« 夏の静岡大会3回戦(7月20日)~磐田球場レポート | トップページ | 夏の静岡大会準々決勝(7月23日)~愛鷹球場レポート »

2017年7月22日 (土)

夏の静岡大会4回戦(7月22日)~清水庵原球場レポート

★7月22日 夏の静岡大会4回戦 清水庵原球場 晴   

   チーム
東海大静岡翔洋 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3
常葉大菊川 0 0 1 1 0 2 0 2 × 6

(東)飯澤-貞岡
(常)漢人-根来
▽二塁打=奈良間、山本(常)
▽三塁打=眞城(東)

07221

07222 常葉大菊川が第1シードの東海大静岡翔洋を下した。
 3回、1番・奈良間大己の二塁打からチャンスを作り、3番・藤原駿のライト前タイムリーで1点を先制。さらに、4回にも1点を挙げると、6回には2死二三塁から奈良間がしぶとくライト前にもっていき、2点を追加した。
 一方の東海大静岡翔洋は8回に7番・貞岡千秋のタイムリーなどで2点を返すも、その裏、常葉大菊川は9番・山本直輝と2番・伊藤優希のタイムリーでダメを押した。
 常葉大菊川のエース・漢人友也は4回以外、毎回走者を許しながらも粘りの投球。低めに伸びるストレートと縦のスライダーが冴え渡った。また、要所で二遊間を中心にバックが攻守を見せ、漢人を盛り立てた。

<写真/高橋監督が「ラッキーボーイになってくれた」という山本直輝(常葉大菊川)。8回に左中間を破るタイムリーを放つ>
  
常葉大菊川・高橋利和監督
「チームが一丸となり、菊川らしい野球ができた。今日の漢人は力任せではなく、コントロールが良かった。根来も上手にリードしてくれたと思う。(試合展開的には)先制できたことが大きかった。これで勢いに乗っていきたい」

東海大静岡翔洋・奥村光一外野手(2安打3盗塁の活躍)
「新チームになってから苦しいこともあったけど、この仲間がいたから乗り越えることができました」

|

« 夏の静岡大会3回戦(7月20日)~磐田球場レポート | トップページ | 夏の静岡大会準々決勝(7月23日)~愛鷹球場レポート »

静岡県の高校野球」カテゴリの記事

コメント

その写真は伊藤優希くんなのですか、、、。

投稿: | 2017年7月22日 (土) 18時31分

すみません。さっきのコメントの訂正でその写真は伊藤優希くんです。

投稿: | 2017年7月22日 (土) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65566889

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の静岡大会4回戦(7月22日)~清水庵原球場レポート:

« 夏の静岡大会3回戦(7月20日)~磐田球場レポート | トップページ | 夏の静岡大会準々決勝(7月23日)~愛鷹球場レポート »