大浜松)&竹内(静岡大) »