« 秋季西部地区大会3日目(8月14日)~浜岡球場レポート | トップページ | 秋季中部地区大会4日目(8月16日)~清水庵原球場&焼津球場レポート »

2017年8月15日 (火)

秋季中部地区大会3日目(8月15日)~清水庵原球場レポート

<清水庵原球場・敗者復活1回戦>
静岡大成 9 - 2 静岡北(7回コールド)
静岡学園 6 - 2 榛原

 今日は中部地区の敗者復活戦へ。雨が降ったり止んだりの悪天候でしたが、2試合が行われました。
08151 第2試合は榛原と静岡学園が対戦。静岡学園は1年生右腕・渡邊寛大の好投が光りました。初回に1点を許すも、2回以降はランナーを出しながらも粘りの投球。2失点完投で、チームの勝利に貢献しました。
 安田龍一監督によると、静岡蒲原シニア時代は控え選手でピッチャー経験は全くなかったそうです。今夏のエース・片山源太(3年)と同様、安田監督がピッチャーとしての資質を感じ、高校入学後にコンバート。約半年間で「静学」のエースとなりました。腕が体にからみつきながらリリースされるフォームの柔軟性と縦の変化球が魅力的。一冬、二冬を越した時に、どんな投手に変身してくれるのか、今後も追っていきたいです。
081502 攻撃面では初回、1死満塁からの小柳岳瑠(2年)のタイムリーが大きかったです。レフトの頭上を越すライナー性の二塁打。打席での構えだけで長距離砲の匂いがする右のハードパンチャーです。また、「3番サード」の小野諒太(2年)が4打数4安打(三塁打1本)の大活躍。バットに当てればヒットになるというくらい、とにかく好調。チャンスの場面で積極的に初球を狙っていく姿勢も良かったです。
 一方、榛原では「3番キャッチャー」の小澤裕介(2年)のシャープなスイングが光っていました。(編集部・栗山)

<写真上/2失点完投の渡邊寛大(静岡学園)>
<写真下/タイムリー二塁打を放って喜ぶ小柳岳瑠(静岡学園)>

 

|

« 秋季西部地区大会3日目(8月14日)~浜岡球場レポート | トップページ | 秋季中部地区大会4日目(8月16日)~清水庵原球場&焼津球場レポート »

静岡県中部地区」カテゴリの記事

コメント

写真下は鈴木君でなく、小柳君の間違いでは?

投稿: | 2017年8月16日 (水) 05時13分

ご指摘、ありがとうございました。
小柳選手の間違いでした。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: 「静岡高校野球」編集部 | 2017年8月17日 (木) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534314/65668254

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季中部地区大会3日目(8月15日)~清水庵原球場レポート:

« 秋季西部地区大会3日目(8月14日)~浜岡球場レポート | トップページ | 秋季中部地区大会4日目(8月16日)~清水庵原球場&焼津球場レポート »