« 中体連予選レポート(7月3日)~天竜球場 | トップページ | 期待のサウスポー・海野陽日(日大三島)に注目! »

2016年7月 5日 (火)

オープン戦 JR東日本vsヤマハ

★7月4日 オープン戦 東京ドーム   

 チーム
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
JR東日本 0 0 0 0 0 3 0 1 0 4

※オープン戦のため、9回裏まで行われました。

<投手リレー>
(ヤ)池田-神谷-山本-伊藤-九谷-ナテル
(J)田嶋-新藤-永谷-片山-吉永

 昨日は都市対抗(7月15日開幕)に出場するヤマハとJR東日本が東京ドームでオープン戦を行いました。

07051_3 ヤマハの先発はエース・池田駿。この日は3イニングを投げ、3安打を浴びながらも、無失点に抑えました。持ち味の鋭い腕の振りから、勢いのあるストレートを投げ込んでいました。初戦に向け、順調に仕上がっている様子。安心しました。
 続く2番手の神谷貴之(永和商事ウイング)、3番手の山本洋行(新日鐵住金東海REX)の補強勢もそれぞれ無失点に抑える好投を見せます。神谷は安定感があり、山本は爆発力のある投手。2人とも、ヤマハの日本一に向けて、大きな戦力になってくれるでしょう。
 試合は6回にJR東日本の5番・長谷川拓真に3ラン本塁打を浴びますが、ヤマハも負けじと8回に代打・東隆志がレフト方向へ3ラン本塁打を放ち、同点に追いつきます。その裏、JR東日本の澤良木喬之(セガサミー)に一発を浴びたものの、優勝候補相手に互角の試合展開でした。

07052_3 一方のJR東日本では静岡商出身・國松歩が「6番サード」で先発出場。1打席は初球をとらえてセンター前安打。2打席目も初球を狙ってセンターフライ。3打席目はピッチャーへの内野安打でした。
 とにかく最初のストライクは絶対に逃さないというスタンスで、積極的な打撃に好感が持てます。予選でもいいところでタイムリーを放つなど、チームには絶対に欠かせない選手になりつつあると聞きます。都市対抗でブレイクして、来年のドラフト候補に名乗りを挙げて欲しいです。(編集部・栗山)

★都市対抗の組み合わせはこちらから→http://www.jaba.or.jp/taikai/2016/toshitaikou/pdf/87.pdf

<写真上/予選に続き、本大会でも期待されるエース・池田駿(ヤマハ)>
<写真下/走攻守、すべてでレベルアップを続ける國松歩(JR東日本)>
撮影/山下大輔

|

« 中体連予選レポート(7月3日)~天竜球場 | トップページ | 期待のサウスポー・海野陽日(日大三島)に注目! »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/63872029

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 JR東日本vsヤマハ:

« 中体連予選レポート(7月3日)~天竜球場 | トップページ | 期待のサウスポー・海野陽日(日大三島)に注目! »