« 静岡を巣立つ球児たち2016~尾濵徹編・下 | トップページ | 天竜高出身・松下有希(岐阜聖徳学園大)が浜松合宿で好投! »

2017年3月12日 (日)

オープン戦 ヤマハvs青山学院大~常葉菊川コンビが静岡に凱旋!~

★3月11日 オープン戦 ヤマハ豊岡グランド 晴   

 チーム
青山学院大 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3
ヤマハ 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3

(青)河端、上野-山田
(ヤ)大野、上田、近藤-千葉

▽本塁打=西村(青)
▽二塁打=三浦(ヤ)

03121_2
 昨日は、ヤマハと青山学院大のオープン戦へ。
 青山学院大は常葉菊川出身の遠藤康平(新4年)が「3番ショート」、前川直哉が「9番ライト」で先発出場しました!
03122 遠藤は初回にヤマハ・大野雄介にバットを折られてショートフライに。その後の3打席も、レフトフライ、セカンドフライ、ライトフライと、残念ながら快音が聞かれず。試合後、本人は「少し力んで詰まってしまった」と悔しそうな表情を浮かべていました。それでも、守備では「さすが遠藤」というプレーも。合わせづらいバウンドの打球を軽くさばいて、6-4-3の併殺を完成。捕球から送球までの一連の動きが流れるようにスピーディーでした。
 1年春のリーグ戦で打率3割をマークして新人王を獲得するも、その後、打撃の状態を落とし、チームも2部に低迷。ようやく、3年秋のリーグ戦最終戦で1試合2本塁打を放ち、復調の兆しを見せました。
 「春の結果次第ですが、プロに行きたい」という遠藤。「守備はあ03123る程度、評価してもらっていると思うので、あとは打つ方です。3番を任されているので、打点にこだわっていきたいです」。まずは結果を出し続けることで、プロも見えてくると思います。
 また、前川も2打数無安打に終わりましたが、3回の出塁時に盗塁を決め、送球が逸れる間に一気に三塁へ。足の速さに加えて、常葉菊川仕込みの積極的な走塁でチャンスを作りました。大学入学後の2年間で体重が10キロほどアップ。打撃に力強さが加わり、「2月の沖縄キャンプではアピールできた」と自信を深めた様子でした。今春はレギュラーに定着して、1部昇格に貢献して欲しいです。

03124 一方のヤマハでは、大卒2年目の三浦拓馬が5打数4安打(二塁打1本)の大当たり。1年目に比べて、スイングが格段に速くなり、右方向への強い打球が増えています。投手陣では新人の近藤卓也(青山学院大出身)が後輩相手に2イニングを6人でピシャリと抑えました。独特のリズム感のあるフォームでストレートが伸びてきて、球速表示以上に速く見えるタイプ。制球面で崩れる不安もなく「この投手はすぐに使える」という印象を持ちました。先発・中継ぎと、1年目からフル回転で活躍して欲しいです!(編集部・栗山)

<写真/上から遠藤康平、前川直哉(ともに青山学院大)、近藤卓也(ヤマハ)>

|

« 静岡を巣立つ球児たち2016~尾濵徹編・下 | トップページ | 天竜高出身・松下有希(岐阜聖徳学園大)が浜松合宿で好投! »

社会人野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65006425

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤマハvs青山学院大~常葉菊川コンビが静岡に凱旋!~:

« 静岡を巣立つ球児たち2016~尾濵徹編・下 | トップページ | 天竜高出身・松下有希(岐阜聖徳学園大)が浜松合宿で好投! »