« 愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知工業大 | トップページ | 独立リーグを目指す大型右腕・寺本悠眞(東海大海洋学部) »

2016年10月 5日 (水)

クラストカップが開幕しました!

 クラストカップ争奪第17回リトルシニア南関東支部野球大会が開幕しました。今年は県内の14チームが参加(藤枝明誠シニアと掛川シニアは合同チーム)。静岡を勝ち抜いた1チームが11月12日(予定)に神奈川代表と決勝戦を行います。

10041 早速、10月2日に浜松シニアと小笠浜岡シニアの試合を取材してきました。
 試合は全国クラスとも言われる浜松シニアの打線が4回に爆発。1番・杉浦蓮久の1イニング2長打(三塁打1本、二塁打1本)など、打者一巡の猛攻で一挙10点を奪いました。
 打線の迫力に圧倒される一方で、僕がこの日、一目惚れしたのは浜松シニアの先発投手・杉田蒼希です。しなかなフォームからキレのあるストレートを投げ込み、4回を1失点に抑えました。浜松シニアは、前チームから登板経験のある大手晴が有名ですが、こんな投手もいたとは驚きでした。
 「コントロールが良く、コーナーを投げ分けるピッチャーを目指している」という杉田。現時点で、すでに細かな制球力を持ち、ストライクを取りたい時に取ることができるセンスがあります。
 体のサイズは174センチ59キロ。とにかく、まだまだ体は華奢ですが、それもまた魅力の一つ。浜松シニアの先輩・鈴木翔太(聖隷クリストファー→現中日)の高校1年時とダブって見えました。
 10042_2一方、小笠浜岡シニアでは、4番・杉浦秀が第1打席でライト前安打。体の軸がブレず、右方向に打ち返す強打者でした。第2打席は四球。この日は4回コールドとなり、2打席しか見ることができなかったので、来春、もう一度チェックしたいと思います。(編集部・栗山)

<写真上/理想の投手に岩隈久志(現マリナーズ)を挙げる杉田蒼希(浜松シニア)>
<写真下/パンチ力のある打撃が光る杉浦秀(小笠浜岡シニア)>

|

« 愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知工業大 | トップページ | 独立リーグを目指す大型右腕・寺本悠眞(東海大海洋学部) »

中学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/64294491

この記事へのトラックバック一覧です: クラストカップが開幕しました!:

« 愛知大学リーグ2部 名古屋商科大vs愛知工業大 | トップページ | 独立リーグを目指す大型右腕・寺本悠眞(東海大海洋学部) »