« 都市対抗で新日鐵住金鹿島・大貫晋一が初登板! | トップページ | 夏の静岡大会4回戦(7月22日)~清水庵原球場レポート »

2017年7月20日 (木)

夏の静岡大会3回戦(7月20日)~磐田球場レポート

★7月20日 夏の静岡大会3回戦 磐田球場 晴   

 チーム
磐田東 0 0 0 0 2 0 1 1 0 0 4
浜松湖北 0 0 1 0 0 0 3 0 0 1 5

<延長10回サヨナラ>

(磐)永野、原田、今口、森口-後藤
(浜)戸田-大塚
▽二塁打=荒木、袴田、後藤(磐)匂坂、平山2(浜)
▽本塁打=後藤(磐)山田(浜)

07201_2 浜松湖北が第4シードの磐田東を撃破した。

 3回、浜松湖北は2番・山田楓のソロ本塁打で1点を先制する。しかし、磐田東は5回に4番・後藤颯太のセンターオーバーの二塁打などで逆転。7回には後藤のレフトスタンドへの本塁打でリードを2点に広げる。
 それでも、創部3年目で初の2勝を挙げて勢いに乗る浜松湖北はその裏に反撃。1点を返したあと、なおも2死一三塁のチャンスで3番・平山純が左中間を破るタイムリー。この回、一挙に3点を奪った。
 その後、磐田東が1点を挙げて、試合は延長戦に突入する。
 迎えた10回裏、浜松湖北は平山の二塁打から2死三塁とすると、5番・佐藤颯人の3球目に相手投手が暴投。三塁走者の平山が生還し、浜松湖北がサヨナラ勝ちを飾った。

07202_3 この試合、好守で活躍を見せたのが平山。打っては二塁打2本を含む3安打、ショートの守備では三遊間や二遊間の打球を好捕して、打者走者をアウトにした。 
 また、エースの戸田覚士は148球を投げ抜き完投勝利。「今までの3試合の中でベストのピッチングだった」と、2回戦よりも低めへの力強いボールが増え、強打の磐田東打線を封じた。

<写真上/好守で大活躍を見せた平山純(浜松湖北)>
<写真下/尻上がりに状態を上げた戸田覚士(浜松湖北)>

浜松湖北・田川智博監督
「思うような試合運びができた。延長10回の場面は、ここで決めないと厳しいと思っていた。戸田は我慢して本当によく投げてくれた。この大会、チームの目標は『シード校を倒してのベスト8進出』。もう一つ勝って、その目標を達成したい」

|

« 都市対抗で新日鐵住金鹿島・大貫晋一が初登板! | トップページ | 夏の静岡大会4回戦(7月22日)~清水庵原球場レポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65558753

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の静岡大会3回戦(7月20日)~磐田球場レポート:

« 都市対抗で新日鐵住金鹿島・大貫晋一が初登板! | トップページ | 夏の静岡大会4回戦(7月22日)~清水庵原球場レポート »