« 韮山、5年ぶりの県大会に王手! | トップページ | 秋季西部地区大会8日目(8月27日)~浜岡球場レポート »

2016年8月26日 (金)

秋季東部地区大会7日目(8月24日)~富士球場レポート

<富士球場>

沼津東 2 - 0 誠恵
伊豆中央 10 - 5 吉原

08261 今夏、2年生ながら最速141キロをマークした沼津東・佐竹陽希(177cm79Kg、右投右打)。この日は6回まで好投した渡辺光洋(180cm74Kg、右投右打)の後を受け、7回から登板しました。いきなり、三振、三振、センターフライの三者凡退に打ち取る貫禄の投球。8、9回はランナーを許したものの、無失点に抑えました。

 僕がこれまで佐竹の投球を見てきたなかで、おそらく、この日が一番出来が良かったと思います。
 秋の段階では、どうしてもキャッチャーミットの手前でストレートが垂れる投手が多い中、佐竹の球は低めに伸びていきます。スピード的にも140キロ近くは出ていたはずです。スタイル的にはパワーピッチャー。どんどんストレートで攻めていく姿勢に気持ち良さを感じました。
 試合後、本人も「久々に真っすぐは良かったです」と、嬉しそうな様子。ただ、変化球の質などの課題も多く、羽切政人監督が求める「勝てるピッチャー」に向けて、気持ちを引き締め直していました。

08262 この日の第2試合で登場した伊豆中央の左腕・高橋諒(176cm68Kg、左投左打)も4月の練習試合で一度見た時から気になっている投手です。
 伊豆中央は前半、吉原にリードを許すも、5回に一挙5点を奪って逆転。その裏から、高橋がマウンドに上がり、5イニングを1失点に抑えました。
 いい時と悪い時でボールのバラつきがありますが、上半身と下半身のバランスがピタッと決まった時のストレートは素晴らしいです。抜群の腕のしなりを持ち、右打者の内角低めにクロスファイヤーも投げ込めます。今秋の静岡は、日大三島・海野陽日、東海大静岡翔洋・飯澤万里、静岡高・池谷蒼大など好左腕が揃った印象ですが、この高橋も冬に体を作っていけば、面白い存在になるはず。期待値は高いです!(編集部・栗山)

<写真上/パワフルな投球を見せる佐竹陽希(沼津東)>
<写真下/発展途上の本格派左腕・高橋諒(伊豆中央)>

|

« 韮山、5年ぶりの県大会に王手! | トップページ | 秋季西部地区大会8日目(8月27日)~浜岡球場レポート »

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/64113663

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季東部地区大会7日目(8月24日)~富士球場レポート:

« 韮山、5年ぶりの県大会に王手! | トップページ | 秋季西部地区大会8日目(8月27日)~浜岡球場レポート »