« 中体連静岡県大会 金谷中vs大里中 | トップページ | 静岡県中学親善野球大会が3日から開催されます! »

2016年7月31日 (日)

日刊スポーツ杯シニア夏季大会 決勝&3位決定戦

 決勝戦では、静岡蒲原シニアAが浜松シニアAの終盤の反撃を振り切り、3年ぶり2度目の優勝を飾りました。

▽決勝
静岡蒲原シニアA 10-9 浜松シニアA

▽3位決定戦
浜松南シニア 10-0 焼津シニア(4回コールド)

07311_2 静岡蒲原シニアAの先発は、チーム関係者から「蒲原のダルビッシュ」と呼ばれる稲葉乃永でした。185センチの長身に加えて、天性の肩とヒジの柔らかさを持つ本格派右腕です。ここにきて急成長しているという噂を耳にしていたので、決勝戦で見るのが楽しみでした。
 この日は5回を投げて4失点。2本塁打を浴びたものの、立派にゲームを作り、優勝に貢献しました。試合後、本人に好調の要因を伺うと、「大会前に左手の使い方を少し変えたことで、安定したボールが行くようになった」と説明してくれました。
 また、昨秋にも一度、見ているのですが、その時よりも、体が大人っぽくなっている印象を受けました。
 「去年の秋から自主的に近所のプールに通ったり、自転車で山道を走って鍛えてきました」(稲葉)
 自分で考えながらトレーニングし、フォームの細かいところまで追求できるところも、本家・ダルビッシュ有っぽいなと感じました。

07312_2 その稲葉がダルビッシュなら、浜松南シニアの長身左腕・中根翔希は「遠州のランディ・ジョソン」でしょうか。183センチの上背があり、スリークオーター気味の角度からキレのあるストレートと、曲がり幅の大きいスライダーを小気味良く投げ込みます。まだまだ伸びしろもたっぷり。3年後は右の稲葉、左の中根でぜひ静岡の高校野球を沸かせて欲しいなと思います。

 07313野手では決勝戦の初回に先頭打者として本塁打を放った「1番キャッチャー」の夏目武尚(浜松シニアA)に惹かれました。打ってはパンチ力が光り、守ってはムードの良さが光るキャッチャーらしいキャッチャーです。
 浜松シニアは、8月9日から静岡県内で開催される「東日本選抜野球大会」にも出場するので、そこでの活躍も期待したいです。(編集部・栗山)

<写真/上から稲葉乃永(静岡蒲原シニア)、中根翔希(浜松南シニア)、夏目武尚(浜松シニア)>

|

« 中体連静岡県大会 金谷中vs大里中 | トップページ | 静岡県中学親善野球大会が3日から開催されます! »

中学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/63994173

この記事へのトラックバック一覧です: 日刊スポーツ杯シニア夏季大会 決勝&3位決定戦:

« 中体連静岡県大会 金谷中vs大里中 | トップページ | 静岡県中学親善野球大会が3日から開催されます! »