« 秋季東部地区大会10日目(9月3日)~愛鷹球場レポート | トップページ | ヤマハが2大会ぶりに日本選手権へ! »

2016年9月 5日 (月)

秋季西部地区大会最終日(9月5日)~浜岡球場レポート

<浜岡球場>
▼3位決定戦 常葉菊川 8-7 浜松市立
▼決勝戦 袋井 15- 5 磐田東(7回コールド)

 昨日は西部地区の3位決定戦と決勝戦を見てきました。
09051_3 まず、3位決定戦では、4回に一時逆転となる3ラン本塁打を放った3番・尾髙介紀の活躍が目を引きました。ライトスタンドへ豪快な一打。1打席目にもライト前安打を放ったのですが、その打席からタイミングの取り方が上手く、バットのヘッドが走っていました。体格、スイング、走り方…、どことなく、高校時代の桒原樹(広島)に似ている選手です。
 181センチの長身で、しかも左腕。水谷裕士監督は投手としても期待しています。この日は、6回からマウンドに上がりましたが、常葉菊川に再逆転を許し、結局チームは敗退。悔しさの残る結果となりました。それでも、右打者の内角低めにピンポイントで決まるクロスフファイヤーなど、いいボールも多くありました。県大会でのブレイクを期待したいと思います。

09052_2 続く決勝戦では袋井が15得点を奪い、31年ぶりとなる西部大会優勝を果たしました。
 袋井が初回に8点を挙げ、一方的な試合展開となってしまいましたが、試合途中から磐田東のベンチ横でキャッチボールする一人の1年生ピッチャーが気になっていました。
 身長183センチの大型右腕・森口千聡です。「磐田東の森口」といえば、2011年夏の県大会決勝で本塁打を打った森口壽樹(現国士舘大)を思い出す方も多いと思いますが、千聡は壽樹の弟になります。
 兄は左投手としても活躍しましたが、弟は右の本格派タイプ。この日は7回途中からマウンドに上がり、迫力あるフォームから力強いストレートを投げ込んでいました。
 磐田東は打線が活発なだけに、この森口が柱として一本立できれば、県大会で楽しみな存在になるでしょう。(編集部・栗山)

<写真上/都田中時代は2年春に、村木文哉(静岡)らとともに全国大会出場の経験を持つ尾髙介紀(浜松市立)>
<写真下/兄・壽樹が成し遂げられなかった甲子園出場を目指す森口千聡(磐田東)>

|

« 秋季東部地区大会10日目(9月3日)~愛鷹球場レポート | トップページ | ヤマハが2大会ぶりに日本選手権へ! »

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

浜市尾高選手が投げたのは6〜8回です。

投稿: 浜市ファン | 2016年9月 5日 (月) 22時34分

浜市ファンさん、すみません。
訂正しました。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: 「静岡高校野球」編集部 | 2016年9月 6日 (火) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/64161462

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季西部地区大会最終日(9月5日)~浜岡球場レポート :

« 秋季東部地区大会10日目(9月3日)~愛鷹球場レポート | トップページ | ヤマハが2大会ぶりに日本選手権へ! »