« 【緊急対談】編集部・栗山×H 夏の静岡大会の見どころは? | トップページ | 夏の静岡大会2回戦(7月16日)~清水庵原球場レポート »

2017年7月15日 (土)

夏の静岡大会1回戦(7月15日)~島田球場レポート

 島田球場では三島南が前年準Vの袋井を撃破しました。

★7月15日 夏の静岡大会1回戦 島田球場 晴   

 チーム
袋井 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
三島南 0 0 1 0 0 1 0 2 × 4

(袋)久留島、戸塚-荒井
(三)鈴木穂、大庭-山下
▽二塁打=柴田2、長谷川(袋)小田、山下、荒川(三)

07151_2
07152 三島南は3回、2死三塁から1番・小田雅樹の左中間を破るタイムリー二塁打で1点を先制。6回には4番・大庭賢伸のタイムリーで1点を追加する。投げてはエース・鈴木穂嵩が高低をうまく使う投球で7回まで4安打無失点に抑える好投を見せた。ところが8回、右足のふくらはぎがつり、治療のためにベンチへ。マウンドに戻ったものの、最初の打者に二塁打を浴びて降板した。
 このアクシデントを救ったのが公式戦初登板の左腕・大庭。無死一二塁のピンチを迎えるも、三者連続でレフトフライに仕留めて得点を与えず。すると、その裏、芦川健太と大庭のタイムリーでリードを4点に広げた。
 袋井は9回、代打・長谷川隼斗のタイムリー二塁打などで一挙3点を返すも、反撃はそこまでだった。

三島南・稲木恵介監督
「力的には、明らかに袋井さんの方が上。勝てるとしたら、こういう展開しかないと考えていた。(鈴木)穂嵩は気持ちで投げてくれた。その思いを他の選手も感じてくれていたと思う。大会のダークホースになれるように戦っていきたい」

袋井・鈴木彰洋監督
「プレッシャーもあり、苦しい1年間だったが、キャプテンの鈴木寛太を中心に一生懸命に頑張ってくれた」

<写真/先制タイムリーを放った小田雅樹(三島南)>

|

« 【緊急対談】編集部・栗山×H 夏の静岡大会の見どころは? | トップページ | 夏の静岡大会2回戦(7月16日)~清水庵原球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65538069

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の静岡大会1回戦(7月15日)~島田球場レポート:

« 【緊急対談】編集部・栗山×H 夏の静岡大会の見どころは? | トップページ | 夏の静岡大会2回戦(7月16日)~清水庵原球場レポート »