« 練習試合 掛川西vs早稲田摂陵 | トップページ | 春季中部地区大会1日目(3月22日)~焼津球場レポート »

2017年3月20日 (月)

山岸ロジスターズが船出!

 本日、県内6番目の社会人クラブチームとして活動を開始した山岸ロジスターズ(島田市)が初の対外試合を行いました。苫小牧駒澤大相手に2対7で敗戦も、都市対抗出場を目指し、新たな一歩を踏み出しました。

03201_2
★3月20日 オープン戦 浜松球場 晴   

   チーム
山岸ロジスターズ 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
苫小牧駒澤大 1 0 0 1 0 2 0 3 × 7

(山)則本、佃、山崎、坂下-小田、天野

▽二塁打=吉田、砂田(山)

※成績は山岸のみ

03202 山岸ロジスターズの先発投手は則本佳樹。エース格として期待される右腕です。
 則本は初回に1点を失うも、2~4回はテンポよく投げて無失点。兄・昂大(楽天)ほどのスピードはありませんが、体全身を使ったフォームから伸びのあるストレートを投げていました。
 野手陣では、6番の西勇大が目立っていました。大阪桐蔭出身で、2012年に春夏連覇した際にベンチに入っていた選手です。03203セカンドの守備はバウンドの合わせ方がうまく、打っては4回に一時勝ち越しとなるタイムリーをセンター前に放ちました。勝負強さを持ち、ここ一番で頼りになるタイプでしょう。
 また、4番の吉田翼は2塁打1本を含む3安打をマーク。城西国際大時代は3年春にレギュラーで全国を経験した強打者です。結成したばかりで、まだまだスピードについていけない選手が多い中、吉田の対応力はさすがでした。
 今日は惜しくも2対7で敗れた山岸ロジスターズ。ここからどうチームが成長するのか見守っていきたいと思います。
 
 一方、相手の苫小牧駒澤大のベンチには懐かしい顔が。昨秋より、浜松商OBの山下晃永氏がチームの指揮をとっています。山下氏は1988年夏の甲子園ベスト8のメンバー。その後、駒澤大、たくぎんでも活躍しました。昨年は春4位、秋3位と低迷しただけに、今年は山下氏の手腕でチームを立て直して、ぜひ全国に出てきてもらいたいです。(編集部・栗山)

<写真/上から則本佳樹、西勇大(ともに山岸ロジスターズ)>

■山岸先発メンバー

1番 中堅 板倉
2番 右翼 大城
3番 一塁 石田
4番 DH 吉田
5番 三塁 藤後
6番 二塁 西
7番 左翼 森下
8番 捕手 小田
9番 遊撃 中澤

※山岸ロジスターズオフィシャルサイト(メンバー紹介など)
 →http://yamagishi-logisters.com/member.html

|

« 練習試合 掛川西vs早稲田摂陵 | トップページ | 春季中部地区大会1日目(3月22日)~焼津球場レポート »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65044302

この記事へのトラックバック一覧です: 山岸ロジスターズが船出!:

« 練習試合 掛川西vs早稲田摂陵 | トップページ | 春季中部地区大会1日目(3月22日)~焼津球場レポート »