« 夏の大会2回戦(7月18日)~島田球場レポート | トップページ | 夏の大会3回戦(7月21日)~愛鷹球場レポート »

2016年7月20日 (水)

夏の大会2回戦(7月20日)~清水庵原球場レポート

 今日の清水庵原球場第1試合は、緊迫感のある好ゲームでした。

★7月20日 夏の静岡大会2回戦 清水庵原球場 晴   

  チーム
静岡市立 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3
東海大静岡翔洋 0 0 1 0 0 0 0 1 2 4

<9回サヨナラ>

(静)寺田-深田
(東)高澤、飯澤、石倉-鈴木
▽二塁打=水元(静)
▽本塁打=寺田(静)

07201_3 静岡市立は初回、東海大静岡翔洋の先発・高澤凌央の立ち上がりをとらえる。1番・水元龍之介の二塁打を足掛かりにチャンスを作り、1死二三塁から4番・野中啓斗のタイムリーで2点を先制。さらに2回には寺田敬太がレフトスタンドへ本塁打を放って1点を追加する。
 東海大静岡翔洋は3回に1点を返すも、その後は寺田の力強いストレートとチェンジアップに苦しみ、2点差で終盤を迎える。
 8回、東海大静岡翔洋は3番・井上優の犠飛まで1点差に迫る。そして、9回裏、先頭の石栗悠史のショートゴロが相手のエラーを誘い、同点のチャンスを掴む。四球のあと、7番・平山健太のセンター前で同点に。その後、満塁となり、1番・曽根渉のレフト前タイムリーで劇的なサヨナラ勝ちを飾った。

東海大静岡翔洋・原俊介監督
「初戦ということもあり、初回は浮足立ってしまった。最後は彼らの思いがつながってくれました。『白球に思いを込める』というものを体現してくれたと思います」

静岡市立・森監督
「勝たせたかったですね…。試合前から3、4点勝負だと考えていました。寺田は本調子ではない中、よく投げてくれました」

静岡市立・寺田敬太投手
「悔いはありません。大会前に両膝を痛め、投げ込みや走り込みが思うようにできませんでしたが、120パーセントの力を出し切りました。最後は自分の力不足です」

<写真/サヨナラ勝ちで喜ぶ東海大静岡翔洋ナイン>

|

« 夏の大会2回戦(7月18日)~島田球場レポート | トップページ | 夏の大会3回戦(7月21日)~愛鷹球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/63942164

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の大会2回戦(7月20日)~清水庵原球場レポート:

« 夏の大会2回戦(7月18日)~島田球場レポート | トップページ | 夏の大会3回戦(7月21日)~愛鷹球場レポート »