« 秋季中部地区大会1日目(8月12日)~焼津球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会3日目(8月14日)~浜岡球場レポート »

2017年8月13日 (日)

秋季東部地区大会2日目(8月13日)~愛鷹球場レポート

<愛鷹球場・勝ち抜き2回戦>
沼津商 11 - 0 誠恵(6回コールド)
沼津東 10 - 0 熱海(5回コールド)

※第3試合の富士宮東対飛龍は2回終了後(0対0)、雨のため中断。そのまま中止となり、明日に順延となりました。

08131 第1試合は沼津商の棹山廉(2年)が好投を見せました。体と腕を少し落とし、低い角度からそのまま低めにストレートを投げ込みます。テークバックで体の捻りを加えるので、打者はタイミングが取りづらいそう。球速は110キロ台でも、差し込んでいました。「秋は左が有利」とよく言われますが、同じ左でも棹山のようなタイプは少ないので、勝ち上がる可能性を秘めていると思います。
 野手では「3番セカンド」の島松琉人(2年)が気になりました。シートノックから打球への寄りが速く、足を使って捕球ができる選手。打ってはスイングに無駄がなく、チョコンと内野と外野の間に落とせるセンスを持っていました。ほかにも、沼津商は力強いスイングのトップバッター・河野晋侍(2年)、守備範囲の広い小澤海都(2年)など、楽しみな選手が多くいました。

 また、第3試合は2回終了後に雨のためノーゲームとなりましたが、富士宮東の先発・冨田陸駆(2年)は珍しい本格的なアンダースローでビックリ。もう一度、どこかでチェックに行きたいです!(編集部・栗山)

<写真/ストレートと変化球のコンビネーションがいい棹山廉(沼津商)>

|

« 秋季中部地区大会1日目(8月12日)~焼津球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会3日目(8月14日)~浜岡球場レポート »

静岡県東部地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65660111

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季東部地区大会2日目(8月13日)~愛鷹球場レポート:

« 秋季中部地区大会1日目(8月12日)~焼津球場レポート | トップページ | 秋季西部地区大会3日目(8月14日)~浜岡球場レポート »