« 日大国際関係学部、選手権出場ならず! | トップページ | 山下大輝(西濃運輸)が都市対抗出場を決める! »

2016年5月30日 (月)

招待試合 静岡市立vs日大三

 昨日は『静岡高校野球2016直前号』(6月21日発売予定)の取材を兼ねて、静岡市立の創立70周年記念招待試合を見てきました。相手は名門・日大三(東京)です。
 前日も同じく招待試合で、春千葉ベスト8の松戸国際(千葉)相手を9回3失点に抑えたというエース・寺田敬太(171cm70Kg、右投右打)に注目。全国クラスの強力打線にどこまで通用するのか楽しみでした。

05301_2 立ち上がり、寺田はエラーでランナーを許すものの、2回を無失点に抑えます。力のあるストレートを低めに投げ込み、時折、チェンアップを混ぜ、日大三の各打者を詰まらせます。しかし、3回に1死二塁から死球を与えてしまい、そこから少しだけ球が高くなると、簡単に持っていかれます。連打を浴びて2失点。さらに4回にも2点を失い、5回からマウンドを2番手の牧野康平(168cm67Kg、右投右打)に譲ります。それでも、7回から再登板すると、8、9回は序盤のような球威が戻り、2回を無失点に抑えました。
 試合後、話を伺うと、連投ということで若干、疲れがあったようでした。ただ、最速137キロのストレートはこのレベルでもコースに決まれば、通用すると感じたはず。本人は夏に向けて、このストレートだけでなく、もう少し変化球の精度も上げていきたいとのこと。この貴重な経験を財産に、夏に大暴れして欲しいと思います。(編集部・栗山)

<写真/球持ちが良く、ボールを前で離せる寺田敬太(静岡市立)>

|

« 日大国際関係学部、選手権出場ならず! | トップページ | 山下大輝(西濃運輸)が都市対抗出場を決める! »

全国の高校野球」カテゴリの記事

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/63707578

この記事へのトラックバック一覧です: 招待試合 静岡市立vs日大三:

« 日大国際関係学部、選手権出場ならず! | トップページ | 山下大輝(西濃運輸)が都市対抗出場を決める! »