« 掛川西出身・森脇一樹(法政大)インタビュー | トップページ | 三村杯は三島南が初優勝! »

2015年11月21日 (土)

台湾高校野球交流試合 静岡商vs穀保家商

 今日から、台湾チームと県内チームの交流戦が始まりました。今回、もっとも楽しみにしていたのが穀保家商。現在、台湾最強チームと言われ、今年5月下旬に開催された「玉山盃」という全国大会で優勝。さらに、8月に開催されたU-18ワールドカップには4選手が台湾代表として出場しています。なかでも、最速146キロを誇る陳琥は将来が有望視されている投手と聞いていました。
 そんな穀保家商の最初の相手は静岡商。どんな試合になるのか注目しました!

★11月21日 台湾高校野球交流試合 清水庵原球場 晴   

 チーム
穀保家商 0 0 0 1 0 0 0 2 1 4
静岡商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

11211  静岡商の先発はエース・河合優作(179cm66㎏、右投右打)。今日の河合は、右打者に対しての内角低めのストレートが良かったです。穀保家商の各打者はリーチが長く、外角にはメチャクチャ強い印象がありましたが、内角は窮屈に打っている様子。そこを河合は角度を生かして、豪快に投げ込みました。
 独特の緩いカーブは高めに浮くと、さすが持っていかれますが、低めにくると有効的。ストレートとカーブのコンビネーションで7回を1失点に抑えました。プロ予備軍相手の好投は自信にしてほしいと思います。
 打線は陳(8回)、胡(1回)の前に、3安打のみ。陳はパワー型の投手で、縦のスライダーはおそらく打者から見ると消えるはず。それほどのキレ味がありました。
 明日は静清と対戦。プロ注目・横尾蓮太との投げ合いは必見です!(編集部・栗山)

<写真/豪快なスイングを見せる穀保家商を7回1失点に抑えた河合優作>

|

« 掛川西出身・森脇一樹(法政大)インタビュー | トップページ | 三村杯は三島南が初優勝! »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/62724245

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾高校野球交流試合 静岡商vs穀保家商:

« 掛川西出身・森脇一樹(法政大)インタビュー | トップページ | 三村杯は三島南が初優勝! »