« 春季東部地区大会1日目(3月23日)~愛鷹球場レポート | トップページ | 春季中部地区大会4日目(3月27、28日)~西ケ谷球場&島田球場レポート »

2017年3月25日 (土)

春季西部地区大会1日目(3月25日)~浜松球場レポート

 今日から西部地区大会も開幕! 浜松球場で3試合を見てきました。

 <浜松球場>
浜松修学舎 6 - 2 浜松東
浜松学院 2 - 1 浜松開誠館
浜松工 4 - 3 湖西(延長10回サヨナラ)

03251_2 第2試合の私学対決は、息詰まる投手戦となりました。
 浜松開誠館は背番号12の森川琢磨(新3年)がパワフルな投球を展開します。腕の振りはアーム系ですが、とにかく鋭く豪快。縦のスライダーも光っていました。
 一方の浜松学院の先発・加藤翔太(新2年)は対照的。左サイドの変則で100キロちょっとのストレートと変化球を駆使して、相手打線をかわしていきます。
 両チーム無得点で迎えた7回、浜松学院は無死満塁から2ランスクイズが成功し、先制点を挙げます。浜松開誠館も8回に1点を返しますが、反撃はそこまで。結局、最後まで力投した森川は被安打1で敗れました。

03252_2 第3試合は浜松工が延長10回、満塁から押し出し四球を選び、サヨナラ勝ちを飾りました。
 じつはこの日、最大の目当ては湖西の水野喬日(新2年生)。昨秋、1年生ながら140キロ前後をマークし、「湖西に凄いピッチャーがいる」と噂になっていた選手です。
 ただ、今日は右ヒジ痛の影響で「3番ファースト」で先発出場。それでも、7回のピンチの場面で、マウンドへ。おそらく、全力投球はできていなかったと思いますが、相手の左打者に対し、最後に力強いストレートを外角低めに投げ込み、三振にきってとりました。このボールが厳しめと言われる浜松球場のスピードガンで136キロをマーク。打者一人を抑え、再びファーストに戻りましたが、素材の良さは十分に確認できました!(編集部・栗山)

<写真上/2ランスクイズに泣くも1安打完投の森川琢磨(浜松開誠館)>
<写真下/打っても初回に先制タイムリーを放った水野喬日(湖西)>

|

« 春季東部地区大会1日目(3月23日)~愛鷹球場レポート | トップページ | 春季中部地区大会4日目(3月27、28日)~西ケ谷球場&島田球場レポート »

静岡県西部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65064772

この記事へのトラックバック一覧です: 春季西部地区大会1日目(3月25日)~浜松球場レポート:

« 春季東部地区大会1日目(3月23日)~愛鷹球場レポート | トップページ | 春季中部地区大会4日目(3月27、28日)~西ケ谷球場&島田球場レポート »