« 愛知大学リーグ2部で静岡出身選手をチェック! | トップページ | 春季県大会2回戦~愛鷹球場レポート »

2017年4月29日 (土)

春季県大会1回戦~浜松球場レポート

 今日から春季県大会が始まりました。浜松球場では、常葉大菊川、掛川西の西部勢がそれぞれコールド勝ちを決めました。

★第1試合 常葉大菊川11-0藤枝北(5回コールド)

04291 常葉大菊川は初回、一死満塁から5番・名古路凌の左中間を破るタイムリー三塁打で3点を先制。さらに、2回にも3点を加えると、4回にはまたも名古路のタイムリーなどで4点を挙げた。投げては先発の安井龍が4回、2番手の松本宰が1回を無失点に抑えた。

常葉大菊川・高橋利和監督
「名古路は地区大会からの好調を維持してくれています。全体的に夏までにもう少し、守備のスピードを上げて去年のレベルに近づきたいです」

<写真/4回無失点の安井龍(常葉大菊川)>

★第1試合 掛川西10-3静岡東(8回コールド)

04292 掛川西は2対1で迎えた5回に打線がつながった。二死から川合勇気がセンター前安打で出塁すると、松本拓己の二塁打、鈴木健仁の三塁打など5連打。一挙4点を奪って試合を優位に進めた。投げては先発・川合のストレートが回を追うごとに低めに決まり、6回を1失点に抑えた。一方、静岡東はエース・水野太郎が指の捻挫の影響で、本来のストレートのキレを欠いた。

掛川西・木村幸靖監督
「選手たちは『ここでやらなきゃ』という気持ちが強すぎて、序盤は空回りした部分があった。地区大会が終わってから、バッティングに時間を割いてきたので、それが5回の連打につながったと思います」

<写真/投げては6回1失点、打っては5打数4安打の川合勇気(掛川西)>

|

« 愛知大学リーグ2部で静岡出身選手をチェック! | トップページ | 春季県大会2回戦~愛鷹球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

安井君は無失点ては?

投稿: 中田 | 2017年4月30日 (日) 07時41分

申し訳ございませんでした。
訂正しました。

投稿: 「静岡高校野球」編集部 | 2017年5月 1日 (月) 00時15分

J

投稿: ABCD | 2017年5月 7日 (日) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65213249

この記事へのトラックバック一覧です: 春季県大会1回戦~浜松球場レポート:

« 愛知大学リーグ2部で静岡出身選手をチェック! | トップページ | 春季県大会2回戦~愛鷹球場レポート »