« 練習試合 常葉橘vs叡明 | トップページ | 伊豆少年野球団、決勝トーナメント進出ならず »

2016年8月 5日 (金)

静岡県中学親善野球大会で見た注目選手!

 第33回静岡県中学親善野球大会は4日に、浜松A選抜と焼津選抜で決勝戦が行われました。試合は焼津選抜が3回、4本の安打を集中して一挙5点を先制。投げては3人のリレーで完封し、見事優勝を飾りました。

★8月4日 静岡県中学親善野球大会決勝 西ヶ谷球場 晴   

  チーム
浜松A選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
焼津選抜 0 0 5 3 0 0 × 8

(浜)羽切、後藤、鈴木健-吉田哉、鈴木元
(焼)小林、伊東佳、山田-安竹
▽二塁打=小林(焼)

08051_3

08052 今大会、MVP級の活躍を見せたのは焼津選抜の小林史弥(港中)でした。
 初戦の富士宮選抜戦で1失点で完投、さらに準決勝、決勝で計6回を投げて1失点に抑える抜群の安定感でした。また、打撃面でも決勝の3回にレフト方向へタイムリー三塁打を放つ活躍。貴重な追加点を叩き出しました。
 肩・ヒジが柔らかく、腕を振って変化球を投げることができる投手。投げっぷりもいいです。試合後は「高校に行ってもピッチャーをやって活躍したい」と、元気よく話してくれました。
08053 一方、準優勝に終わった浜松A選抜では前澤寿音(浜松北部中)が2安打を放ちました。左右両方向に打ち分けるシャープなスイングが目を引きました。
 
 今大会、計2日間で5試合を見ることができました。特に印象に残ったのは富士宮選抜・佐野大陽(富士宮一中)、藤枝選抜・紅林弘太郎(青島中)、静岡葵区選抜・高橋大志(竜爪中)の3人です。
 初戦で焼津選抜の小林と投げ合った佐野は鋭い腕の振りから低めに伸びるストレートを投げ込む右腕。フォームのバランスも良かったです。
 紅林は180センチの長身で、見栄えのする遊撃手。大柄でも動きにキレがあり、高校でグッと伸びそうなタイプのように感じました。
 高橋は俊足の外野手。先頭打者として、普通のライト前安打を二塁打にした脚力と判断の良さが光りました。
 その他にも、将来が楽しみな選手を多く発見でき、有意義な2日間でした。『静岡高校野球』の次号でもたくさんの有望中学生を紹介できたらと思っています。(編集部・栗山)

<写真上/決勝では浜松A選抜相手に8対0と圧勝した焼津選抜>
<写真中/焼津選抜を投打で牽引した小林史弥(港中)>
<写真下/決勝戦では2安打を放ち、意地を見せた前澤寿音(浜松北部中)>

 

|

« 練習試合 常葉橘vs叡明 | トップページ | 伊豆少年野球団、決勝トーナメント進出ならず »

中学野球」カテゴリの記事

コメント

竜爪の高橋は中学2年から野球を始めたそうだ
また、駿河区には2人の女の選手いた

投稿: 松谷 | 2016年8月 5日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/64016073

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県中学親善野球大会で見た注目選手!:

« 練習試合 常葉橘vs叡明 | トップページ | 伊豆少年野球団、決勝トーナメント進出ならず »