« 7月8日開幕! 夏の静岡大会展望①~藤枝明誠、島田商ブロック | トップページ | 練習試合 城南静岡vs富士市立 »

2017年6月28日 (水)

7月8日開幕! 夏の静岡大会展望②~掛川西、静岡高ブロック

06283_2 今日は、掛川西と静岡高のブロックの展望をお届けします。
 掛川西と静岡高がお互いに勝ち上がった場合、準々決勝で激突する組み合わせとなりました。2014年夏は決勝で静岡高が掛川西を下し、15年秋準々決勝では掛川西が静岡高にリベンジ。今年も伝統校同士の黄金カードが実現するのか。他校がシード校の牙城を崩すのか。見逃せないブロックです。

***************************************
【掛川西ブロック】

06281_2 シード・掛川西の隣のポケットに入ったのが浜松開誠館と下田。春の県初出場を果たした下田は長身右腕・露木省吾が大黒柱。露木が低めを丁寧につく本来の投球ができれば、浜松開誠館との試合は接戦になる可能性が高い。春の西部大会初戦敗退の浜松開誠館は、ここ数ケ月でどこまで戦力が上がっているのか楽しみ。
 開幕戦の常葉大橘と浜松日体も好カード。勝者が勢いに乗って勝ち進む可能性もある。そのほか、富士宮北の好左腕・神橋欣太郎と天竜の強打者・日高純平の対決も見物だ。

<写真/露木省吾(下田)>

***************************************
【静岡高ブロック】

06282_2 最大の焦点は聖隷クリストファーと浜名、どちらが静岡高と対戦することになるのか。聖隷クリストファーはエース・河合竜誠の調子がカギを握る。昨秋に比べて下半身が多くなり、スピードもアップ。進化した姿を期待したい。一方の浜名も、キレのいいストレートを投げ込む若松朋弥に安定感があり、捕手の神谷岳も強肩。両チームとも、バッテリーがしっかりとしているだけに、1点を争う緊迫した試合が予想される。
 市立沼津対伊豆中央は昨秋東部大会の再戦。昨秋は6対0で市立沼津が勝利したが、伊豆中央は一冬を越えて左腕の高橋諒が成長している。
 川島レオナルド斎藤ルーカス浩多のバッテリーが中心の星陵は、春の地区大会で1試合12三振を奪った左腕・鈴木啓太の榛原と対戦する。

<写真/神谷岳(浜名)>

|

« 7月8日開幕! 夏の静岡大会展望①~藤枝明誠、島田商ブロック | トップページ | 練習試合 城南静岡vs富士市立 »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65468818

この記事へのトラックバック一覧です: 7月8日開幕! 夏の静岡大会展望②~掛川西、静岡高ブロック:

« 7月8日開幕! 夏の静岡大会展望①~藤枝明誠、島田商ブロック | トップページ | 練習試合 城南静岡vs富士市立 »